ジェットスターの会員の損得メリットやオプションセットの内容説明!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

以前にジェットスターの会員の特典や関空から成田までの料金比較などの報告をしてました。

今回、2018年6月6日発のチケットで関空から成田空港の料金での会員メリットをみてみます。

またオプションセットがわかりにくいので、わかりやすくし、機内持込・受託手荷物、座席指定についても報告します。

以前よりも関空から成田までの航空料金がホントに安くなっています。

今はカンタス航空と日本航空を親会社にもっており、国内では最大規模のLCCとなっているからかもしれません。

jet-star-option-set-ryoukin-20180522

スポンサーリンク



関空から成田の料金

例えば、6月6日(水曜)関空発→成田着 6月9日(土曜)成田発→関空着の場合

jet-star-option-set-ryoukin-20180522

会員の場合は、500円安くなっています。

朝7時35分発は、3,690円

jet-star-option-set-ryoukin-20180522

20時25分発は、7,390円。

これに税金がそれぞれ380円加算され、合計で11,840円

荷物7㎏までで、座席指定しないのであれば、往復で11,840円

会員特典を使わなくてもこんなに安く済むということになりますね。

機内持込と受託手荷物

機内持込手荷物は基本的に7㎏となっており、フレックスBizのみが10㎏まで。

特に成田空港では、搭乗前に荷物の重量の確認をし、規程を超える場合は~15㎏までは2,600円で受託荷物扱いとなります。

予約時に前もって受託手荷物の設定をすると、安く済みます。

  • 15㎏ 1,200円(会員960円)
  • 20㎏ 1,400円(会員1,120円)
  • 25㎏ 1,700円(会員1,360円)
  • 30㎏ 2,200円(会員1,760円)
  • 35㎏ 2,500円(会員2,000円)

アルコールの機内持込

ジェットスターはアルコール類(ビール他)の機内持込できますが、飲むことはできません。

ピーチはそれらを持込して飲むことができます。

ピーチの機内食メニューとクチコミは?機内のコーヒー!持込飲食は?

座席シート

  • スタンダード 490円(会員392円)
  • アップフロント 790円(会員632円):早めに降りることができる座席
  • エクストラ・レッグルーム 980円(会員792円):足元のスペースが広い座席

オプションセットって?

エコノミーの予約には、基本運賃(Starter)の基本設定から、手荷物設定、座席指定設定、食事や寄付などの選択をします。

新たに、フレックスBiz(Starter FlexiBiz)、ちゃっかりPlus(Starter Plus)、しっかりMax(Starter Max)お得なオプションセットがあります。

基本運賃「Starter」

オプションなしの基本運賃

  • 機内持込7㎏
  • 予約内容の変更(手数料がかかる)

フレックスBiz「Starter FlexiBiz」

料金:2,000円

  • 機内持込10㎏
  • 座席指定無料(スタンダード、アップフロント・シート)
  • 柔軟な運賃規則(当日の同日の便に変更する場合のみ、無料)
  • 予約内容の変更手数料なし(運賃の差額あり)
  • 払い戻し(フライトパウチャーにて:運賃やその他の料金の支払いに利用可能)

ちゃっかりPlus「Starter Plus」

料金:2,000円

  • 機内持込7㎏
  • 受託手荷物10㎏
  • 座席指定無料(スタンダード)
  • お食事件500円分
  • フライト特典(パウチャー)
  • 変更手数料なし(運賃の差額あり)
  • あんしんPlus:見舞金 10,000円(国内線予約便が遅行・欠航)

しっかりMax「Starter Max

料金:4,000円

  • 機内持込7㎏
  • 受託手荷物30㎏
  • 座席指定無料(全シート)
  • お食事件500円分
  • フライト特典(パウチャー)
  • 柔軟な運賃規則
  • 変更手数料なし(運賃の差額あり)
  • 払い戻し(フライトパウチャーにて)
  • あんしんMax:見舞金 20,000円(国内線予約便が遅行・欠航)
  • ラウンジ利用

ビジネスはまた別にありますので、ジェットスターHPで確認してください。

まとめ

運賃については、金曜日夜、土曜日朝、日曜日夜などの運賃は高く、8千円から1万円はしますが、平日であれば、3,690円、4,390円など安い運賃になります。

その平日の安い運賃のときに、オプションセットで2千円程度ならベストな選択と言えますね。例えば、当日の便の変更やもし遅滞や欠航の場合の見舞金、座席指定もできるし、荷物の制限も緩和できます。

また受託手荷物が多い場合や座席指定する場合は、会員では20%オフになること、運賃が500円安くなるフライトを使う場合が多い人などは、会員のメリットが得られると思います。

会員の初年度は入会費3,900円のみで翌年からは年会費3,939円となり、年間に4千円を上回る20%オフが得られるのであれば、会員がお得になります。

ジェットスターの安い運賃を!プライスウオッチや最低価格保証とは?

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする