大阪すき焼き!日本橋のすき焼き専門店 本せきぐちの口コミと場所!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

大阪人の新常識で、すき焼きが取り上げられ、明治17年創業(創業140年)の本せきぐちが紹介されました。

ここは最高級黒毛和牛の純関西風すき焼き専門店!

全室がお座敷個室になっています。

番組で紹介されたとおり、大阪すき焼きは、砂糖と醤油だけで味付けします。

砂糖と肉の相性は抜群で、砂糖の保水性が、肉のたんぱく質と水分を結び付けて肉が固まるのを遅らせるので、肉が柔らかくなります。

また砂糖の糖分と肉のアミノ酸が反応し、香ばしい香りや風味を生み出します。

本せきぐちでは、特製ザラメとこだわり醤油で最高の味に仕上げtいます。

本せきぐちの口コミ情報と営業アクセスを報告します。

honsekiguchi-osaka-sukiyaki-nihonbashi-kuchikomi-osakajin-shinjyoshiki

画像元:食べログより

スポンサーリンク



純関西風すき焼き専門店 本せきぐちのクチコミ評価

以下、食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

食べログ

★5つ評価:3.59(43件)(料理・味:3.59、サービス:3.59、雰囲気:3.60、コストパフォーマンス:3.56、酒・ドリンク:3.50)

口コミ:2018年12月男性

評価:4.2(料理・味:4.5、サービス:4.0、雰囲気:4.0、コストパフォーマンス:3.9、酒・ドリンク:3.5)

甘いもん屋IN大阪⑨ 関西風すき焼き

明治創業の「本せきぐち」さん。

honsekiguchi-osaka-sukiyaki-nihonbashi-kuchikomi-osakajin-shinjyoshiki

せっかく大阪に行くなら「関西風すき焼き」を食べようと検索するも意外と割り下使った煮るのが多く、昔行った有名店まで関西風やめて割り下使用に変わっていてガックリ(*_*)

honsekiguchi-osaka-sukiyaki-nihonbashi-kuchikomi-osakajin-shinjyoshiki

honsekiguchi-osaka-sukiyaki-nihonbashi-kuchikomi-osakajin-shinjyoshiki

そんな中でもココ「本せきぐち」さんは今も変わらずザラメと薄口醤油で目の前で焼いてくれるお店との事(^^)

honsekiguchi-osaka-sukiyaki-nihonbashi-kuchikomi-osakajin-shinjyoshiki

仲居さんが付いてジューッと香ばしい音と共にザラメをたくさん回しかけ、溶けかかったところへ薄口醤油をジャーッと…何と良い香りでしょ♪

表面がキャラメリゼされてカリカリサクサク!思わず「お〜!」と声を上げる私(笑)その後2枚目からはお野菜も投入して水分が出るので1枚目のキャラメリゼにはならないけども、関東風のクツクツ煮たすき焼きとは違ってお野菜もシャクシャク歯ごたえ残しつつな加減で美味しかった

☆特に玉葱の甘さがお肉にピッタリで美味しかったですよd(^_^o)

honsekiguchi-osaka-sukiyaki-nihonbashi-kuchikomi-osakajin-shinjyoshiki

タレは溶き卵の他に本せきぐち特製のお出汁にとろろ芋入れて青海苔を入れたタレも有り、こちらはコッテリな卵と違いサッパリするすると食べられます♪

honsekiguchi-osaka-sukiyaki-nihonbashi-kuchikomi-osakajin-shinjyoshiki

〆はおうどんにお鍋に付いた旨味を全て吸わせて完食!

honsekiguchi-osaka-sukiyaki-nihonbashi-kuchikomi-osakajin-shinjyoshiki

大変美味しゅうございましたd(^_^o)

欲を言えば1枚目のカリカリサクサクのキャラメリゼされて食感をずっと楽しめれば良いのだけど、それだと最初にお肉食べ終わってしまいますものね、今度行ったら何枚かカリサクで!とお願いしてみます♪

ぜひぜひ☆☆☆

純関西風すき焼き専門店 本せきぐちの営業アクセス

住所:大阪府大阪市中央区千日前2-2-7

TEL:06-6641-2303 

予約可否:予約可

営業時間:16:00~22:00(L.O.21:00)

定休日:日曜日

アクセス:近鉄日本橋駅から96m

まとめ

番組で紹介していたのは、極上A5黒毛和牛すき焼きは1人前14,300円!

口コミのものも多分同じだと思います。

ちょっと高価だけど、一度は味わいたいですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする