ココイロ紹介の京都下京区の天むす「喜多」のメニューや画像!口コミ

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

ココイロで京都下京区にある、天むすの喜多が紹介されました。

2017年8月に松原商店街にあるマンションの1階にオープン!

主人の北さんは以前に祇園の割烹「ぎおん 阪川」で修業していたときに舞妓さんや芸妓さんへのお部屋見舞い用として天むすを差し入れていたそうです。それがここの天むすの始まりだそうです。

普通「天むす」といえば、三角のおにぎりの中に海老の天ぷらが入っていて、海老のしっぽがおにぎりの上に出ていますが、ここは俵型!

舞妓さんや芸妓さんは大きい口を開けるとお化粧が崩れてしまうのでひと口サイズに。喜多の店では、作り方や味付けはそのままで、少し大きめにしているようです。

画像元:食べログより

kita-tenmusu-kyoto-shimogyouku-kuchikomi-menu-kokoiro-gazou-mastubara-syoutengai

kita-tenmusu-kyoto-shimogyouku-kuchikomi-menu-kokoiro-gazou-mastubara-syoutengai

画像元:天むす 喜多 Facebook より

スポンサーリンク



天むす 喜多の店内

販売のカウンター

kita-tenmusu-kyoto-shimogyouku-kuchikomi-menu-kokoiro-gazou-mastubara-syoutengai

画像元:メシ通より

飲食のカウンター 4席

kita-tenmusu-kyoto-shimogyouku-kuchikomi-menu-kokoiro-gazou-mastubara-syoutengai

画像元:メシ通より

天むす 喜多のメニュー

ここのご飯は、銅の羽釜でふっくら炊いて、そっと握っていますので、口の中でほぐれるように仕上げています。

kita-tenmusu-kyoto-shimogyouku-kuchikomi-menu-kokoiro-gazou-mastubara-syoutengai

画像元:メシ通より

以下のメニューについては、

天むす 喜多 Facebook の店先の看板やクチコミより

天むす 各250円

定番の海老

海老は薄めの衣に揚げた後に甘ダレにさっと漬けて、有明のりを使っています。

海老はわさび入りが定番だそうです。

和牛、煮穴子、煮蛸、帆立、鯛、鮭・・

その他にも季節の品、鱧、賀茂茄子などもあるようです。

す5種類に出し巻2つのセット 1,500円

kita-tenmusu-kyoto-shimogyouku-kuchikomi-menu-kokoiro-gazou-mastubara-syoutengai

出し巻 600円/本

半分は300円

近くの旅館も買いに来るようです。

一品

いつもあるかはわかりませんが・・

  • バイ貝旨煮 600円
  • 海老芋唐揚げ 600円
  • 煮穴子焼 950円
  • かき揚げ 800円

飲みもの

  • ビール 650円
  • 冷酒グラス 450円
  • 焼酎(芋・麦)600円

また2018年6月頃より夜もやっているようです。(口コミ)

天むす 喜多のクチコミ評価

食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

食べログ

★5つ評価:3.30(5件)(料理・味:3.30、サービス:3.27、雰囲気:3.28、コストパフォーマンス:3.19、酒・ドリンク:-)

口コミ:2018年6月 女性

評価:3.5(料理・味:3.5、サービス:3.2、雰囲気:3.2、コストパフォーマンス:3.0、酒・ドリンク:-)

喜多…天むす

西洞院松原を少し西に入った辺り(北側)、マンションの1階です。松原通を通る度に気になってたものの時間が合わず、ようやくお伺いする事が出来ました\(^o^)/昼の部閉店時間ギリギリセーフ(^^;

店内は白い壁でスッキリ!カフェでもイケる様な、柔らかい優しいイメージ。蓋付きの木のケースに、和菓子の様に天むすが並んでます。カウンター席も少しあったし店内でも頂けそう。ですが今回はテイクアウト。

天むす…定番の海老以外にも、鯖・穴子・鯛・帆立・茄子、伺った時はこの6数種、各250円です。

各1個、6種類購入~。私が今まで食べて来た天むすは、三角おにぎりのてっぺんから尻尾が飛び出たタイプやったけど、コチラの天むすはにぎり寿司の様にご飯の上に乗り、海苔でクルッと巻かれてます。俵おむすびみたいな形。

もうね、ご飯が美味しい!天ぷらに絡まってるタレも美味しい!海老もプリッと美味しいー!米好きにはたまらん(≧▽≦)口に入れると、ホロッとお米が解れます。

サイズはちょっと小さめ、ひと口でイケますね。そう考えたらちょっと高く感じるかも?いや、でもこれだけ美味しいんやしそうでもないか?コレ、手土産にしたら絶対喜ばれる筈(^^)自分用にはちょっと多目に買わんと足りんかも(^^;

店主さんがね~、無口そうな人なんですが優しそうな柔らかそうな雰囲気の方。お店の雰囲気とバッチリ合ってます。

夜営業は、一品とお酒も始めましたって書いてたし、夜も行ってみたいな~(^^)

kita-tenmusu-kyoto-shimogyouku-kuchikomi-menu-kokoiro-gazou-mastubara-syoutengai

天むす 喜多の営業・場所アクセス

場所:京都府京都市下京区天神前町340

連絡先:075-365-3636 

営業時間:

  • 10:00~14:00
  • 16:00~21:00
    日曜営業

定休日:火曜日

アクセス:五条駅(京都市営)から645m

まとめ

京都の割烹で10年修行していたので、ご飯の選定や炊き方、衣の活かし方とアマダレで、そっと握っている、と聞くと、最上級の寿司のご飯の感じで、京都の味付けという感し。

口の中に入れるとご飯がこぼれるような感じでしょうか。

大阪のつかみ寿司は、江戸前と違って握りこまないものです。実際に行きましたが、ホントにご飯がこぼれるような感じでした。同じ感じでしょうか。

ちょっと250円は高いかなと思いますが、是非味わいたいです。

また、なんといっても出し巻が美味しそうです。

ちなみに、大阪のつかみ寿司の「ゑんどう寿司」は以下のところで紹介しました。

ココイロ紹介のつかみ寿司「ゑんどう寿司」のメニューとクチコミ評価

ココイロ紹介のつかみ寿司「ゑんどう寿司」京橋店メニューとクチコミ

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする