今ちゃんの実は!京都五条の老舗和菓子店おはぎの今西軒!口コミ情報

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

今ちゃんの実は・・・で、開店から飛ぶように売れているおはぎは、なんと明治三十年創業の老舗和菓子店『今西軒』!

ここでは夫婦2人だけで3日かけて手作りしているので、400個程度しか作れないそうです。

おはぎ400個分の小豆7㎏を3時間じっくり炊き上げ、皮を取り除き、アク抜きと裏ごしを4回繰り返す作業で3日かかります。代々受け継ぐやり方で丁寧に仕上げているので、驚くほどなめらかなになっています。

一般的にはあんこの甘さを引き立たせるためにを使っています。

今西軒のおはぎは、塩を一切使わず大豆本来の旨味甘みを最大限引き出しているポいます。さらに粘り気のあるモチ米(滋賀県産羽二重もち米)との相性も抜群!

今西軒の小冊子には、

明治三十年創業の『今西軒』は今も

代々伝わる手作りの味を守り続けています。

当家のあんこは甘さ控えめで量がたっぷり、

おいしい水をふんだんに使い良い素材の風味を

損なわない様に手間暇かけて・・・・。

今日も早朝からたちこめるあずきの香り。

京町家の風情と頑固職人の昔なつかしい味を

どうぞ、楽しんでおくれやす。

また

どんなに忙しくなろうとも、手作りの味をこれからもずっと守り続けること~それが、今西軒四代目に課せられた天命だと悟り、今日も一日「おはぎ道」を進んでおります。

今西軒のおはぎ商品、口コミ情報、営業アクセスを報告します。

imanishiken-ohagi-kyoto-gojyo-kuchikomi-kinako-shinisewaqgashiten

画像元:食べログより

スポンサーリンク



おはぎの今西軒の商品

以下の画像は、食べログより引用しています。

imanishiken-ohagi-kyoto-gojyo-kuchikomi-kinako-shinisewaqgashiten

こしあん 190円

imanishiken-ohagi-kyoto-gojyo-kuchikomi-kinako-shinisewaqgashiten

つぶあん 190円

imanishiken-ohagi-kyoto-gojyo-kuchikomi-kinako-shinisewaqgashiten""

imanishiken-ohagi-kyoto-gojyo-kuchikomi-kinako-shinisewaqgashiten

きな粉 190円

imanishiken-ohagi-kyoto-gojyo-kuchikomi-kinako-shinisewaqgashiten

おはぎの今西軒のクチコミ評価

以下、食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

食べログ

★5つ評価:3.56(121件)(料理・味:3.56、サービス:3.23、雰囲気:3.52、コストパフォーマンス:3.50、酒・ドリンク:3.00)

口コミ:2018年5月 男性

評価:3.0(料理・味:-、サービス:-、雰囲気:-、コストパフォーマンス:-、酒・ドリンク:-)

やさしい味のおはぎ

ずーーっと行きたかったお店の1つ。

地下鉄五条駅の2番出口から上がって、西へ少し歩いてすぐ左に進み、
一筋目の角にありました。

平日は予約ができるとのことなので、事前にきな粉とこしあん、つぶあんをお願いしました

10時半頃にお店に着くと誰も並んでいませんでした。

が、

きな粉は既に完売…

こしあんもつぶあんもそれぞれ5個もなかったんじゃないかな…。

すごい人気でビックリしました。

平日でこんなんだと、土日祝はどれほどすごい人が来るんやろうって思った…。

予約しておいてよかったーーー!

パックの隙間からきな粉のいい香りがしていました(*^^*)

自宅用なので簡易包装でお願いしたため、持って帰るまでに形が潰れてしまった…。

imanishiken-ohagi-kyoto-gojyo-kuchikomi-kinako-shinisewaqgashiten

小ぶりなおはぎで、甘ったるーい甘さがなく、素朴やけど食べたあとにほんのり甘さが残る感じ。

お腹が空いてたら2~3個は軽くいけそう。

美味しかったけど…

私は仙太郎さんのが好きやなぁと感じました。

おはぎの今西軒の営業・場所アクセス

住所:京都府京都市下京区烏丸五条西入ル一筋目下ル横諏訪町312

予約・お問い合わせ :075-351-5825 

予約可否:予約可、予約は午後3時までに受け取り

営業時間:9:30~売切れ迄、日曜営業

定休日:火曜、第1・3・5月曜(7~8月は月・火定休)

禁煙・喫煙:完全禁煙 

アクセス:京都市営地下鉄烏丸線/五条駅4番出口から 徒歩約1-2分、五条駅(京都市営)から77m

まとめ

明治30年創業から、伝統の味と香りを守り続けているのは、大変なことですね。4代目はそれを天命とのことですが、夫婦2人で3日かかるので、1日休むと3日後の販売ができないことになりますよね。

仕込みに3日かかるということは、例えば、今日の仕込みは明日、明後日、3日後の分を仕込むことになります。急に体調を崩して作業できない日がもし発生すれば、仕込み2日目、3日目のものをダメにしてしまうということにもなります。

定休日に店は休みですが、明日・明後日・3日後の仕込みの作業がありますよね。

継続してやっていくのは大変ですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする