おはよう朝日!新大阪のまるでさんかくの天然鯛白湯らーめん!口コミ

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

おはよう朝日です!紹介の新大阪にある〇de▽まるでさんかく鯛白湯らーめん

ここでは国産天然真鯛のアラとだけで8時間煮詰めた濃厚スープと、数種類の貝をつかったかえしを合わせた鯛白湯スープ

それに鯛のほぐし身をつかった贅沢な鯛白湯「とろり」880円は絶品!

marudesankaku-taipaitan-torori-sarari-chururi-kuchikomi-ohayoasahi-shinosaka

画像元:食べログより

麺は自家製麺の中細ストレート! 具材のメンマは〇と▽!

鯛だしで炊いた鯛めし(小)150円を注文し、らーめんスープをレンゲ2杯を入れると茶漬けのように楽しめます!

〇de▽まるでさんかくの口コミ情報、営業アクセスを報告します。

marudesankaku-taipaitan-torori-sarari-chururi-kuchikomi-ohayoasahi-shinosaka

marudesankaku-taipaitan-torori-sarari-chururi-kuchikomi-ohayoasahi-shinosaka

画像元:食べログより

スポンサーリンク



〇de▽まるでさんかく 鯛白湯らーめんのクチコミ評価

以下、食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

食べログ

★5つ評価:3.56(66件)(料理・味:3.75、サービス:3.74、雰囲気:3.95、コストパフォーマンス:3.44、酒・ドリンク:3.60)

口コミ:2019年1月男性

評価:3.5(料理・味:3.4、サービス:3.6、雰囲気:3.5、コストパフォーマンス:3.5、酒・ドリンク:-)

ゴールドの鉢で登場!「鯛白湯 とろり」@「鯛白湯らーめん ○de▽(まるでさんかく)」

「鯛白湯らーめん ○de▽(まるでさんかく)」に行ってきました。
最寄駅は新大阪駅になります。大阪市西区江戸堀にある「鶏Soba座銀」の新ブランド店です。

marudesankaku-taipaitan-torori-sarari-chururi-kuchikomi-ohayoasahi-shinosaka

まず、店名が面白いですよね。「○de▽」と書いて「まるでさんかく」と読ませます。
窓も○と▽です。「△□○」と書いて「みよまる、340」という名前の会社は知っていますが。

「鯛清湯 さらり」(850円)もありましたが、迷わず「鯛白湯 とろり」(880円)にしました。

marudesankaku-taipaitan-torori-sarari-chururi-kuchikomi-ohayoasahi-shinosaka

何と金ぴかのド派手な鉢で出て来ました。毎日先着5名様のみの限定サービスだそうです。(4番目でした)
どんな加工が施してあるんでしょう?金無垢だと嬉しいのですが。表面は柔らかいので細かい傷が一杯付いていました。

marudesankaku-taipaitan-torori-sarari-chururi-kuchikomi-ohayoasahi-shinosaka

トッピン具は、チャーシューメンマ生タマネギのみじん切り鯛の身木の芽にオレンジ色はパプリカ粉でしょうか?

しっかりとしたメンマは、○と▽の形です。▽はカットで、○は抜型で抜いていますね。周りは捨てているのかな?芸術作品です。

スープを飲む前から鯛の香りがガツンと鼻腔をくすぐります!
ブレンダーで泡立てられたスープをひと口・・・・。クリーミーで、(゚д゚)ウマー!!!!!
天然真鯛を8時間も煮詰めているそうです。これぞ初めて聞いた「鯛白湯」ですね。
ほぐした鯛の身もとても美味しいです。何か鯛一匹丸ごと食べたような感覚に陥りました。^^

「鯛白湯」、「ゴールドの鉢」、店名、デザイン、店員さんの蝶ネクタイ・・・すべてが斬新なラーメン屋さんです。

ローストした天然真鯛の中骨(あら)から丁寧にダシをとり、上品な鯛の香り鯛清湯さらり(鯛塩ラーメン)850円は、す・またんのラーメンファイルで紹介されました。

すまたん!新大阪の〇de▽の鯛塩ラーメンの鯛清湯さらり!口コミ!

〇de▽まるでさんかく 鯛白湯らーめんの営業アクセス

場所:大阪府大阪市淀川区西宮原1-5-6 

電話番号:06-6152-6370

予約可否:予約不可

営業時間:

  • (月〜土)11:00~14:30 18:00~22:00
  • (日・祝)11:00〜14:30

定休日:12月31~1月3日休業

アクセス:地下鉄御堂筋線新大阪駅より徒歩5分、新大阪駅から561m

まとめ

数種の貝のかえしに牡蠣やイタヤ貝などを使用しているようです。

提供時に、そのかえしに白湯スープで割り付けているということですね。

鶏だしや豚骨の場合は動物性の脂の旨味やえぐみがあるのですが、鯛のだしでは深み?がない分、貝のかえしでうまく補い、コク深い味わいになっているのでしょうか。

おはよう朝日!ギオン ダック ヌードルズの鴨白湯らーめん!口コミ

京都祇園のギオン ダック ヌードルズ(Gion Duck Noodles)の鴨白湯スープ紹介!和歌山有田ブランド紀州鴨と生姜、大蒜など香味野菜と5時間煮込み砕いて白濁させた濃厚鴨白湯!自家製麺は石臼でひいたドイツ産ライ麦配合のもっちり麺!鴨肉チャーシューに有田みかんエスプーマ!麵屋麓の2号店!口コミ報告します。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする