ジェットスターの会員はお徳? 「入会金」「年会費」「会員特典」は?

スポンサーリンク



みなさま、こんにちは

私は昨年東京に行く機会が多く、交通費を安くしたいことから、ジェットスターの利用を始めました。昨年はあまり特典が反映されていなかったので、入会し後悔していました。

そこで改めて、Club Jetstar会員の特典と実際に使ってみての注意点を報告します。ジェットスターの会員の損得メリットやオプションセットの内容説明!

ジェットスターの会員の損得メリットやオプションセットの内容説明!

ジェットスターの安い運賃を!プライスウオッチや最低価格保証とは?

スポンサーリンク



Club Jetstar会員特別 ってどんなの?

改めて検証してみました。

まず、初年度は入会費3,900円が必要になります。初年度は年会費無料。

翌年度の更新時には、年会費3,939円が必要になります。

【会員の特典】

①Club Jetstar会員特別価格 

土日ですと、大体500円安くなりますが、早朝便(第一便)・最終便は安くはない。

同じ便で同乗する場合は家族なども同じ会員特別価格は可能だそうです。

②受託手荷物、座席指定は20%OFF。

受託手荷物は7㎏までは無料。15㎏までは1,200円、それ以上は5㎏ごとにアップします。

ここで、注意!!

つまり機内持ち込みは7キロまで

他の国内便(JAL、ANA、ピーチ等)は10キロ以内

飛行機に搭乗する前に持込手荷物のチェックがあります

搭乗する前に7キロ以上あれば、預けることになり、3,000円の料金になります。

帰りの便はお土産を買うことがありますので、その辺りは要チェックするべきですね。

座席について

指定しない場合、自然に振り分けられるので2人以上で行くとバラバラになったり、結構後ろの座席になります。座席の値段のランクがあります。

③セールの先行予約・購入

これは私は経験しておりませんが、会員だけ通常よりも早く購入できるそうです。

④パートナー特典

ホテルの特別割引やWiFiレンタルサービス割引があるそうです。

以上、まとめますと、どのくらいの回数、ジェットスターを使うか、どの時間帯か(安くなる時間帯なのか)、座席指定や受託手荷物を利用するかどうか。

初年度は3,900円、次年度以降は年会費3,939円なので、それに見合うぐらいの利用があるかどうかを検討してみてください。

私は既に入会してしまったので、新幹線よりもなるべく使おうと考えています。

またジェットスターはアルコール類(ビール他)の機内持込を飲むことができません。

ピーチはそれらを持込して飲むことができます。

ピーチの機内食メニューとクチコミは?機内のコーヒー!持込飲食は?

ジェットスターの会員について関空から成田までの料金でメリットを調査!会員の20%オフは座席指定や受託手荷物の料金に反映!オプションセットにはフレックスBiz:2千円、ちゃっかりPlus:2千円、しっかりMax:4千円。平日の3,690円~4,390円のときにオプションセットはおススメ。詳細は以下のところで記載しています。

ジェットスターの会員の損得メリットやオプションセットの内容説明!

ジェットスターの会員の特典や平日の安い運賃がありますが、先の予定であれば、プライス・ウオッチの利用! また他航空会社のフライト、旅行会社や他社ウェブサイトで販売されるジェットスターのフライトで安いチケットを見つけると、チャットで連絡で、その安いチケットよりも10%安くなります。プライス・ウオッチや最低価格保証について調査しました。

ジェットスターの安い運賃を!プライスウオッチや最低価格保証とは?

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする