今ちゃんの実は!京都河原町の餃子ごずこん!祇をん餃子 !口コミ

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

今ちゃんの実は・・・の番組で、祇園にある、旬の料理とワインの店祇園ごずこん」の餃子が紹介されました。その店はやしきたかじんの行きつけの店で、やしきたかじんの為だけに作った餃子だったそうです。

その餃子は店の名物となり、花街の芸舞妓さんにも人気があることから、錦市場近くに餃子専門店餃子ごずこん」を2017年9月にオープンさせています。

やしきたかじんが愛した餃子(祇をん餃子は餃子専門店「餃子ごずこん」で食べることができます。

gyouza-gozukon-kawaramachi-kuchikomi-giongyouza-imachan-kyoto

画像元:食べログより

ワインに合う、祇をん餃子は、肉感豊かな蔵王豚と、吉野葛でとろみをつけた豚骨スープが包まれている小籠包風

ひと口噛むと熱々のスープと肉の旨味が口の中にジュワッと広がり、ワインとの相性も抜群

餃子専門店 餃子ごずこんの口コミ情報と営業アクセスを報告します

gyouza-gozukon-kawaramachi-kuchikomi-giongyouza-imachan-kyoto

画像元:食べログより

スポンサーリンク



餃子ごずこん たかじんが愛した祇をん餃子 クチコミ評価

以下、食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

食べログ

★5つ評価:3.24(15件)(料理・味:3.44、サービス:3.23、雰囲気:3.37、コストパフォーマンス:3.27、酒・ドリンク:3.10)

口コミ:2018年7月 男性

評価:3.2(料理・味:3.3、サービス:3.0、雰囲気:3.0、コストパフォーマンス:2.5、酒・ドリンク:-)

多彩な餃子と一品があります!
休日の昼下がりにランチへ伺いました。
店内はカウンターのみです。
海外からの観光客がいっぱい。

注文は以下
餃子カツ定食 1300円
餃子カツ、肉すい、蒸し鶏、みそと野菜、ご飯
プラス100円で玉子かけご飯

gyouza-gozukon-kawaramachi-kuchikomi-giongyouza-imachan-kyoto
祇をん餃子 500円 7つ

餃子は二種類あり、名物の祇をん餃子を選択。

gyouza-gozukon-kawaramachi-kuchikomi-giongyouza-imachan-kyoto

ほどなくしてやってきました。
餃子カツは餃子の中身をミンチカツ風にフライ。小ぶりです。

gyouza-gozukon-kawaramachi-kuchikomi-giongyouza-imachan-kyoto
蒸し鶏のネギダレが美味しい。
肉吸いは味が濃いめです。

祇をん餃子は小さめながら肉汁がジューシィー。

後から入って来られたお客さんも海外からの観光客。
海外旅行客向けのwebサイトにでも掲載されているのだろうか。ふしぎ

この辺りでは高めの設定の定食&餃子だと思いました。
お味は濃いめ。お酒とちょい食べにはいいかも知れません。
ランチでお酒を飲まず、がっつりという場合には物足りなさとお値段が高めという印象です。

gyouza-gozukon-kawaramachi-kuchikomi-giongyouza-imachan-kyoto

ご馳走さまでした。

京都河原町の餃子ごずこん 営業・アクセス

住所: 京都府京都市中京区梅屋町500-1

電話:050-5597-1495 

予約可否:予約可

営業時間:11:30~22:00

定休日:水曜日

アクセス:阪急「河原町駅」より徒歩8分、麩屋町錦上る
河原町駅から323m

まとめ

番組では、旬の料理とワインの店「祇園ごずこん」を紹介しましたが、やしきたかじんが愛した餃子(祇をん餃子)以外の餃子もある餃子専門店「餃子ごずこん」を取り上げました。

「ごずこん」とは、〝胡麻、大豆、昆布の頭文字で、漢字で書くと胡豆昆。これらの素材で作っているという意味らしい。”(口コミ情報より)

また昼の餃子は鶏がらスープを練りこんだ、錦餃子のみで、夜は豚骨スープと秘伝のたれを使った、祇園餃子になっているそうです。

今ちゃんの!京都岡崎のチャイナキッチン 餃子王の水餃子!口コミ!

今ちゃんの!京都祇園のぎょうざ歩兵!生姜餃子と味噌だれ!口コミ!

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする