ココイロ紹介!情景作家の小原雅司のジオラマの世界!情景作品紹介!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

西宮市にジオラマの小原雅司!ジオラマの情景作家として活躍されています。

ここでは小原雅司の情景作品展およびその作品を調査し報告します。

ココイロで紹介されたプラットフォーム今昔については、

ココイロ放映!時の流れジオラマ「プラットフォーム今昔」小原雅司作

小原雅司は、少年の頃からプラモデルを始め、模型歴は56年ぐらいになるそうです。彼のプロフィールや経歴、受賞歴などについては、以下のところでまとめています。

ココイロ紹介!小原雅司(情景作家)プロフィールや経歴!受賞作品!

kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama

画像元:小原雅司facebookより

スポンサーリンク



ココイロの撮影風景

kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama

kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama

画像元:小原雅司facebookより

小原雅司の情景作品展

この章では「鈍色(にびいろ)の物語」facebook より引用させて頂きます。

2013年「鈍色(にびいろ)の物語」展

kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama

日時:2013年3月2日~31日/会場:浜松ジオラマファクトリー

以下は、「鈍色の物語」展、出展作品のリスト だそうです。

●連作ジオラマ ミハエルの夢
「第一景、彗星」・「第二景、出逢」・「第三景、坂道」・「第四景、花嫁」・「第五景、裏庭」・「第四.一景、再生」

●旅の情景作品
「夏の記憶」/「いざ、スタージス」/「峠」/「野宿」
●ミリタリー作品
「Tha life~幸運の蹄鉄~」/「MB4500ワークショップトラック」/「マウルティア二題」
●クルマの情景作品
「Night before the enjoyment キャンプの前の日」/「おまたせ~」(新作)/「トラブル」(新作)

●Colorsシリーズ(全新作)
「こがねいろ」/「マリンブルー」/「銀盤」/「パレット」/「ブルーレイン」/「フレンチブルー」/「トリコロール」/「トリコロールⅡ」/「銀幕:駅」/「銀幕:タラップ」
●フィギュアの情景作品
「Hi! ポーズ」(新作)/「Shi~」(新作)

こんなにあるとはビックリ!

また丁寧に作品のストーリーを解説する図録も用意(全24ページ)されているようです。

kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama

kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama

※連作ジオラマ『ミハエルの夢』については次のところでも解説!

ココイロ紹介!小原雅司(情景作家)プロフィールや経歴!受賞作品!

2016年「鈍色(にびいろ)の物語Ⅲ」展

kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama

日時:2016年3月18日~21日

会場:大阪デザイン振興プラザデザインギャラリー

2013年に「鈍色(にびいろ)の物語」展、2016年「鈍色(にびいろ)の物語Ⅲ」展の情報は見つけたのですが、そ例外は見つかりませんでした。

連作ジオラマ ミハエルの夢については、「第一景、彗星」「第二景、出逢」「第三景、坂道」「第四景、花嫁」「第五景、裏庭」、「第四.一景、再生」・・・と続くようです。それ以外のものジオラマやフィギュアなどについては、継続して出品されるものや新作としてだされるものがあるようです。(間違っていたらすみません)

個人的に気に入った車とバイクのものを以下にアップします。

kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama kokoiro-masashi-kohara-jyoukei-tenjikai-diorama

もっと見たい人は「鈍色(にびいろ)の物語」facebook にアクセスしてください。

「鈍色(にびいろ)の物語Ⅲ」展の動画や画像が一杯ありますよ。

まとめ

興味を持った方は「鈍色(にびいろ)の物語」facebook をみてください。

細かいところまで忠実に仕上げていますし、その時代背景、その世界、その生活、その風景だけではなく、人間の心情まで踏み込んでいるように感じました。情景作家という意味でしょう。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする