ココイロ放映の高校野球100回大会!なぜ甲子園で?いつから使用?

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

高校野球の第100回大会が始まります。

第1回大会はいつ?どこで?

なぜ甲子園球場で行うようになったのか?

なぜ「甲子園」という名前?

などなどの疑問が沸きます。それらを調査して報告します。

スポンサーリンク



高校野球第1回大会

1915年(大正4年)に第1回全国中等学校優勝野球大会が豊中グラウンドで行われ、そこには10校が集まり開催されました。

当時は第一次世界大戦の最中でした。

第1回大会は京都二中(現・鳥羽)と秋田中(現・秋田)の決勝となり、13回延長の末、京都二中のサヨナラとなりました。

koukou-yakyuu-100-koushien

画像元:朝日新聞DIGITALより

その豊中グラウンドは現在の阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道が建設・設置されたものでした。そのグランドの規模の小ささなどが問題になった。

甲子園球場(甲子園大運動場)の始まり

豊中グランドに代わる会場の検討と、この当時は出場校が遠征費用を負担するので、その費用の軽減で会期の短縮、複数のグラウンドの設置が求められていた。

阪神電気鉄道が所有していた鳴尾運動場の場内に野球用グラウンドを2面設置することで1917年の第3回大会から鳴尾運動場で開催。

学生野球の人気により観客数の増加、溢れた観客がグランドに流れ込む事件(第9回大会)、さらにグランドの水はけの悪さもあり、主催者大阪朝日新聞が本格的な野球場建設を提案!

阪神電鉄は武庫川支流(申川と枝川の廃川)の埋め立ての大規模な沿線開発をおり、当時の専務(三崎省三)の野球場建設構想と、朝日新聞の提案の利害が一致し建設。

ニューヨーク・ジャイアンツのホームグランドを参考にし、1924年8月1日に完成。この年が干支の組み合わせの1番目の甲子年(きのえねのとし)60年に一度の縁起の良い年であることから、甲子園(こうしえん)大運動場とされた。

1924年の第10回大会から甲子園大運動場を使用しています。

但し、戦争などの影響により、甲子園大運動場(甲子園球場)で継続して大会が行われている訳ではありません。

●第38回大会(1956年)より、初のナイター試合

koukou-yakyuu-100-koushien

画像元:朝日新聞DIGITALより

●現在の甲子園球場

koukou-yakyuu-100-koushien

koukou-yakyuu-100-koushien

画像元:阪神甲子園球場HPより

甲子園神社―素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)

創建年代は不明で、本殿柱に元禄及び天保年間に度々再建された記録が残っているそうです。当地は武庫川の支流である枝川と申川の分流点にありました。

前述の通り、阪神電鉄は武庫川支流(申川と枝川の廃川)の埋め立ての大規模な沿線開発の中で1924年に隣接する形で甲子園大運動場が建設されました。

いつ頃から甲子園神社やタイガース神社と言われるようになったのかはわかりませんでした。

koukou-yakyuu-100-koushien

画像元:「ようこそ甲子園へ」より

この神社は、西宮神社にえびす像を祀る前まで祀っていたとされています。また現在の西宮神社はこの神社の「西の方の宮」にあるので、そのように呼ばれたという説もあります。

江戸時代までは牛頭天王社と称され、牛頭天王でしたが、明治初期の廃仏毀釈により祭神名を素盞嗚命へ改め、社名も素盞嗚神社へ改称しているようです。

ココイロ放映の甲子園素盞嗚神社に岡田彰布寄付塚や星野仙一の揮毫!

koukou-yakyuu-100-koushien

画像元:https://ja.wikipedia.org/wiki/素盞嗚神社_(西宮市) より

まとめ

今回初めて、甲子園球場の始まりと、朝日新聞と、高校野球の繋がりを知りました。

なぜ朝日新聞が高校野球をほぼ独占しているのか不思議に思っていました。

阪神電鉄というと阪急電鉄に負けているような印象がありましたが、当時の阪神電鉄が日本で初めての野球場建設をしていたのかと思うと見直しました。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする