貴船もみじ灯篭2017のライトアップ箇所!参拝方法や周辺観光は?

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

貴船神社縁結びで有名ですよね~

そして、もみじ綺麗です!

私は貴船神社に2~3回行ったことがあります。

空気がキレイ!

朱色の灯篭の石段を登ると神聖な気持ちになりました。

kibune-momiji-tourou-sannpai

そして、最後の奥宮まで行ったときには、エネルギー(気)をもらった感じがしました。

貴船もみじ灯篭11月3日~26日までライトアップされています。

そのもみじ灯篭について、また貴船神社に行くなら・・・、その辺りの報告をさせてもらいます。

画像元:京阪電車の「貴船もみじ灯篭」チラシより引用

スポンサーリンク



貴船もみじ灯篭

開催期間:2017年11月3日~11月26日(日曜)

点灯時間:夕暮れ~21時頃

但し、貴船神社(本宮,結社,奥宮)境内は20時半まで。

ライトアップのポイント

ほとんどの方は叡山電車で行かれると思います。

以下のマップは京阪電車の配布している資料から引用しています。

kibune-momiji-tourou-sannpai

まず出町柳で叡山電車でに乗り換えます。

市原から二ノ瀬駅間で250メートルに及ぶ「紅葉トンネル」があります。

車窓から眺めることができます。叡山電車でしか味わえないです。

その他に、二ノ瀬駅や貴船口駅でもライトアップがされています。

貴船口駅から、京都バスで4~5分で貴船本宮近くの臨時バス停に行きます。

歩いては約30分。

臨時バス停から、ライトアップが始まります。

以下のマップで示します。(京阪電車配布資料から引用)

kibune-momiji-tourou-sannpai

貴船もみじ灯篭 案内

貴船神社の紅葉の見頃と参拝の仕方(順番)

紅葉11月上旬から11月下旬

貴船神社の例年では11月上旬から下旬が紅葉の見頃であります。11月初めから色づき始めます。

11月7日に御火焚祭(貴船もみじ祭) があります。

参拝の仕方(順番)

今回、もみじ灯篭でライトアップされていますが、ライトアップを観賞するだけではもったいない。

貴船神社を初めて行く方はライトアップや人の流れについて行けばよいのですが、

一旦道路に出ますので、歩いていく順番と何があるかを簡単に書いておきます

kibune-momiji-tourou-sannpai

臨時バス停からしばらく歩くと、道路の左に大きな鳥居が見えてきます。

その後に朱色の灯篭の石段があります。

石段登ると本宮が見えてきます。

神門を抜けると左に手水舎(御神水)があり、それは命の水とも言われてます。

心身ともにリフレッシュや神様のパワーを頂くという意味もあるので、是非!!

その他、水占みくじ絵馬発祥の地とされる馬の奉納の像、石庭、御神木などがあります。

そこからは一旦道路にでるようになっています。

奥宮に向かうまでの間に左手に階段がありますが、それは中宮(結社)です。そこに奥宮に向かう案内版があります。

貴船神社の正しい参り方は奥宮から先に行くことになります。

(ちなみに中宮(結社)は縁結びの神様となります。)

その後歩いて行きますと、相性の大杉、思ひ川を渡って、雨乞いの滝、つつみが岩、朱色の灯篭がならんでいる道を通って、奥宮に行きます。

奥宮には、拝殿、本殿の他、連理の杉、船形石などがあります。

もし遠方から車で来られる方・・

駐車場は台数に制限はありますが、奥宮の横の空き地が有料駐車場になっています。

但し、奥宮までの道が狭く車のすれ違いができない箇所が多く、譲り合いになります。

その道は参拝者も通りますので、夜間は制限が入るかもしれません。

もし遠方からここ(貴船神社)に来るのであれば、

貴船もみじ灯篭の時間(夕暮れ)まで、鞍馬寺に行くことをおススメします。

鞍馬寺と周辺

ポイントを簡単にあげておきます

  1. 鞍馬寺は天狗が住んでいるということで、鞍馬天狗が有名なシンボルであること
  2. 牛若丸がこの鞍馬寺で修行したということ
  3. 鞍馬寺本殿金堂(本堂)の堂内には毘沙門天千手観世音護法魔王尊が安置され、これらの三身を一体として「尊天」と呼ばれ、本堂の前にある「金剛床」に立ってパワーがもらえると人気。(京都で一番のパワースポット!!)

私が訪れたときはその「金剛床」の手前で列ができていました。

順番にその円の中心に行って人それぞれですが、お辞儀をしパワーをもらっていました。

kibune-momiji-tourou-sannpai

画像元:@from_atom

お土産と軽食

駅近くの多聞堂(たもんどう )でそばを食べました。

kibune-momiji-tourou-sannpai

店内でそばを食べていると、ここで餅(牛若餅など)を買うお客様が多く、帰りに1個買ってしまいました。美味しい!!

ここで出してもらうお茶も美味しかった。

鞍馬温泉です

ここには本館の温泉と、露天風呂の2つがあり、露天風呂だけの露天風呂コースは1,000円になります。

日帰り温泉コースは本館と露天風呂の2つに入れますので、2,500円と高め。

まとめ

貴船神社と鞍馬神社に行くことにより、個人的には開運があったと思っています。

貴船神社もみじ灯篭2017には、まだ行ってませんが、写真をみるだけですごく綺麗です。

インスタ映えは間違いなし。

1日時間のある方は、電車でまず鞍馬神社に行き、鞍馬から貴船までのハイキングコースがあります。(約1時間)

鞍馬・貴船イラストマップ

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする