亀岡の古民家カフェCAFE NOUKAのメニューや企画を画像紹介

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

今回紹介する古民家カフェ「cafe nouka」は、亀岡市宮前町 神前(こうざき)にあります。

神前区は野鳥と薬草の村で、天然砥石の産地としても有名です。

またちょろぎ(NPO法人チョロギ村)金時生姜お米などが栽培されています。

kameoka-cafe-nouka-gazou

画像元:www.kyoto-chii.biz/2017/10/12/亀岡市神前こうざき地域の交流拠点「cafe-nouka」を訪/

今回、京都ちーびず(地域力ビジネス)や「人生の楽園 冬の拡大スペシャル」で取り上げられた、古民家カフェ「cafe nouka」、そのカフェを通じて兼業農家としての取組み(メニューやギャラリー、農産物取り扱いなど)について調査しました。

メニューや企画(ギャラリー展示木工品農産物販売・・)を画像で紹介します。

スポンサーリンク



古民家カフェ「cafe nouka」

kameoka-cafe-nouka-gazou

画像元:www.kyoto-chii.biz/2017/10/12/亀岡市神前こうざき地域の交流拠点「cafe-nouka」を訪/

kameoka-cafe-nouka-gazou kameoka-cafe-nouka-gazou

画像元:https://www.facebook.com/cafe.nouka/ より

森亀好さんご夫妻が農業をしながら営業しているカフェです。

ここでは自分のところの田畑の自家栽培を中心に、地元でとれた食材(野菜神前米他)で作ったランチ、ドリンク類、スィーツ(ワッフルなど)を提供しています。

食材(野菜や神前米など)の販売もあります。神前米は森さんも作っておられます。

また森亀好さんご夫妻は古民家を自分たちで改修し、店にあるテーブル、棚などの木工品も手作りしています。

その木工品は「もくの森」というブランドで売れているようです。

1日10食限定ランチ

cafe農園&地元・神前産の野菜たっぷり、週替わりメニューの手作りランチです。

ランチで使われているお米は神前米で森亀好さんの手塩にかけたものです。

kameoka-cafe-nouka-gazou

画像元:www.kyoto-chii.biz/2017/10/12/亀岡市神前こうざき地域の交流拠点「cafe-nouka」を訪/

kameoka-cafe-nouka-gazou

ランチのメインメニューは、@Cafe nouka で紹介されていますので、幾つかアップさせて頂きます。

★『里芋のほくほくコロッケ』

kameoka-cafe-nouka-gazou

このプレートにはcafeオリジナルピクルスチョロギ入りがあります。

kameoka-cafe-nouka-gazou

《白菜とお豆腐のやわらか煮》:cafe農園にて収穫しました柿を使って《富有柿と大根のなます》

kameoka-cafe-nouka-gazou

★『秋野菜のしょうが焼き』

kameoka-cafe-nouka-gazou

どれもうまそうだし、野菜をうまく使っていますね~

やってみよ!!となります。

ランチのメニューは

  • 週替わりランチ¥1,080):週替わりメニューの手作りランチです。
  • ドリンクセット¥1,280):コーヒー&和紅茶(ホット・アイス)付き
  • スイーツセット(木・金・土のみ¥1,580):スィーツ1個(ワッフルやスコーンなど) +上記の飲みもの
    〈1日10食限定・予約は受け付けていません)

スィーツセットが一番お得ですし、オリジナルワッフルを食べないと!!

cafeオリジナルスィーツやドリンクは

スィーツもface book(@Cafe nouka)で紹介されていますので、幾つかアップします。

★cafeオリジナルワッフル
秋バージョン!自家栽培 サツマイモ
サイコロサツマイモが生地にコロコロ、安納芋ペーストをトッピング

kameoka-cafe-nouka-gazou

オリジナルワッフル
季節に合わせてフルーツはチョイスして添えています。
ソースは、チョコ キャラメル 黒蜜と3種類です。

kameoka-cafe-nouka-gazou

以上のワッフルは単品で850円。ドリンクセットにするとドリンク代から230円安くなります。

薪釜パン ふくくる』さん作製の《スコーン》
自家製ジャム&caféオリジナルクロテッドクリームを添えて〜〜

kameoka-cafe-nouka-gazou

スコーンは550円でアイスクリーム添えでプラス100円。

こちらもドリンクセットでドリンク代から230円安くなります。

★『ホットジンジャー 』(¥540)

cafe農園にて収穫しました「新生姜」を使って《ジンジャーシロップ》作製

kameoka-cafe-nouka-gazou

★神前ブレンドコーヒー(¥430):しっかりした飲み口、落ち着いた風味

kameoka-cafe-nouka-gazou

ここで使っている食器も魅力的ですね~

メニューの詳細はCafe noukaのHPまで

以下も引き続き、「京都ちーびす」や「@Cafe nouka」の画像を引用させて頂きます。

森亀好の木工品(ブランド「もくの森」)

kameoka-cafe-nouka-gazou

この本棚は売れてしまったみたいですね。

kameoka-cafe-nouka-gazou

この他、

木工作品はギャラリーの展示に使われている棚やテーブルなどもあります。

ギャラリー(2階)

kameoka-cafe-nouka-gazou

kameoka-cafe-nouka-gazou

地域の作家さんの作品の展示ですね~

地域での役割

亀岡市宮前町 神前区では、

地元特産のちょろぎで、少子高齢化した地域からの脱却に寄与する事を目的とした、内閣府のNPO法人としてチョロギ村を作っています。それは薬草で長寿の地域づくりをしています。

森亀好さんは市役所を55歳で早期退職しましたが、退職前の1年間は自身が希望されて、観光戦略課で大きなプロジェクトに関わったそうです。

このカフェを通じて地域の方々の交流の場に考えて取り組んでいます。

料理のメニューで使う食材や旬の野菜などの販売は全て地産地消で、その地域の神前米に手塩をかけ育て、美味しく味わってもらうという姿勢がよくわかります。

森亀好さんご夫妻でも自家栽培はされていますが、地元野菜にこだわり、地域のパン屋さん、陶芸作家などの作品もこのカフェ(地域交流の場)に取り入れています。

ギャラリー(2階)として開放し、お年寄りが気軽に集まれる場づくりに取り組んでいるようですね~

森亀好さんご夫妻です。

kameoka-cafe-nouka-gazou

画像元:https://tv.yahoo.co.jp/program/38791313/より

まとめ

DIYが好きな人やサラリーマン生活からの脱却を考えている人には、TV番組の名前になりますが、「人生の楽園」新しい生き方の提案ですね~

ネットでだけはわからないので、実際に行ってみたいと思いました。

ランチ10食限定といっても、ワッフルもありますし、農家のかたわらにしているので、大変だと思いますが、多分忙しくても楽しい毎日だと思います。

この神前区ではNPO法人「チョロギ村」や「薬草と健康づくりの会」などで地域の活性化をしていますが、山形県の過疎化した村では、

山形県小菅村のゾンビで町おこしの場所やアクセス!ゾンビ動画の紹介

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする