東京五輪の開閉会演出の振付のmikikoの「恋ダンス」始め経歴!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の制作体制が昨日の30日に決定し発表されました。

そもそも昨年12月に設置された「総合プラニングチーム」の8人がそのまま継続する形となり、

2大会4式典の総合統括に狂言師の野村萬斎氏(52)、

五輪担当統括に映画監督の山崎貴氏(54)、

パラリンピック担当統括に佐々木宏氏(63)が就任!

その他のメンバーには、映画プロデューサーの川村元気(39)、クリエーティブプロデューサーの栗栖良依(40)、音楽家の椎名林檎(39)、クリエーティブディレクターの菅野薫(40)、演出振付家のMIKIKO(40)の5名となります。

ちなみに広告クリエーティブディレクターの佐々木氏は、椎名、菅野、MIKIKOの3名と共に、2016年リオデジャネイロのハンドオーバーセレモニー(東京大会への引き継ぎ式)の演出チームとして安倍首相のマリオを演出しました。

今回、「恋ダンス」で広く有名になった、MIKIKOはどんな人なのかプロフィール含めた経歴を調査し報告します。

mikiko-tokyo5rin-furitukeshii-koidance

画像元:Dentsu Live Presents より

スポンサーリンク



MIKIKOの経歴(プロフィール)

MIKIKOのプロフィール

  • 本名:水野幹子
  • 誕生日:1977年8月11日(現在40歳)
  • 生誕地:東京
  • 出身地:広島県(父の転勤にて)
  • 結婚:未婚(まだ結婚はしていないようです)
  • 家族:両親と三姉妹の末っ子
  • 職業:振付師、演出家

MIKIKOの経歴

  • 1991年頃(中学時代)にバトン部の一員として踊る楽しさを知る
  • 1994年頃(高校時代)にヒップホップダンス
  • 1996年~(19歳~)ダンス指導
  • 1999年(21歳)アクターズスクール広島が開校され、ダンス講師に。
  • アクターズスクール広島にperfume(第1期生)がおり、perfumeの楽曲すべての振り付け
  • 2000年 MAXのバックダンサー、ダンスグループVAX結成
  • 2005年(28歳)アミューズとマネジメント契約、本格的演出家
  • 2006年~2008年 米国留学(引き続きperfumeの振り付け)
  • 2009年 ELEVENPLAYを立ち上げ、テレビCMやコンサート演出
  • 2010年 さくら学院(女性アイドルグループ)およびその派生ユニットの振り付け
  • 2012年 「Canコレ!」振り付け担当
  • 2014年 初音ミク(ボーカル音源)と共にレディー・ガガのコンサート前座を務める
  • 2016年 リオデジャネイロ五輪閉会式ハンドオーバーセレモニー(安倍首相マリオ)の芸術パート担当
  • 2016年 TV「逃げるは恥だが役に立つ」エンディング「恋ダンス」の振り付け
  • 2017年 デジタルメディア協会より「AMD Award ’16 審査員特別賞」を授与
  • 2017年 『VOGUE JAPAN Women of the year 2017』を受賞
  • 2018年 東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチームに就任

MIKIKOの実績

以下は「MIKIKO-Wikipedia」より引用しています。

更なる詳細は「MIKIKO-Wikipedia」参照してください。

アーティスト(MIKIKOの実績)

ほんの一部を抜粋しています。(7割程度は省略)

  • Perfume
  • さくら学院
  • CHEMISTRY
  • 青山テルマ
  • 平井堅
  • ゲスの極み乙女
  • 椎名林檎
  • 星野源

他多数

CM(MIKIKOの実績)

ほんの一部を抜粋しています。(半分以上は省略)

  • 積水化学工業 『セキスイハイム「おひさまハイム」編』(2008年)
  • 森永製菓 『BAKE』(2009年)
  • 積水化学工業 『セキスイハイム「あったかハイム」編』(2009年)
  • アイケイコーポレーション 『バイク王』(2009年)
  • パルコ 『Xmas SALE』(2009年)
  • 積水化学工業 『セキスイハイム「おひさまハイムプラス」編』(2010年)
  • 江崎グリコ 『アイスの実「ミミミミミ」篇』(2010年)
  • アサヒビール 『アサヒスーパードライ』(2010年)
  • 日清食品 『カップヌードルライト』(2010年)
  • サントリー 『C.C. Lemon』(2010年)
  • ペプシコーラ 『PEPSI NEX「Perfume×Lovefool」篇』(2010年)

(2010年~2011年は多いので10数個省略)

  • キリンビール 『氷結「Sparkling」篇』(2011年)
  • ノーリツ 『エコ*リラ*キレイ「ひまわり少女」篇』(2011年)
  • auひかり 『auひかり「アンナ家族」篇』(2011年)
  • カネボウ化粧品 『ストナリニ「ダンス広場」篇』(2011年)
  • イオン 『いまこそ5いまこそ!値下げの5日間』(2011年)
  • 江崎グリコ 『ポッキーチョコレート「メッセージ」篇』(2011年)
  • 佐藤製薬 『ストナリニS』
  • キリンビール 『氷結「Triple Screen」篇』(2012年)
  • 不二家 『カントリーマアム「マアム犬」篇』(2012年)
  • カンロ 『ピュレグミ「恋の味」篇』(2012年)
  • ソニー 『ウォークマン「踊ろう」篇』(2012年)
  • キリンビール 『氷結「MAGIC MOMENT」篇』(2012年)
  • カルピス 『カルピスソーダ「スーパーシズルLIVE」篇』(2013年)
  • カンロ 『ピュレグミ「ピュレグミは、恋の味。」2013春』(2013年)
  • 『国民年金基金』(2013年)
  • JTビバレッジ 『桃の天然水「ももも」篇』(2013年)
  • ソニー 『Xperia A SO-04E「PICTURE EFFECT」篇』(2013年)
  • エーザイ 『美チョコラコラーゲン「響け、うるおい」篇』(2013年)
  • ソフィ 『はだおもい「走る女」篇』CM(2013年)
  • 花王 『キュキュット「ママはアイドル」篇』(2014年)
  • エーザイ 『チョコラBBプラス「お肌に自信」篇』(2014年)
  • ダイドー 『ダイドーブレンド 泡立つデミタス エスプレッソ「SHAKE TRICK」』Web CM(2014年)
  • 中電工『企業CM「快適パフォーマンス」篇』(2017年)

ライブ・イベント(MIKIKOの実績)

  • 福山雅治ライブ(2010年~2011年)
  • さくら学院
  • レディー・ガガ(2014年)
  • 椎名林檎ツアーなど

他多数

他にも実績は多数ありますので省略します。

まとめ

今回のMIKIKOの振り付け師(演出家)のような方々は裏で支える形なので、表舞台ではなかなか見えにくいものですね。

リオ五輪閉会式のハンドオーバーセレモニー(東京大会への引き継ぎ式)は安倍首相のマリオ姿だけが頭(記憶)に残りますし、テレビ番組「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングで流れる映像の新垣や星野の「恋ダンス」の踊りだけです。

CMの実績もなんと多いことにビックリですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする