なるみ岡村過ぎるTV!北浜の創業200年 菊壽堂の桜餅!口コミ!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

なるみ岡村の過ぎるTVで、吉本芸人の若井みどりイチオシ「菊壽堂(きくじゅどう)」の桜餅が紹介!

kikujyudou-sakura-mochi-kitahama-kuchikomi-narumi-okamura-sugiruTV-osaka-wagashi

画像元:食べログより

この店は江戸末期の約200年受け継がれる伝統の味が人気の秘密!

こしあんは江戸末期から変わらぬ作り方で、

岡山県備中赤小豆と秘伝の分量の砂糖と混ぜ合わせ程よい甘みの伝統の味!

道明寺のもち米を使っており、噛み応えありのモチモチ!

塩加減と桜の香りが丁度よい静岡県産の桜の葉

こしあん、もち米、桜の葉、それぞれの素材と味にこだわった伝統の味の桜餅!

菊壽堂(きくじゅどう)口コミ情報と営業アクセスを報告します。

スポンサーリンク



北浜の菊壽堂(きくじゅどう) クチコミ評価

以下、食べログより画像や文章を引用します。

食べログ

★5つ評価:3.64(58件)(料理・味:3.92、サービス:3.61、雰囲気:3.49、コストパフォーマンス:3.42、酒・ドリンク:3.88)

クチコミ抜粋:2019年5月訪問

総合:3.8(料理・味:3.5、サービス:3.5、雰囲気:3.6、コストパフォーマンス:4.0、酒・ドリンク:-)

高麗餅の抹茶餡はこの上ない絶品!コスパも抜群☆
平日の夕方までしか開いてない和菓子屋さん、菊壽堂さん。

kikujyudou-sakura-mochi-kitahama-kuchikomi-narumi-okamura-sugiruTV-osaka-wagashi
大好きな変なスキップをする餡子に詳しい大好きな女子アナさんがテレビで紹介されてて、めっちゃめっちゃ行きたかったので平日のお客様訪問の間を縫って(別名サボリ(笑))お伺いしました~♪

看板も無く、ここを目指さないと分からない様なオフィス街の中の小さなお店です。
目立たないのに結構この界隈の方には有名らしく、リーマンの方々が沢山訪れていました。

イートインで頂いたのは、有名な「高麗餅」
テイクアウトの700円と同じ値段で、イートインでも頂けます(*’ω’*)

オーダーしてから作って頂けるので少し時間がかかりますが、出来立ての和菓子をこのお値段で食べれるって凄い贅沢~☆( *´艸`)

胡麻、こし餡、粒餡、抹茶、白餡の5色のお餅が登場!!
見た目も綺麗~(*’ω’*)

kikujyudou-sakura-mochi-kitahama-kuchikomi-narumi-okamura-sugiruTV-osaka-wagashi

味の薄い餡子から頂くのが良いっぽいです(お寿司と同じ原理で。。。)

構成的には赤福の様な感じですが、餅の部分が赤福の半分位の餡子主役の和菓子!
私みたいな餡子好きにはタマラン一品です( *´艸`)

薄くて柔らかな甘みの白餡、

すりたての食感が香ばしい胡麻餡、

滑らかなこし餡(ただ、赤福の漉し餡の方がより滑らかでそちらの方が好み)、

驚くほど武骨で男っぽい粒餡(中々特徴的でした)
どれも美味しかったですが、、

抹茶餡の美味しさ半端ねーーーー!!!( ゚Д゚)( ゚Д゚)

kikujyudou-sakura-mochi-kitahama-kuchikomi-narumi-okamura-sugiruTV-osaka-wagashi

kikujyudou-sakura-mochi-kitahama-kuchikomi-narumi-okamura-sugiruTV-osaka-wagashi

苦みが一切なく、鼻に抜ける様な爽やかな薫りが活きる餡子です!
これはビックリ!!!春を感じる一品でしたね(*’ω’*)

この質で700円は安い!!
他のお菓子も頂きたくなりました~!!(梅干し姿の気に成る。。。)

美味しかった!!!大分お気に入りです(*’ω’*)

ご馳走様でした~☆

菊壽堂(きくじゅどう) 営業時間や場所

所在地:大阪府大阪市中央区高麗橋2-3-1

電話:06-6231-3814

予約可否:予約可 ※予約の菓子は、早い時間でも受け取り可能

営業時間:10:00~16:30 (茶房11:00~16:00) ※売り切れ次第終了

定休日:土曜・日曜・祝日

アクセス:地下鉄堺筋線「北浜駅」6番出口から徒歩3分、北浜駅から331m

まとめ

店はわかりにくいのですが、人気の店です。

口コミを見ていると、クオリティの高い味と食感で、値段だけで見ると高いように思えるけど、食べてみるとそれだけの価値や食べ応えがあるようです。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする