おかべろ!天神橋の熊の焼き鳥のスープ茶漬け!非会員予約可!口コミ

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

おかべろの番組では、間寛平と村上ショージ(秘伝ハンター)が、熊の焼き鳥スープ茶漬けの驚きの隠し味の調査でした。

店は天神橋6丁目のレンガ通りの中にあります。

このスープ茶漬け518円(税込)の隠し味は、雲丹(うに)でした。

店では「うに茶漬け」としてメニューにあるのかもしれません。

この熊の焼き鳥は2014年8月にコース料理をメインにしてオープン!

予約のドタキャン(多いときで千人も)があることから、2016年4月から会員制にしています。非会員の予約は時間限定で可能。

それでも全体予約の15%がドタキャンがあるので、現在ではチケットぴあで予約サービスをしていますので非会員の方でもOK。

チケットぴあで、日にちと人数(1人3,000円)の予約ですが、店で3,000円は、キャッシュバックされます。

非会員の方は

16時~21時30分以降、若しくは会員の方と一緒に来店になります。但し、非会員の方には、会員と一緒に来店した場合は、チャージ 1000円 必要(非会員同士の来店は2000円)

この熊の焼き鳥コース料理口コミ情報、店の営業・アクセスを報告します。

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

画像元:食べログより

スポンサーリンク



熊の焼き鳥のコース

以下、食べログよりメニュー・画像を引用しています。

鶏刺し12種盛り付きお任せ10串コース 3700円 (税抜)

滞在可能時間 :2時間
コース内容
•雲丹ムネ
•鶏刺し12種盛り
•串10種類
•ちょこっとサラダ
注意事項
※チャージ 1000円 (非会員同士の来店の方2000円)
※会員様の場合でもネットでのご予約は16時~、21時半~のみの受付になっております。16時~と21時半~以外の時間をご希望の場合はお手数ですがお電話にてお問い合わせください。 

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

その日の朝4時に締めた鳥を、店主が丁寧に解体しています。お店で解体することで、鮮度を長持ちさせることができ、希少な部位も余すことなくお楽しみいただけます。鳥本来のもつ、本当の美味しさを自慢のオリジナル塩●薩摩醤油●20年以上の継ぎ足しタレでお楽しみください。

※食べログにはこのコース(料理)のみとなっていました。

その他、番組で取り上げた、「スープ茶漬け(480円)」、「たまごかけご飯(480円)」それのトリュフがけ(5,000円)。鳥刺しについては、25種盛(6,000円)などもあるようです。いずれも税抜です。

熊の焼き鳥のクチコミ評価

以下、食べログより画像や文章を引用します。

食べログ

★5つ評価:3.62(110件)(料理・味:3.65、サービス:3.61、雰囲気:3.60、コストパフォーマンス:3.58、酒・ドリンク:3.59)

クチコミ抜粋:2018年7月訪問 女性

総合:4.3(料理・味:4.5、サービス:4.5、雰囲気:4.0、コストパフォーマンス:4.5、酒・ドリンク:4.0

日本一高いTKG+鶏刺し12盛り!

関西在住の美食家の方々がよく行ってるのを見て、前から気になっていたお店。
会員になってる友達に連れて行ってもらいました!

天神橋筋六丁目のレンガ通り内にあって看板なし。
ドアの上には熊の置物。笑
入り口は、会員カードキーか暗証番号がないと開きません!

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

鶏刺し12種盛り付きおまかせ10串コース
3,700円をチョイス。
(この値段にも驚き。安い!)

まずは雲丹ムネ
とろっとろでとても美味しかった。

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

そして鶏刺し12種盛り
普段なかなか食べないような部位もあって、かつ少量多種なので、最後まで飽きることなく楽しめました!

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

おまかせ串。
料金も安いし、焼き場のお兄ちゃんも若めなので全然期待してませんでしたが、これがなかなか良い火入れ!!どれも丁寧でなかなか完成度高い焼鳥でした!

特に良かったのは、意外性という意味でつくね
コリコリつくねはよくありますが、ここのつくねは、ふわっっふわっ。これでもかというほど、ふわっふわ。

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

そして1串に、塩1つタレ2つの計3つが刺さっていて、両方の味が楽しめて良かった。意外とこういうつくねないですよね!

サラダがでてコース終了ですが
やはりせっかく大阪まで来たのだから頼みました!
インスタでもテレビでも有名なこの一品!

日本一高いたまごかけご飯(トリュフ)
5,000円!!

味をつけたご飯の上に
見た目だけでその弾力がわかる黄身が2つ!
(焼鳥のちょうちんの黄身)

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

その上に店員さんがたっぷりとトリュフを削ってくれました。

kumanoyakitori-rengadukuri-kuchikomi-okabero-osaka-tenjinbashi6choume-kakushiaji-uni

箸でつつく程度じゃ割れないハンパない黄身の弾力。
専用の器具?でプチンッと割ります。
この快感は写真じゃ伝わりません。動画です!

ご飯、卵、トリュフをぐちゃぐちゃと混ぜて、一口。
めちゃくちゃ美味しかったです!
一杯5,000円もだしてるんですから、美味しくないと困りますが。笑

ただ、トリュフの風味が弱く、良質なトリュフを使ってないと思うので、ノーマルのたまごかけご飯 480円でも十分かと思いました。

そしてお酒ですが、何を持ち込んでもボトル1本1,000円という破格。その優しさに甘えて、シャンパンと赤ワインを持ち込みました。
嫌な顔もまったくされず、寛大なお店だと思います!

なのでトリュフのたまごかけご飯を頼んでなかったら、コースとお酒でお会計1人5,000円もしなかったと思います。

コスパ良すぎ!!!

熊の焼き鳥の営業時間や場所

所在地:大阪府大阪市北区天神橋6-3-26 レンガ通り内

予約・お問い合わせ :06-6353-6330

  • “食べログ会員限定”ネット予約で来店するともれなく全員にANAのマイルをプレゼント! 

予約可否:完全予約制

営業時間:[日〜月]16:00〜予約可能時間23:00

  • 予約の分ネタを仕入れるので当日のキャンセルはご遠慮ください。

定休日:不定休 ほとんど休みなし

サービス料・チャージ:チャージ 1000円 (非会員同士の来店は2000円)

席数:15席(カウンター11席 テーブル(4〜6席))

禁煙・喫煙:完全禁煙 

個室:(4人可、6人可)/半個室(テーブル)

貸切:(20人以下可)

駐車場:無、近くにコインパーキング有り 

アクセス:

  • 地下鉄天神橋筋六丁目駅下車 徒歩1分 ※レンガ通りの中、天神橋筋六丁目駅から148m
  • 地下鉄谷町線①番出口 徒歩30秒  堺筋線③,⑧番出口 徒歩1分
  • JR環状線天満駅下車 徒歩7分 ※商店街北側に歩く
  • 大阪駅からタクシーでワンメーター(10分)

まとめ

この店の人気の秘密は、焼き鳥の焼き上げの旨さにあるようですね。

備長炭の遠赤で時間をかけてじっくり焼き上げると同時に鶏の脂を炭に落としその煙で燻し焼きするそうです。

口コミでは、その焼き上げについて高い評価が幾つかありました。

店主の熊森氏は高校のときのアルバイトから焼き鳥に携わっており、この店はほとんど休みなしや「毎日予約の分ネタを仕入れる」という姿勢からも、熊森氏のやる気と熱意が出ている感じがしました。

たまごかけご飯(トリュフ)については5千円という値段で、幾つかの評価はあまり良くないようでしたので、スープ茶漬けがおススメですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする