味噌だれの神戸ポークプレミアムの餃子専門店イチロー!口コミ情報!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

三宮の餃子専門店イチローの秘伝味噌だれの餃子が人気!

餃子専門店イチローでは、伝統の神戸味噌だれ餃子に、神戸ポークプレミアムを100%使用した「神戸ポークプレミアム餃子」

gyouza-ichiro-misodare-sannomiya-kokoiro-kuchikomi

画像元:餃子専門店イチローHP より

餃子専門店イチローのメニュー、口コミ情報、営業アクセスを報告します。

gyouza-ichiro-misodare-sannomiya-kokoiro-kuchikomi

画像元:食べログより

スポンサーリンク



餃子専門店イチローのクチコミ評価

食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

食べログ

★5つ評価:3.13(90件)(料理・味:3.15、サービス:3.06、雰囲気:3.29、コストパフォーマンス:3.10、酒・ドリンク:3.12)

口コミ:2017年8月 男性

評価:3.5(料理・味:3.5、サービス:3.0、雰囲気:3.0、コストパフォーマンス:3.5、酒・ドリンク:3.0)

ギョーザ専門店イチロー の焼餃子

gyouza-ichiro-misodare-sannomiya-kokoiro-kuchikomi

神戸三宮の地下街が東西に広がっていて、地下を歩いていると、センタープラザか、さんプラザかよくわからなくなってくるワタクシです。

さんプラザの一番北側の通路にイチローという餃子屋さんがあります。

通路がシケインになった角のところにあるカウンターだけの小さなお店です。

カウンターの隅の席が空いていましたので入りましょう。

ドリンクはチューハイ\350を頼みます。焼餃子を二人前頼みます。\280×2でございます。

gyouza-ichiro-misodare-sannomiya-kokoiro-kuchikomi

神戸の焼餃子は、醤油と酢のタレじゃなくて、味噌ダレをつけていただく店が多いのです。

gyouza-ichiro-misodare-sannomiya-kokoiro-kuchikomi
このお店も味噌ダレがカウンターにありましたので、小皿に味噌ダレとラー油をとって餃子が焼き上がるのを待っていましたら、大将が醤油と酢も入れるように指示を出してきます。

味噌だけじゃなくて醤油や酢も入れて味をブレンドするのが、神戸の焼餃子のタレを作るときの作法のようです。

焼餃子がやってきました。

一人前7つです。

餃子を分離させてタレにつけようとしますと、皮が薄いので破れてしまいます。中の餡を見てみますと、ほとんどが野菜で肉は1割ぐらいしか入っていないヘルシー志向でございます。
ワタクシ、ヘルシーじゃない方が好きだなぁ。

 肉が少ないので、とてもあっさりとした餃子に仕上がっています。

910円なり。

餃子専門店イチローの営業・場所アクセス

場所:兵庫県神戸市中央区三宮町1-8 さんプラザ  B1F

連絡先:078-334-1660

予約:予約可 ネット予約も受け付け中です!

限られた席数で営業しております上、席の確保は難しくなっております。そのため、当日のキャンセルは不可とさせて頂いておりますことをご了承頂ければ幸いです。

営業時間:11:30~21:00

定休日:水曜日 ※8/16(水)は営業しております

アクセス:【さんぷらざ B1F フロアマップ47番・28番】

  • 電車をご利用の場合
    JR「三ノ宮」駅、阪急・阪神・地下鉄・ポートライナー「三宮」駅より徒歩約2分
    地下鉄海岸線「三宮・花時計前」駅より徒歩約3分
  • お車でお越しの場合
    阪神高速3号神戸線「京橋」出口より北へ約800m
    神戸三宮駅(阪急)から123m

席数:8席(隣接店の『大也』でもお食事可能です。餃子専門店イチロー 8席・大也14席 団体様もお立ち寄りください!)

貸切:可 (20人以下可)

禁煙・喫煙:全面喫煙可

まとめ

神戸では味噌だれが一般的なんですね。

醤油とラー油に味噌だれは合いそうな感じがします。

ココイロで紹介の南京町にある老舗餃子店「元祖ぎょうざ苑」は、その創業者が中国東北部で覚えた餃子の味・作り方を66年間受け継いでいます。今では神戸味噌ダレが餃子の定番ダレとなっていますが、ここが味噌ダレ餃子発祥の店!ここの味噌ダレはコクのあるピリ辛。焼き餃子430円。元祖ぎょうざ苑の口コミ情報、営業アクセスを報告します。

ココイロ!神戸味噌ダレの老舗の元祖ぎょうざ苑!口コミ情報や営業!

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする