猫猫寺の猫アート!猫作家の加悦雅乃のプロフィールや家族!作品紹介

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

「猫猫寺(にゃんにゃんじ)」京都八瀬(やせ)にあります。その八瀬は、大原三千院の南側の地域になります。

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

画像元:猫猫寺HPより

この猫猫寺には猫アートギャラリーがあり、その作品は猫作家加悦雅乃(かせみやの)さんです。イケメンの人気アーティスト

今回、このイケメン猫作家の加悦雅乃のプロフィール・経歴、受賞、作品の調査をしました。

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

画像元:なんば経済新聞より

スポンサーリンク



加悦雅乃(かせみやの)のプロフィール・家族

1999年(平成11年)京都の猫猫寺のオーナー夫妻の長男として生まれる

2歳から筆をもって、いつも絵を書いており、家に猫がいることもあって猫を題材として描くことが多かったそうです。


2011年、小学6年生の時「ひだまり」という題で猫の絵を描き第47回新創美術展において初出展ながら尼崎教育長賞を受賞する。

作品「ひだまり」

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

画像元:saishikikoubou REN – 彩色工房 蓮より

父は、神社仏閣の彩色を職業とし、母は絵画教室を営んでいます。

猫猫寺は、父の加悦徹が「猫」を御本尊とした世界初の本格的寺院型テーマパークとしてプロデュースしたものです。

猫猫寺には、イヌ・ネコ手作り雑貨の店「little footmark REN」、様々な作品展等が開催されるギャラリースペース、2つのカフェ部屋があります。カフェには夏季限定のかき氷や軽食メニューもあります。

加悦雅乃(かせみやの)の作品

以下の作品は、「saishikikoubou REN – 彩色工房 蓮」より引用しています。

招き猫(13歳)

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

鳳凰のデザイン(13歳)

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

招き猫(14歳)

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

シャッター1(14歳)

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

月猫(14歳)

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

関西テレビ「よーいドン!」に出演(となりの人間国宝さんに認定)

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

恵比寿・大黒猫(15歳)

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

心斎橋大丸「猫マルシェ」

miyano-kaya-nyannyanji-neko-art-profile-kokoiro-kyoto-yase-kazoku-sakuhin-manekineko

※作品の一部を引用していますので、さらにご覧になりたい方はこちら「saishikikoubou REN – 彩色工房 蓮」か、instagram にも多くあります。

加悦雅乃(かせみやの)の経歴

画歴

2009年
○第21回 京都市小学生絵画展 入選
2010年
○第22回 京都市小学生絵画展 入選
○消防の図画コンクール 金賞(最優秀賞)受賞
2011年
○第47回 新創美術展 尼崎教育長賞受賞
2012年
○第48回 新創美術展 京都市長賞受賞
○第3回 二葉葵展に出展(上賀茂神社 庁屋で展示)
○関西テレビ「よーいドン!」に出演(となりの人間国宝さんに認定)
○京都新聞に「小さな巨匠展」出展の様子を掲載
2013年
○第49回 新創美術展 神戸市教育委員会賞受賞
○第4回 二葉葵展に出展(上賀茂神社 庁屋で展示)
○NHK「ティーンズプロジェクト フレフレ」に出演
(プラザ修学院のシャッターに招き猫を描く)
○町屋ギャラリー 風の倶楽部で「町屋で猫祭り」に出展
○京都新聞 都のきらっ人でネコ作家として活躍する様子を掲載
○大丸京都店「洛猫コレクション」に出展
○大丸心斎橋店「猫マルシェ」に出展
2014年
〇第50回 新創美術展に出展
〇第5回 二葉葵展に出展(上賀茂神社 庁屋で展示)
2015年
〇松山庭園美術館 「猫ねこ展覧会2015」 画廊宮坂賞受賞
○第48回 新創美術展 京都市長賞受賞
○第3回 二葉葵展に出展(上賀茂神社 庁屋で展示)
○関西テレビ「よーいドン!」に出演(となりの人間国宝さんに認定)
○京都新聞に「小さな巨匠展」出展の様子を掲載
2013年
○第49回 新創美術展 神戸市教育委員会賞受賞
○第4回 二葉葵展に出展(上賀茂神社 庁屋で展示)
○NHK「ティーンズプロジェクト フレフレ」に出演
(プラザ修学院のシャッターに招き猫を描く)
○町屋ギャラリー 風の倶楽部で「町屋で猫祭り」に出展
○京都新聞 都のきらっ人でネコ作家として活躍する様子を掲載
○大丸京都店「洛猫コレクション」に出展
○大丸心斎橋店「猫マルシェ」に出展
2014年
〇第50回 新創美術展に出展
〇第5回 二葉葵展に出展(上賀茂神社 庁屋で展示)
2015年
〇松山庭園美術館 「猫ねこ展覧会2015」 画廊宮坂賞受賞

まとめ

インスタグラムの方には多くの作品がありますが、今回はsaishikikoubou REN – 彩色工房 蓮」にあった作品の方が作成した年齢や加悦雅乃と作品が映ったり、作成中の写真があったので、それらを使いました。

こんなに色々な猫を描けるのは、ホントに絵を書くのが好きで、猫が好きなんだな~と思いました。北加賀屋で壁絵(ウォールアート)をしてほしいなぁと思いました。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする