正月初詣は熊野本宮大社で開運祈願し仙人風呂や世界遺産のつぼ湯で!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

寒くなり、温泉に入りたいですね~

年末向けてバタバタと忙しいので、なかなかゆっくりができないですね。

で、正月は是非オススメは、熊野本宮にある仙人風呂!

熊野本宮大社の初詣で新年のパワーをもらい運気を!

身体とメンタル面をゆっくり癒すという感じで

実はこの仙人風呂は12月から2月の期間限定なんです。

温泉が湧き出る川原を、毎年観光協会が掘り起こしてくれます。

だから正月の休みしかない・・・

個人的ですけど、真冬の露天風呂の日の出が良いですよ。

湯けむりの中、日の出を迎える・・・

そんな仙人風呂などの熊野本宮の温泉を幾つか報告します。

スポンサーリンク



温泉(仙人風呂)

熊野本宮近辺で、この仙人風呂は必ずおススメします。

しかし季節限定(12月~2月)の仮設の露天温泉になります。

ちなみに仙人風呂は、千人ぐらい入れるからの千人風呂とも言うと、現地で聞いたことがあります。

川湯温泉のところに流れている大塔川の川原は堀るとお湯が湧きでて、夏場の川遊びで穴を掘って楽しんでいる家族はいます。掘る道具は貸してもらえます。

12月~2月は観光協会が掘り起こし、大塔川の水を適度に入るように作りあげる露天風呂となります。

無料です。但し、水着着用は必須です。

女性用の温泉浴衣(着用しながら入浴)は各旅館で貸し出しています。

仙人風呂までは川原を歩くので、サンダルが必要です。

日帰りの方や近くの旅館でない方はサンダル水着は準備しておきましょう。

画像を観光協会HPより引用させて頂きます。

kumanohonguu-senninburo-onsen

朝焼けと温泉の湯けむりが・・・

この仙人風呂(露天風呂)での日の出最高ですよ!!

つぼ湯(世界遺産)

湯の峰温泉(公衆浴場)のつぼ湯(世界遺産)です。

私は丁度1年前にも久しぶりに行きました。

ここには、1組ずつ入浴します。

一組30分の制限時間はありますが、誰かが監視している訳ではないので、利用者同士で気をつかいあう形になります。

kumanohonguu-senninburo-onsen

上の写真で、つぼ湯と書いているところが次の人が待機する場所になります、

階段を下りてつぼ湯の入口があります。

入口の手前にもベンチがありますので、そこも順番待ちに使われると思います。

混雑すると、待ち時間が長くなりますので・・・ご注意を!

入口の戸を開けると、すぐに階段を降りるようになっております。

浴槽が下(川と同じくらいの高さ)にあり、階段のところで着替える形になります。衣服を入れるかごが置いてありました。

カギは小屋の中から締めます。

料金を払った際に番号札をもらいますので、小屋の戸の外側に掛けてから締めます。

通常湧き出るお湯はいつも熱いです。

他の人が入った後なら適温になっていますが、誰も入っていないときなら、入るときには注意を!!

ちなみにつぼ湯の料金は大人770円、12歳未満460円

つぼ湯料金には、公衆浴場の料金も入っています。

クアハウス熊野本宮

温泉施設

温泉だけを楽しむには、家族・親子で行ってゆっくりできるところです。

「気泡浴」「うたせ湯」「蒸気浴」等の幾つかの浴槽があります。

夏場であれば、外に温泉プールがあります。)

料金:大人620円、子ども310円(小学生まで)

営業時間:10時~21時

休館日:木曜日

バンガロー:5人用・7人用・9人用

有料ですが、エアコン(暖房)があります。

個人的には冬に何度か宿泊し問題ありませんでした。

設備

  • 各棟に水洗トイレ、ミニキッチン完備
  • 寝具・冷蔵庫・エアコン(有料)・2口ガスコンロ
  • まな板・包丁・フライパン・ヤカン・両手鍋・ハンゴウ・バーベキューコンロ(網、鉄板、石炭などはない)

料金(税込み)

  • 5人用(1部屋;和室・キッチン・水洗トイレ)16,200円(平日9,720円)
  • 7人用(2部屋;和室・2段ベット・キッチン・水洗トイレ)17,280円(平日10,370円)
  • 9人用(2部屋;和室・2段ベット・キッチン・水洗トイレ)18,360円(平日11,020円)

※クアハウスの温泉がありますので、それの入湯税(150円)は別途必要

なんと、日帰りバンガローをやっています。

日帰りバンガロー

  • 基本利用料(11時~16時)1棟:5,400円
  • 土日利用 1棟:6,480円
  • 延長料金 1,080円/時間

詳細は問合せてください。

クアハウス熊野本宮『湯バイバル・モア

〒647-1733 和歌山県田辺市本宮町渡瀬45-1

TEL 0735-42-1777(受付10時~21時)

まとめ

ホントに湯けむりの中の露天風呂は最高です。

正月の日の出は7時ぐらいなので、少し早めに待機します。更衣室がありますが貴重品などは各自で持参しておかないといけません。

昔、男性はタオル1枚で入っていましたが、水着などの着用は必要になりますね。

川湯温泉の旅館宿泊なら、旅館の露天風呂でも良いのですが、

家族でアウトドア派なら、バンガロー宿泊で、仙人風呂は最高になります。

つぼ湯は家族で30分だけど、貸し切りになるので、これもグッドです。

私も1月(正月休みは無理?)には熊野本宮大社に行き、仙人風呂とつぼ湯を味わいます。

滋賀(鈴鹿山)方面なら

日帰りで大河原温泉は格別!綺麗なもみじ!商売繁盛の若宮神社は是非!

私は午前中は竜王アウトレットで買物を満喫し、そこから約50分ほどで行けました。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする