本因坊文裕(井山裕太)囲碁の七冠全賞金?出身とタイトル?称号?

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

囲碁界、将棋界での7冠復帰は史上初とのことです。

昨年に7冠を達成しましたが、「名人」を崩されました。

10月16、17日の第5局でタイトル奪取し、7冠達成!!

iyama-yuta

画像元:https://mainichi.jp/articles/20171018/k00/00m/040/034000cより

今回、囲碁の7冠ってなに? それぞれの賞金は? 

本因坊文裕って? 永世本因坊資格?

名誉碁聖資格って何?

最後に

井上裕太のプロフィールも含め、調査しました。

スポンサーリンク



囲碁の7冠とそれぞれの賞金

【棋聖戦】:

・主催:読売新聞社、日本棋院。関西棋院

・優勝賞金:4500万円

【名人戦】

・主催:朝日新聞社、日本棋院。関西棋院

・優勝賞金:3200万円

【本因坊戦】

・主催:毎日新聞社、日本棋院。関西棋院

・優勝賞金:3000万円

【王座戦】

・主催:日本経済新聞社、日本棋院。関西棋院

・優勝賞金:1400万円

【天元戦】

・主催:新聞三社連合、日本棋院。関西棋院

・優勝賞金:1300万円

【碁聖戦】

・主催:新聞囲碁連盟、日本棋院。関西棋院

・優勝賞金:800万円

【十段戦】

・主催:産経新聞社、日本棋院。関西棋院

・特別協賛:森ビル

・優勝賞金:700万円

★7冠合計賞金:1億4千2百万円

これはあくまでも優勝賞金、上記以外にも賞金・収入はあります。

井上裕太の棋戦主要履歴(直近抜粋)

【2009年】 第34期名人戦タイトル奪取

★20歳4か月・史上最年少名人となる

★名人獲得により九段昇段・史上最年少九段昇段

【2010年】第37期天元戦タイトル奪取

【2012年】第67期本因坊戦 タイトル奪取/ 第37期碁聖戦 タイトル奪取/ 第60期王座戦タイトル奪取

【2013年】第37期棋聖戦タイトル奪取/第38期名人戦 タイトル奪取

★史上初の六冠達成

★七大タイトルグランドスラム達成

【2014年】(四大棋戦全て防衛)

【2015年】第63期王座戦 タイトル奪取(5冠)/第41期天元戦 タイトル奪取(6冠)

【2016年】第54期十段戦 タイトル奪取(7冠達成!)/第71期本因坊戦タイトル防衛

5連覇、永世本因坊資格を得る/「本因坊文裕」と号す

※本因坊戦を5連覇以上、或いは通産10期以上獲得した棋士に与える権利で、井上裕太は6連覇で、「二十六世本因坊文裕」が与えられている。

第41期碁聖戦 タイトル防衛 

5連覇、名誉碁聖資格を得る

第41期名人戦で高尾紳路九段に破れタイトル失冠(6冠)

【2017年】第41期棋聖戦 タイトル防衛
5連覇、名誉棋聖資格を得る

10月17日

第42期名人戦で高尾紳路名人を4-1で破りタイトル奪取
☆2度目の七冠達成

※名誉称号を名乗るには以下の条件があります
○連続10期以上タイトルを獲得した棋士は現役で名誉称号を名乗ることができる。
○連続5期もしくは通算10期タイトルを獲得した棋士は
現役で60歳以上に達したとき、もしくは引退時に名誉称号を名乗ることができる。

井上裕太のプロフィールと経歴

生年月日:1989年6月24日(28歳)

出身:大阪府大東市

1992年東大阪市立孔舎衙東小学校2年)、少年少女囲碁大会全国大会で優勝

2002年東大阪市立孔舎衙中学校(1年生)プロ入り

2009年名人位獲得(最年少記録、20歳4か月)

2010年名人連覇

2011年十段、天元位獲得、賞金ランキング1位(9151万円)

2012年五冠達成、将棋女流棋士の室田伊緒と結婚(2015年離婚)

現在

・棋士段位:九段

・タイトル数:四六

・タイトル称号:棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段・NHK杯

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする