個人情報一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

Pマーク付与事業者が必ず行うべき特定個人情報の取扱い対応の7つ!

2018年8月の審査より旧規格「JISQ15001 2006」から新規格「JISQ15001 2017」へ。旧規格のときは、事業者が特定個人情報の取扱いを全面的に税理士などに任せて取り扱っていない場合も、新規格では取り扱っていることになります。プライバシーマーク付与事業者が特定個人情報の取扱いの対応について報告!

Pマークの理解!個人情報のライフサイクルとリスクとは?図面解説!

いざ、プライバシーマークの取得しようとすると、わかっていたつもりの個人情報を明確に区別できないものです。次に個人情報の洗い出しに業務フローを使って業務の流れに沿ってやると聞いても・・? またライフサイクルの局面ごとにリスク分析といっても、その局面がもう一つ・・・?最初はわかりづらいことを図面にしてみました。

個人情報取扱事業者は個人データの管理をどうしたら良い?4つの義務

個人情報取扱事業者(小さな会社や店)では、実際に個人データの管理はどのようにしたら良いかとの質問がよくあります。個人情報保護法での情報管理は4つの義務があります。安全管理のために必要かつ適切な措置(20条)、従業員(21条)及び、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督(22条)、データの内容の正確性の確保等(19条)

改正個人情報保護法で個人情報取扱事業者の義務をわかりやすく説明!

個人情報保護法の改正適用後、小さな会社やお店は個人情報取扱事業者になり、この保護法に適切に対応する必要があります。個人情報を扱う際の規制と義務を定めた法律で、5つの義務があります。つまり個人情報を扱う際には「取得をするとき」、「利用をするとき」、「情報管理」、「第三者提供」に規制があり、「公表・開示」の義務があること!

Pマーク取得費用の事業者規模の区別や業種分類は?従業員の範囲は?

取引上、プライバシーマーク取得の必要が出てくる業種があり、最近は50名以下の会社でPマークを取得されることが増えています。Pマークの取得の費用は、業種別、事業者規模別(資本金や従業員数)で変わり、わかりにくいです。特に従業員、具体的には雇用関係にある者、取締役、執行役、理事、監査役、受入派遣社員等!まとめてみました。

改正個人情報保護法の個人情報・個人情報データベース・個人データ?

個人情報保護法が改正され、平成29年より施行されましたが、「個人情報」、「個人情報データベース」、「個人データ」、「保有個人データ」、「要配慮個人情報」、「個人情報取扱事業者」と、具体的なことに掘り下げるとわからなくなります。今回、それぞれを簡易にまとめて、わかりやすく説明し、具体例などを盛り込みました。