なるみ岡村過ぎるTV!和歌山の活魚割烹 黒潮丸のぼたん鍋!口コミ

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

再放送のなるみ・岡村の過ぎるTVの「ダシまで飲み干したくなるお鍋」で和歌山の黒潮丸のぼたん鍋が紹介!

和歌山市六十谷にある活魚割烹「黒潮丸」は店主が漁師で鮮度の高い刺身を始め、本格海鮮料理店で、鱧料理(はもちり・はもすき)がおススメですが!

ここの名物は、ぼたん鍋4,000円(期間限定11月~)

その他、鹿肉の刺身900円も!

名物のぼたん鍋は、かつおベースに白味噌と合わせ味噌で、猪肉の臭みを一切感じさせないように仕上げています!猪肉はヘルシーであっさり! 最後の〆うどんは肉の旨味がたっぷりの味噌だしで煮込んでいるので絶品!

この活魚割烹「黒潮丸」の口コミ情報、営業アクセスを報告します。

kuroshiomaru-kaisen-kappou-botan-nabe-kuchikomi-wakayama

kuroshiomaru-kaisen-kappou-botan-nabe-kuchikomi-wakayama

画像元:食べログより

スポンサーリンク



活魚割烹「黒潮丸」のクチコミ評価

以下、食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

ぼたん鍋の口コミは見つかりませんでしたが、投稿画像はありました。

kuroshiomaru-kaisen-kappou-botan-nabe-kuchikomi-wakayama

なるべく最新の口コミを掲載します。

食べログ

★5つ評価:3.06(7件)(料理・味:3.06、サービス:3.06、雰囲気:3.06、コストパフォーマンス:3.06、酒・ドリンク:3.00)

口コミ:2016年9月(2017年1月再訪問) 男性

評価:3.5(料理・味:3.5、サービス:2.5、雰囲気:2.5、コストパフォーマンス:3.5、酒・ドリンク:1.5)

安くて豪快な居酒屋@黒潮丸(和歌山)

JR六十谷駅から西へ徒歩10分程。「六十谷一番街」と称する飲み屋街の奥にある。といってもその名前ほどの雰囲気のあるところではなく、単なるバラックの倉庫街の有効利用である。一番奥は駐車場になっておりここにある数店の共同利用である。
店を入って左側に座敷がある。筆者が行ったときには三組の宴会があった。カウンターは狭くどちらかというとグループできた方がいいようだ。ただし主人と奥さんだけでやっている店なので、座敷からの追加注文にはなかなか対応が難しいようにうかがえた。
さて肝心の料理だが、漁師料理だけに魚介類が中心。浜から上がった魚ばかりみたいな宣伝文句だか、明らかにそうではないのも見受けられる。しかしメニューには「これは冷凍です」と書いているのもあって、このあたりは良心的である。
よこの刺身とアナゴの天ぷらを注文。

kuroshiomaru-kaisen-kappou-botan-nabe-kuchikomi-wakayama

kuroshiomaru-kaisen-kappou-botan-nabe-kuchikomi-wakayama

一人では多すぎるぐらいの量だ。味も美味しい。写真掲載の量で2500円は安いと思うはずだ。ただし洗練さはないからハレの日には使えないが、ある程度関係の進んだカップルならいけると思う。
注意したいのはドリンク類が弱いことである。サワーの種類もライムとレモンぐらいしかなかったと思うし、ジントニックやカクテルもない。刺身に合わないから提供していないのだろうが、居酒屋チェーン店に慣れている人は注意したほうがいい。
それと嫌煙家の筆者にはありがたいことだが、店内は全面禁煙で、喫煙は外ですることになる。
とにかく量が多いので一人でいろいろな料理を頼めないので、数人で行った方がいいと思う。

2017年1月再訪問
ブリの刺身を食べた。美味しいです。ただカウンターに座ったらすきま風直撃で寒かった。

活魚割烹「黒潮丸」の営業アクセス

住所:和歌山県和歌山市六十谷1 

電話:073-462-7776

予約可否:予約可

営業:17:00~22:00(LO21:30)、日曜営業

定休日:月曜日

アクセス:六十谷駅から809m

まとめ

正月の再放送(2018年11月放送)でしたが、個人的には「ぼたん鍋」で興味がわき、さらに店主が漁師ということで、チェックしておくべきとして取り上げました。

ぼたん鍋の口コミがありませんでしたが、その画像を投稿した人が再度訪問しておりましたので、おそらく良い評価だと思います。それと鹿肉の刺身にも興味深々!

漁師の店なので、鮮度が良いと思います。口コミにも書いてありましたが、一部冷凍保存しているものもあるようです。

ただ店主が漁師なので、魚や魚料理に関する情報が得られそうですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする