北加賀屋のウォールアートの「ろばの家」は牡丹靖佳の絵本のシーン!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

北加賀屋ウォールアートインスタ映えで人気! 

これらウオールアート(壁画)は、北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ(KCV)構想の一環として、北加賀屋にある「壁」を利用したアート・プロジェクトです。

「ろばの家」は2012年のウォールペインティング・ワークショップで完成したそうです。

kitakagaya-wallart-robanoie-botan-yasuyoshi

画像元:www.chishimatochi.com/news/122/ より

そのワークショップや、「ろばの家」の牡丹靖佳の絵本(絵本のシーン)や彼のプロフィールなどを調査しました。

スポンサーリンク



KCVのウォールペインティング・ワークショップ

kitakagaya-wallart-robanoie-botan-yasuyoshi

画像元:http://www.chishimatochi.com/news/131/ より

現代美術作家の牡丹靖佳の絵本「おうさまのひっこし」があります。

うまく命令が伝えれない王様と、王様の言葉をそのまま受け取り意図からズレるお供たちの話です。

その冒頭シーンで、汚れたロバを見た王様が「きれいにしてあげなさい」という命令を受けて、お供たちはロバをカラフルにペンキで塗ってしまいます

それを参加者(小学生3年生以上)と大きな紙に色を塗るワークショップで、巨大なロバの絵を北加賀屋のまちにある壁に出現させるというプロジェクトです。

牡丹靖佳の絵本

おうさまのおひっこし

日本傑作絵本シリーズ 単行本 – 2012/5/20 :1,512円

牡丹靖佳(著、イラスト)

kitakagaya-wallart-robanoie-botan-yasuyoshi

画像元:Amazonより

どろぼうのどろぼん

福音館創作童話シリーズ 単行本 – 2014/9/15 :1,620円

齋藤倫(著)・牡丹靖佳(イラスト)

kitakagaya-wallart-robanoie-botan-yasuyoshi

画像元:Amazonより

ようこそロイドホテルへ(未来への記憶)

単行本 – 2017/10/24:1,728円

野坂 悦子 (著)・ 牡丹 靖佳 (イラスト)

kitakagaya-wallart-robanoie-botan-yasuyoshi

画像元:Amazonより

ルソンバンの大奇術

福音館創作童話シリーズ  単行本 – 2018/2/14:1,620円

牡丹 靖佳 (著・ イラスト)

kitakagaya-wallart-robanoie-botan-yasuyoshi

画像元:Amazonより

牡丹靖佳のプロフィール

牡丹 靖佳 | Artists | ARTCOURT Gallery】より抜粋

作家略歴

1971 大阪府生まれ
1990 渡米
1991 School of Visual Arts, New York
1997 同校卒業 BFA Major : Fine Arts

最近の個展・グループ展

牡丹 靖佳 | Artists | ARTCOURT Gallery】より抜粋

主な個展

2018 牡丹靖佳『ようこそロイドホテルへ』 原画展(丸善丸の内本店、東京)
2017 Thaw(トーキョーワンダーサイト アートカフェ 24/7 coffee & roaster、東京)
2016 gone before flower(アートコートギャラリー、大阪)
2014 parade(Mizuho Oshiro ギャラリー、鹿児島)

主なグループ展

2017 コレクション1 イメージの庭(伊丹市立美術館、兵庫)
heART~春和景明~(インターコンチネンタルホテル大阪 20Fロビー)
2016 WEWANTOSEE 日本・ベルギー国際交流美術展 in 金沢(金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB)
2015 國府理の仕事と仲間たち(アートコートギャラリー、大阪)

まとめ

北加賀屋のウォールアート(壁画)が一般の人がこのように参加したワークショッププロジェクトで開始したとは知りませんでした。

あの「ろばの家」がそうなんだと知り、調査しました。

牡丹靖佳の絵本「おうさまのひっこし」のシーンが大きなウォールアートになんて、すごいです!実際に実現させるのも凄いなぁと思いました。

ウォールアート(壁画)をこのような視点からみると、感動してしまいます。

北加賀屋のインスタ映えはKCV構想?マップでウォールアート紹介!

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする