ええトコ紹介!若狭ぐじの取り寄せ方法や値段?若狭ぐじの食べ方は?

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

今回は「若狭ぐじ」!

若狭ぐじはアマダイの1種ですが、タイ科とは別のアマダイ科に属していて、若狭湾で漁獲されるアマダイは、ほとんどが「アカアマダイ」だそうです。

若狭ぐじは、舌の上にふわりと広がる上品な甘さ、その気品漂う姿は今なお京料理には欠かせない高級食材となっています。

スポンサーリンク



若狭ぐじのお取り寄せや値段

荒海倶楽部(福井県漁業協同組合連合会運営)

福井県漁業協同組合連合会が運営する通販サイト

荒海倶楽部の通販はコチラ

通販内容を幾つかここに引用しますと、

若狭ぐじ 一汐一夜干 《送料込》 6,000円(税込)

eetoko-wakasaguji-fukui-otoriyose-nedan

内容量:約500g×1尾 原産地:福井県
取扱期間:通年 温度帯:クール冷蔵 賞味期限:4日

若狭ぐじ 味噌漬 《送料込》¥6,000円(税込)

eetoko-wakasaguji-fukui-otoriyose-nedan

内容量:約500g×1尾 原産地:福井県
取扱期間:通年 温度帯:クール冷蔵 賞味期限:6日

若狭ぐじ 粕漬 《送料込》 6,000円(税込)

eetoko-wakasaguji-fukui-otoriyose-nedan

内容量:約500g×1尾 原産地:福井県
取扱期間:通年 温度帯:クール冷蔵 賞味期限:7日

田村長(若狭小浜)の通販サイト

田村長の通販サイトはコチラ

田村長の商品(若狭ぐじ 以外ですけど)は「秘密のケンミンSHOW」や「おさんぽジャパン」、「ニッポンのミカタ」の他新聞雑誌などの目でメディアにて掲載!

若狭ぐじの食べ方(三種三様の美味しさ)

上の通販にもありますが、一汐一夜干味噌漬粕漬の三種類は若狭小浜の職人の逸品!

一汐一夜干の鱗を付けたままじっくり焼き上げたものが若狭焼といい、京料理では若狭焼きの善し悪しが、板前の腕前の目安とされるほど、伝統のある料理方法です。

まとめ

とりあえず、福井県漁業協同組合連合会が運営する通販サイトだけの紹介になりましたが、今後追記していきます。

この若狭ぐじは水分が多くて身肉が柔らかいので、刺し身では向かないようです。

しかし淡白な中にも味わいのある大変おいしい魚で生食には身をおろしてから昆布締めにすると、水分も取れ、旨みが引き立ち、おいしく召し上がれます。

背開きにして一汐したものを、鱗をつけたままさっと焼いた「若狭焼き」は、ぐじの典型的な食べ方で味は絶品です。

その汐で身を締めたものは、揚げ物・酒蒸し・椀種にと、色々と使えてます。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする