ココイロ一覧

スポンサーリンク

ココイロ紹介のつかみ寿司「ゑんどう寿司」京橋店メニューとクチコミ

ココイロで紹介された中央卸売市場のつかみ寿司「ゑんどう寿司」は大人気!そのゑんどう寿司の本店は朝5時~14時、土曜日のお昼は2時間待ち。予約はできるが、あくまでも行列の順番の優先のみ。では、「ゑんどう寿司」の京橋店ではどうか?京橋店は11時~22時営業しランチや夜の食事(お酒類)も対応してる店です。5月12日に現地に行き、「ゑんどう寿司」京橋店のメニューや混み具合、クチコミを調査しました。上まぜ1,242円、お昼のすし弁当(吸物付)1,296円、上寿司弁当(吸物付)2,592円、松花堂(吸物付)3,780円、赤だし324円・・・

ココイロで紹介!地産地消のヴィラ・アイーダのメニューと口コミ調査

ココイロ紹介の和歌山県岩出市の地産地消コンセプトレストラン「ヴィラ・アイーダ」!和歌山には山も海もあり、野菜や果実、肉・魚もあります。 ヴィラ・アイーダの小林寛司夫妻は「地域活性化の為に、それぞれの生産者が交流をもち、同じ方向を向いて発信する。そして、都会では真似のできないことを考えていく。」という想いが。ここでしか味わえない料理を作る為に、横の畑で年間100種類以上の作物を育て、その日に採った野菜やハーブを使っているので香りは格別。ヴィラ・アイーダではイタリアンを超えた独創的な料理でゲストをもてなし、宿泊施設とセレクトショップを併設しています。ここのメニューや店の情報、地産地消の取組み、最終的なお客様のクチコミ評価を調査しました。

ココイロ紹介の天満市場と中国食府双龍居!そのメニューと口コミ評価

ココイロで今回は青果店中心の天満市場!天満市場で毎朝仕入れている中国食府双龍居(そうりゅうきょ)が紹介されました。双龍居のオーナーは毎朝その日に使う良い食材を選び、天満市場が冷蔵庫代わり。今の旬は空心菜!にんにく唐辛子で炒めた炒空心菜がおススメ!その双龍居のランチメニュー、クチコミ評価、場所について調査しました。

ココイロ紹介のつかみ寿司「ゑんどう寿司」のメニューとクチコミ評価

ココイロで紹介!中央市場のつかみ寿司のゑんどう寿司!つかみ寿司はやや甘い温かいごはんで、それが口の中でこぼれるようなにぎりこまない独特の寿司です。明治40年この独特のつかみ寿司を考案し始まり、現在4代目で、海外からも多くのお客様!その「ゑんどう寿司」のメニュー(注文の仕方や寿司写真)、クチコミ評価、場所について調査!

ココイロ放映!京都伏見区の酒饅頭「富英堂」商品情報と口コミ調査!

ココイロで放映「京都伏見~地酒の香りがほんのりと老舗の酒まんじゅう~」の富英堂(とみえいどう)は明治28年の老舗京菓子屋。酒まんじゅうが名物になったのは四代目の富樫一貴さんが立役者!酒まんじゅうは3つの酒蔵から集まる酒粕と伏見銘水に酒の香りとマッチする特製あんこ使用!この店の営業場所の情報、商品情報及びクチコミを調査!

ココイロ放映!京都伏見区パッチワークキルト「町家キルト工房」調査

ココイロで放映「京都市・伏見区~一針に思いこめて描く街の風景 パッチワークキルト~」伏見街道沿い町家で育った林サヨコさんの幼い頃からの手芸の技で古い建物を緻密な手縫いで表現する「町家キルト」独学で創作!林サヨコの経歴や、キルトの色々な布の色や模様、光沢や感触を活かして立体的に仕上げた作品と町家キルト工房の紹介をします。

ココイロ放映!明日香村の2つの「さんぽ」硝子工房と自家焙煎珈琲店

ココイロで放映!築85年の民家を利用し、珈琲「さんぽ」と硝子工房「さんぽ」があります。硝子工房「さんぽ」には使いやすいシンプルな宙吹きのグラスやガラス雪だるま。また吹きグラス体験も!自家焙煎珈琲店「さんぽ」では古家の雰囲気、ランチには海南鶏飯または鶏のカレーライスが人気!クチコミ評価や営業関係、場所について調べました。

ココイロ紹介の飛鳥寺の門前手打ちそば「山帰来」のメニューと口コミ

ココイロで紹介されたのは、飛鳥寺の門前で営む手打ちそば「山帰来」。そこの蕎麦は十割蕎麦とは思えない細さで、喉ごしの良さや麺のコシ!手打ちそば「山帰来」のメニュー:ミニ昼膳(ランチ)1,650円や五食限定の「天ざる(海老・野菜の天婦羅)」、「桜海老のかき揚げ・ざる」各1,500円!口コミ評価、場所について調査しました。