個人情報保護法一覧

スポンサーリンク

個人情報取扱事業者は個人データの管理をどうしたら良い?4つの義務

個人情報取扱事業者(小さな会社や店)では、実際に個人データの管理はどのようにしたら良いかとの質問がよくあります。個人情報保護法での情報管理は4つの義務があります。安全管理のために必要かつ適切な措置(20条)、従業員(21条)及び、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督(22条)、データの内容の正確性の確保等(19条)

改正個人情報保護法で個人情報取扱事業者の義務をわかりやすく説明!

個人情報保護法の改正適用後、小さな会社やお店は個人情報取扱事業者になり、この保護法に適切に対応する必要があります。個人情報を扱う際の規制と義務を定めた法律で、5つの義務があります。つまり個人情報を扱う際には「取得をするとき」、「利用をするとき」、「情報管理」、「第三者提供」に規制があり、「公表・開示」の義務があること!

改正個人情報保護法の個人情報・個人情報データベース・個人データ?

個人情報保護法が改正され、平成29年より施行されましたが、「個人情報」、「個人情報データベース」、「個人データ」、「保有個人データ」、「要配慮個人情報」、「個人情報取扱事業者」と、具体的なことに掘り下げるとわからなくなります。今回、それぞれを簡易にまとめて、わかりやすく説明し、具体例などを盛り込みました。