いくむら奈応子 ( 小池元秘書)の経歴や活動?出身や大学?公約!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

選挙結果

当選 大串正樹(自民) 93,622

比例 櫻井周(立憲)69,878

市村浩一郎(維新)38,398、幾村奈応子(希望)22,338

★以下は選挙前に記載した内容です。

みなさん、こんにちは

選挙活動も残りわずかとなってきました。

小池百合子が自身の地盤だった兵庫6区にかけつけていましたね。

しかし兵庫6区は激戦区!

自民前職の大串正樹氏(51)、維新元職の市村浩一郎氏(53)、元市議で立民新人の桜井周氏(47)と争うことになります。

小池百合子、希望の党としては、なんとかしたい選挙区になります。

じゃあ、兵庫6区に立候補している、いくむら奈応子( なおこ)は、どんな人?

その落下傘候補は小池百合子の元公設第一秘書でした。

ikumura-naoko

画像元:https://www.nikkansports.com/general/nikkan/photonews/photonews_nsInc_201710150000146-0.html より

小池百合子がtwitterで投稿した内容の一部です。

秘書としても活躍してくれたいくむらさんが、私の故郷でもある兵庫6区から立ち上がりました。」

そこで、

いくむら奈応子のこれまでの経歴や活動について、また彼女の出身や大学などのプロフィール、そして今回の大事な公約について調査しました。

スポンサーリンク



いくむら奈応子のプロフィール

生年月日:1980年2月15日(37歳)

出身:鹿児島県鹿児島市

大学:鹿児島国際大国際文化中退

家族:主婦(お子様はいないようです)

届出住所:東京都大田区

いくむら奈応子の経歴

・小池百合子の元公設第一秘書

・市民相談所所長

・環境コンサルタント会社顧問(衆院議員公設秘書)

・衆院選2017 「兵庫6区」と「比例近畿ブロック」立候補

いくむら奈応子の掲げる挨拶

『先祖から受け継いだ平和で美しい日本を愛し地域を愛し皆様の代理としてより良い国にする事を目標に頑張ります足の引っ張り合いではなく、この国をどうしたいか?

建設的に話し合える議会を目指します。

ご支援宜しくお願い致します。』

ikumura-naoko

画像元:https://twitter.com/naokoikumuraより

いくむら奈応子(希望の党)の公約

増税凍結!

教育無償化!

身を切る改革!

日本の大改革で希望の持てる社会の実現を!

ikumura-naoko

画像元:https://twitter.com/naokoikumura より

公約の要旨は

  • 国民が納める税の恩恵を全ての国民に届ける仕組みを強化する。
  • 国政を透明化し、常に情報を公開し、国民とともに進める政治を実現する。
  • 既得権益、しがらみ、不透明な利権を排除し、国民ファーストな政治を実現する。
  • 国民一人一人に、日本に、未来に、希望を生むために。

【経済・財政】

  • 民間の活力を引き出す「ユリノミクス」
  • 消費税増税を凍結
  • 約300兆円ある大企業の内部留保への課税
  • ベーシックインカム導入により低所得層の可処分所得増やす

【政治】

  • 「企業団体献金ゼロ」を法的義務
  • 一院制の導入、議員定数、議員報酬、国会運営費用を大幅削減

【原発】

  • 2030年までに原発ゼロを目指す
  • 再生可能エネルギーの比率を30%まで向上
  • 原発安全性や厳しい規制、住民安全確保なら再稼働あり

【雇用・教育・福祉】

  • 長時間労働の規制、男性の育児休暇取得を支援
  • 社会保険料負担を免除する「正社員化促進法」を制定
  • 保育園、幼稚園の無料化と、返済不要の奨学金を増やす
  • 待機児童ゼロを法的に義務付ける
  • 「総合合算制度」を導入(医療・介護・障害福祉の自己負担額は、所得などに応じて負担してもらえる)

【地域の活力】

  • 憲法を改正し地方との分権を明記し、課税自主権、財政自主権を規定
  • 道州制導入を目指し、国の権限と財源を地方に移す

※「おおさか維新の会」と目指す方向は一致する

  • 食料自給率50%目指し、農業補助金廃止し農家への直接払い
  • 東京、名古屋、大阪が密接に連携した大経済圏「東海道メガロポリス」の誕生、国際競争を勝ち抜く (←三都物語)

【憲法改正】

  • 9条を含め改憲論議を進める
  • 国民の知る権利を明記し、国と地方自治体の情報公開を進める

【危機管理】

  • 北朝鮮への対応やミサイル防衛、現行の安全保障法制は憲法で適切な運用
  • 日米同盟の深化・米軍基地負担軽減・日米地位協定の見直して日本の主体性の確立
  • 北朝鮮に対し関係諸国と緊密に連携し、制裁の厳格な実施を働き掛ける
  • 北朝鮮による拉致被害者全員の即時帰国
  • 北方領土返還、尖閣諸島を守る、竹島の公正な解決

【情報公開】

  • 公文書管理法の改正:行政文書の恣意的な廃棄の禁止
  • 国有地売却価格や獣医学部設置認可に関する情報は全て公開
  • 国会議員の文書通信交通滞在費の使途公開を義務付ける
  • 国会における男女同数を目指し、必要な法案を提出する

【ダイバーシティー(多様性)】

  • 性別、性的指向、年齢、人種、障害の有無にかかわらず全ての人が輝ける社会を目指す
  • 育児休暇取得の支援、長時間労働規制、同一価値労働同一賃金の女性の働きやすい社会をつくる
  • 20年までに指導的地位にある女性の比率を30%に高める
  • 性的少数者の差別やヘイトスピーチを含む人種などの差別を禁止する法律制定

まとめ

いくむら奈央子は37歳で主婦なので、お子様がいるかな?調べましたが、すみませんわかりませんでした。

地域活動には、主婦目線での働きやすさとか、子供に関することなどがなにかあるかと期待しましたが、twitterなどでは確認できませんでした。

立候補の届け出は東京都大田区での今回落下傘候補なので、既に兵庫6区の地域との密着はありませんよね。

この地は激戦区ですので、比例近畿ブロックの方で考えているのでしょう。

期待できるのは、小池百合子の秘書を長くやっていたこと、市民相談所所長の経験や環境コンサルタント会社の顧問などをやっているので、これまでの経歴を活かして、地域との密着がとれる人であってほしいですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする