藤田文武(日本維新大阪)経歴や学歴は?実績と公約は!評判も!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

自民党の北川知克(元環境副大臣)の死去に伴う、4月21日投票衆院大阪12区補欠選挙が注目されています。

日本維新の会からは、藤田文武(ふじたふみたけ)が立候補します!

今回の12区補欠選挙は、無所属の樽床伸二元衆院議員、自民党公認は北川知克のおいの北川晋平(31)、共産党の元衆院議員で無所属の宮本岳志氏(59)を擁立!

ただ自民党公認の北川晋平政治経験がありませんし、樽床は駅前演説をよくしていますが、あの民主党時代(福島原発時の国会対策委員長や幹事長代理など)の面影があるので、もう一つ人気がありません。

大阪府知事選、大阪市長選のクロス選挙の投開票が4月7日夜行われ、どちらも大阪維新の会が自民党の推す候補に圧勝しました。

また3月末の大阪12区の世論調査の速報では、
北川晋平  30.3
藤田文武  29.8
樽床伸二  22.0 

以下は2017年の選挙時の写真です。

fujita-fumitake-nihon-ishinnokai-osaka-12ku-senkyo

画像元:https://www.facebook.com/hashtag/新しい時代を切り開く政治を?source=feed_text&story_id=862512833922079より

藤田文武さんについては、知らないので学歴などのプロフィール、経歴。また活動の実績と選挙公約について調査しました。またわかる範囲内で評判も付け加えます。

スポンサーリンク



安倍首相寝屋川市駅にて応援演説 帰れコール

速報追記2019.4.18

公明党の山口代表は、当初大阪府寝屋川市での応援演説で「首相とマイクを握る」と話していたとのことですが、

「後半戦の代表の日程が組まれているので、なかなか厳しい」という理由で大阪入りをしないことに!(安倍首相は20日に大阪入りし応援演説をするようです。)

公明党の大阪の衆議院議員は、4人:佐藤茂樹(3区) 、國重徹(5区) 、伊佐進一(6区) 、北側一雄(16区) いるので、大阪維新に潰されないように、水面下で話をすすめているかも?

速報追記4月20日

自民公認候補の北川晋平氏と日本維新の会の藤田文武氏がデッドヒートを繰り広げる中、安倍晋三首相が20日、大阪12区に入り。1つの選挙区では異例の3か所で応援演説した。
同午後2時すぎ、安倍首相が最後の演説のため、京阪電車寝屋川市駅ロータリーにやってきた。
そこに待ち構えていたのは、詐欺罪などの容疑で大阪地裁で公判中の、森友学園元理事長、籠池泰典と妻の諄子両被告だ。
演説がはじまる前から、2人を自民党の関係者が立ちはだかるように取り囲み不穏な空気が流れる。
「あんた方、それでは演説がみれないよ。よけたらどう」
籠池被告はこう猛抗議した。
そんな中、安倍首相の演説がはじまると、諄子被告が大声で「ウソつき!」「なにを調子いいことばかり言ってるの」と声を張り上げた。
すると、自民党を応援するグループが籠池夫妻を取り囲み、安倍首相の視線から2人が見えないようにプラカードを掲げる。
「こうやって守ってもらわないと演説できないのか。聞いていても、演説は下手やね。数字ばかり並べて自分の手柄と自慢するばかりや」
籠池被告は手厳しく、安倍首相をこう批判した。すると、周囲からは籠池被告の声に呼応するように「安倍帰れ、安倍帰れ」と大きなコールが上がった

引用:週刊朝日オンライン限定記事より

藤田文武のプロフィール

生年月日:1978年12月27日(40歳 2019年3月現在)

出身:大阪府寝屋川市

高校:四条畷高校

大学:筑波大学 体育専門学

家族:奥さんと子供(1歳ぐらい)

スポーツ:ラグビー(高校・大学)

藤田文武の経歴

2004年大阪府内の高校にて保健体育講師

2005年海外へ渡航(スポーツマネジメント勉学)

2006年スポーツマネジメント関連ベンチャー企業

2010年株式会社KTAI設立 代表取締役(地域密着型事業として、スポーツジム・鍼灸整骨院・介護施設・療育施設・地域振興事業など展開中)

所属団体

一般社団法人 政経倶楽部連合会/大久保秀夫王道経営塾 第3期生/筑波大学ラグビー部OB会 副幹事長/一般社団法人 公益資本主義推進協議会(PICC)/大阪茗渓会 幹事(筑波大学OB会の大阪支部)/大阪府立四條畷高校ラグビー部OB会 指導委員

藤田文武の政治活動(実績)

・2012年維新政治塾1期生として参加

・2013年林英臣政経塾第八期生として参加

・2017年4月に事務所開き

・タウンミーティング(寝屋川市内の自治会館や公民館にて)

各所で行い好評とのことです。

fujita-fumitake-nihon-ishinnokai-osaka-12ku-senkyo

画像元:https://fumitakefujita.com/activity/465より

時には80名を超え、熱気の会場になることも

fujita-fumitake-nihon-ishinnokai-osaka-12ku-senkyo

画像元:https://fumitakefujita.com/activity/766より

藤田文武(衆院大阪12区補欠選挙立候補)の公約

おおさか維新の会 マニュフェスト

  1. 副都心 大阪の確立 ~多極分散型の国家~
  2. 大阪の経済成長戦略 ~府市一体となった成長戦略~
  3. 国際エンターテインメント都市〝OSAKA”の実現 ~2020年には外国人訪問客数を650万人を目指す~
  4. 防災強化 ~大阪全体で防災力を強化~
  5. 二重行政の根絶 ~大阪消防庁の設立や公的病院の一体経営~
  6. 上記5つのマニュフェストを実現するための統治機構改革 ~府庁と市役所を統合・再編した大阪都庁を~
  7. 現役世代活性化政策 ~高齢世代を支える現役世代の活性化
  8. 教育のさらなる強化 ~これまでの実績の上にさらなる強化策を展開~
  9. 市町村への権限委譲 ~基礎自治体で行うべき事務を市町村に移管~
  10. 治安のさらなる向上 ~犯罪対策や防犯、警備の強化~
  11. 福祉医療の充実 ~健康・医療・福祉施策全般の再構築~
  12. 市民サービスの充実(大阪市) ~財源を生み出し市民サービスを向上させる~
  13. 改革の継続(大阪市) ~公務員・財政経営形態の改革~

以上が日本維新の会のマニュフェストですので、今回の選挙の公約となります。

藤田文武氏の掲げる基本政策は以下のようになっています。

地元に対する取り組み以外の大まかなところはマニュフェストとほぼ重なっています。

藤田文武の基本政策

  1. 統治機構改革(地方分権型国家など)
  2. 財政、行政、政治改革(身を切る改革など)
  3. 教育改革(脅威育の無償化など)
  4. 社会保障制度改革(持続可能な社会保障制度など)
  5. 経済政策、雇用政策、税制(公平かつシンプルな税制、規制緩和・権限移譲など)
  6. 外交、安全保障(日本の主権を守る防衛力、平和貢献する外交政策など)
  7. 憲法改正(自主憲法の制定や地方自治の92条改正など)
  8. 大阪の発展(地方創生を牽引する強い大阪、大規模地震など防災対策の強化など)

衆議院議員補欠選挙 大阪府第12区 公開討論会 4月6日

fujita-fumitake-nihon-ishinnokai-osaka-12ku-senkyo

まとめ

株式会社KTAIの代表取締役の立場として、今年は「大久保秀夫王道経営塾 第3期生」に参加されていますが、議員と同時に進行できるのかなと思いました。

会社の事業の方は、他の方と共同?ですすめておられるようなので、実際に選挙に勝ち抜ければ、議員としての活動に精力的に活躍して頂けると願います。

スポーツマンであること、これまでの経歴をみますと、努力家で勉強熱心な方ですので、議員報酬に満足しないで、是非頑張っていただきたいと思いました。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする