高山みか(大阪維新会)は会社と兼業?議員の報酬月給や期末手当は?

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

10月22日の大阪市議会の補欠選挙にて、高山みかさんは見事に当選(3万1018票)しましたね。

高山みかさんは10月に勉強会、11月は市政改革特別委員会や視察などの活動をされていました。

mika-takayama-housyugekkyu

勉強会の画像元:https://twitter.com/m_takayama_1992より

ところで、高山みかさんは、当選後でも「民間証券会社勤務」(大阪維新会メンバーHPにて)となっていますので、おそらく会社員のまま兼業議員活動しておられます。

他の市会議員って兼業してる?(仕事と両立できる?)

大阪府会議員の報酬(月給)は幾ら?

期末手当(ボーナス)は幾ら?

などの疑問が沸いてきましたので、調査しました。

スポンサーリンク



市議会議員の兼業状況

2016年の全国813市の市議会議員19,284人の実態では、専業で市議会議員をやっている人は8,157人(42.3%)、兼業をしている市議会議員は11,127人(57.7%)

兼業の業種で多い順は、農業・林業:議員全体の13%(2,508人)、卸小売業:6.1%(1,174人)、建設業:4.2%(815人)・・・

その地域の有力者をイメージするような業種ですね。

そういえば、地方の議会、特に過疎化が進んでいるところは議員になる若者がいないなどの話もありますし・・・

大阪市議会の定例会

定例会の回数は年に2回

定例会の会期は150日間

高山みか(大阪市会議員)の報酬月額(給料)

市会議員の報酬月額は88万円です。

現在は12%カットで、77万4000円ですね。

高山みか(大阪市会議員)の期末手当

期末手当の計算方法

報酬月額)×20/100+(報酬月額)=合計額

6月の期末手当:合計額×1.9

12月期末手当:合計額×2.05

となっています。

市会議員の期末手当は?

ここでの「報酬月額」88万円で計算されます。(12%カットはされませんね)

6月の期末手当は、200万6400円

12月の期末手当は、216万4800円

市会議員の年収は?

報酬年額は、報酬月額77万4000円×12か月=928万8000円

年収(報酬+期末手当)=1345万円9200円

まとめ

今回、高山みかの兼業?を題材にしましたが、

全国の市議会議員では11,127人(57.7%)兼業だそうです。

しかし、一般的な会社員である人はほとんどいないようですし。

高山みかさんの場合は、今年に社会人になっているので、会社の仕事の勉強と市会議員としての勉強と活動はかなり難しいのではないかなと思います。

とりあえず、両立を目指して、今後の資金として議員報酬をうまく使ってほしいですよね。

あくまでも今後も議員として頑張ってもらうことが前提ですけど。

高山みか(大阪市議会に大阪維新)経歴や大学!年齢?活動と公約は!

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする