熊野の八咫烏(やたがらす)子供マラソン!パワースポットで運気を!

スポンサーリンク



marason-kumanohongu-yatagarasu

みなさん、こんにちは

上の写真は熊野本宮(世界遺産)の八咫烏(やたがらす)です。

11月26日(日)に『八咫烏三人駅伝と子どもマラソン』が開催!(申し込みは11月8日まで

フラットなコースで初心者でも走りやすく、自然の中を散歩するような感覚です。

なんと、子どもマラソンは参加費無料!!11月8日まで!!

子どもマラソンに参加し、世界遺産を味わい、日本有数のパワースポットで運気アップ!

ここでは、『八咫烏三人駅伝と子どもマラソン』、八咫烏熊野本宮周辺のおススメ(温泉、アウトドア宿、名所・・)を紹介します

スポンサーリンク



八咫烏三人駅伝と子どもマラソン

詳細は、以下のところに連絡し申込用紙をダウンロード後、郵送することになります。

  • 〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮219番地 本宮教育事務所内
  • 八咫烏三人駅伝実行委員会  TEL 0735-42-1164

★ここでは大まかなことを説明しておきます。

  • 日時:平成29年11月26日(日曜日)
  • 子どもマラソン ス タ ー ト 10:00 (低学年) 、 10:10 (高学年)
  • 駅伝スタート 10:30
  • 駅伝部門:一般の部(男子・女子)、中学校の部(男子・女子)
  • 子どもマラソン:小学低学年(男子・女子)、小学高学年(男子・女子)
  • 距離:駅伝部門(3区間9キロ)、子どもマラソン:低学年(1キロ)、高学年(2キロ)
  • 子どもマラソンは保護者同意必要です。
  • 伴走は禁止
  • 駅伝の部は1チーム3名 など
  • 参加費:駅伝一般のみ(1チーム4千円)

八咫烏(やたがらす)

中国の古典では、太陽の中に三本足の烏がいるとされています。

熊野では八咫烏が神の使者と言われ、

神武天皇が奥深い熊野の山野に迷ったときに、タカミムスビ(日本神話の神)によって三足烏が神武天皇の元に遣わされ、熊野から大和への道案内をしたと言われています。

熊野本宮では八咫烏

  • 人の道開きの開運、人生、目的達成
  • 現在地~目的地の間、無事に到達する意・海上安全・交通安全・旅行安全・通学安全の守護として仰がれています。

また日本サッカー協会のロゴマークは

marason-kumanohongu-yatagarasu

右の鳥が、八咫烏です。

昭和6年にサッカー協会で採用したシンボルマークです。

サッカー協会の説明では

JFA旗に描かれた三本足の烏は、日の神=太陽を表しています。光が輝いて四方八方を照らし、球を押さえているのは私たち日本のサッカー界を統制・指導することを意味しています。

是非使ってみてほしいのが、

marason-kumanohongu-yatagarasu

この八咫烏のポストは通常投函ができ配達してくれます。社務所で記念の八咫烏スタンプを押すことができます。

熊野本宮周辺のおススメ(温泉・アウトドア・名所)

温泉(つぼ湯)

ここでのおススメの温泉第一は

湯の峰温泉(公衆浴場)のつぼ湯(世界遺産)です。

私は丁度1年前にも久しぶりに行きました。

marason-kumanohongu-yatagarasu

ここには、1組ずつ入浴します。

川沿いにある小屋の中は下に降りるようになっており、浴槽が下にあり、階段のところで着替える形になります。

カギは小屋の中から締めます。

料金を払った際に番号札をもらいますので、小屋の戸の外側に掛けてから締めます。

一組30分の制限時間はありますが、誰かが監視している訳ではないので、利用者同士で気をつかいあいます。

通常はいつも熱い湯です。他の人が入った後なら適温になっていますが、誰も入っていないときなら、入るときには注意を!!

ちなみにつぼ湯の料金は大人770円、12歳未満460円

つぼ湯料金には、公衆浴場の料金も入っています。

下の写真の川の左手に囲ったところがあります。そこに温泉が湧いて出ており、地元の人はそこで温泉たまごにしています。自由に使えますよ。

marason-kumanohongu-yatagarasu

アウトドア・温泉(クアハウス熊野本宮)

ここの温泉もおススメしますが、

ここのバンガローを一番薦めたい!!

私はここのバンガローは5回利用させてもらいました。

折角、熊野本宮に家族で来たのなら、BBQか、鍋パーティも!!

バンガロー:5人用×3棟、7人用×3棟、9人用×4棟

設備

  • 各棟に水洗トイレ、ミニキッチン完備
  • 寝具・冷蔵庫・エアコン(有料)・2口ガスコンロ
  • まな板・包丁・フライパン・ヤカン・両手鍋・ハンゴウ・バーベキューコンロ(網、鉄板、石炭などはない)

料金(税込み)

  • 5人用(1部屋;和室・キッチン・水洗トイレ)16,200円(平日9,720円)
  • 7人用(2部屋;和室・2段ベット・キッチン・水洗トイレ)17,280円(平日10,370円)
  • 9人用(2部屋;和室・2段ベット・キッチン・水洗トイレ)18,360円(平日11,020円)

※クアハウスの温泉がありますので、それの入湯税(150円)は別途必要

なんと、日帰りバンガローをやっています。

以前はありませんでした!!

  • 基本利用料(11時~16時)1棟:5,400円
  • 土日利用 1棟:6,480円
  • 延長料金 1,080円/時間

詳細は問合せてください。

クアハウス熊野本宮『湯バイバル・モア』

〒647-1733 和歌山県田辺市本宮町渡瀬45-1

TEL 0735-42-1777(受付10時~21時)

★ここに宿泊して熊野古道コースが幾つかありますよ

marason-kumanohongu-yatagarasu

温泉施設

泉だけを楽しむには、家族・親子で行ってゆっくりできるところです。

「気泡浴」「うたせ湯」「蒸気浴」等の幾つかの浴槽があります。

夏場であれば、外に温泉プールがあります。

料金:大人620円、子ども310円(小学生まで)

営業時間:10時~21時

休館日:木曜日

熊野本宮・パワースポット

熊野本宮そのものがパワースポットと言われています。

marason-kumanohongu-yatagarasu

世界遺産

紀伊山地の霊場と参詣道

熊野本宮大社 旧社地大斎原

と書いてあります。

大斎原(おおゆのはら)には、

marason-kumanohongu-yatagarasu

まさにここがパワースポットの1つです。

まとめ

今回、『八咫烏三人駅伝と子どもマラソン』をきっかけに、熊野本宮周辺の楽しみを紹介させて頂きました。

熊野本宮の参拝には、これまでも多くの経営者や有名人も訪れています。

2015年に安倍総理も訪れ、政権運営の安定を祈願していますよ。

車で五條市から来ると谷瀬の吊り橋がありますが、道が狭く山道ですので、阪和自動車の南紀田辺ICからくる方がよいかもしれません。

子どもを1キロか2キロのマラソンに参加させて、家族で熊野本宮大社の階段を上りますと新鮮な空気やパワーを!!

大斎原(おおゆのはら)はホントに大きい!!

その分パワースポットかな。

家族でつぼ湯も楽しいです。

最後に

★クアハウス熊野本宮 ステイ・モア・バンガローはココ

★八咫烏三人駅伝と子どもマラソンの大会要項申込はココ

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする