フォトぶら!中井春風堂の本葛餅・本葛切り!賞味期限10分!口コミ

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

雨上がり決死隊のフォトぶら 奈良吉野にある、中井春風堂(なかいしゅんぷうどう)の吉野本葛餅・吉野本葛切りが紹介されました。

吉野本葛餅800円、吉野本葛切り800円!

この店では、吉野本葛餅、吉野本葛切りの賞味期限が10分なので、注文を受けてから作ります。

また店主・葛菓子職人がお客様の前で、葛の話と、純白の葛粉が透明に変化する様子を実演披露し、葛餅や葛切りを提供しています。

中井春風堂の口コミ情報と営業アクセスを紹介します。

スポンサーリンク



中井春風堂の吉野本葛餅・吉野本葛切り クチコミ評価

以下、食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

ランチの口コミは4年前なので、最近の夜の口コミです。

食べログ

★5つ評価:3.19(18件)(料理・味:3.78、サービス:3.60、雰囲気:3.80、コストパフォーマンス:3.47、酒・ドリンク:3.00)

口コミ:2016年8月 女性

評価:3.6(料理・味:3.8、サービス:3.2、雰囲気:3.8、コストパフォーマンス:3.2、酒・ドリンク:-)

吉野本葛の繊細さを楽しむ

nakaishunpuudou-yoshino-kuzumochi-kuzukiri-kuchikomi-photobura-nara
そうか。なるほど。以前、奈良公園に近い
吉野本葛の専門店でいただいた葛切りも
釜揚げの温かいものだった。そう言う意味が
あったのか。

ほんのりと温かい葛餅。

nakaishunpuudou-yoshino-kuzumochi-kuzukiri-kuchikomi-photobura-nara

そして葛切り。

nakaishunpuudou-yoshino-kuzumochi-kuzukiri-kuchikomi-photobura-nara
仄かな味わい。なんとも言いようがないが
それが葛の味。あくまで仄かな風味なので
黒蜜なり黄粉なりでいただくが、そのまま
いただいて葛の味わいを探求するのも
ありだろう…黒蜜、黄粉はほんの少しでも
味わいがあって美味しいけれどね。黒蜜は
追加可能でたっぷりいただけるので、黒蜜が
好きな方であれば心ゆくまで…かな。

nakaishunpuudou-yoshino-kuzumochi-kuzukiri-kuchikomi-photobura-nara

葛餅と葛切りは硬さとカタチが違うだけ…
なのだけれど、カタチが違えば食感も違う。
単に舌で感じる味だけでなく、いろいろな
感覚で楽しみたいものだ。などと偉そうに
言ってみる。

注文ごとに作られる葛餅と葛切りは、店主の
制作実演を見せていただける(普通に店頭で
行うので注文しなくとも見られることも)。

これがなかなか面白い。理科の実験のごとく
白い葛が一瞬で透明になる瞬間などじつに
興味深い。

nakaishunpuudou-yoshino-kuzumochi-kuzukiri-kuchikomi-photobura-nara

nakaishunpuudou-yoshino-kuzumochi-kuzukiri-kuchikomi-photobura-nara

nakaishunpuudou-yoshino-kuzumochi-kuzukiri-kuchikomi-photobura-nara

nakaishunpuudou-yoshino-kuzumochi-kuzukiri-kuchikomi-photobura-nara

nakaishunpuudou-yoshino-kuzumochi-kuzukiri-kuchikomi-photobura-nara

簡単ではあるが、葛について
さっと流した知識が得られるのが楽しい
いろいろと蘊蓄はあるが、本葛にあらずば
葛に非ずとか、冷たい葛は葛に非ずのような
ことはなく、すべて認めた上でのお話なので
嫌味なところもない。これから、温かい葛、
冷たい葛をいただく際にはいつも思い出すん
だろうな。

ごちそうさまでした。

店内の奥は大きく窓が切られとても明るい。
眺めも良い。木の色と白が基調で清潔感が
あって気持ちがいい。スタッフのみなさんの
接客もいいね。

店頭にも掲示があるが、珈琲などの飲み物は
提供されていない。メニューは葛餅と葛切り、
葛菓子に葛湯の4品のみと清い。完全に葛に
特化している。こういうの素敵だ。

中井春風堂(吉野本葛餅・吉野本葛切り)営業アクセス

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山545

電話:0746-32-3043

営業時間:10:00~17:00

定休日:水曜日

アクセス:吉野駅から1,220m

まとめ

本葛で作った葛もち、葛切りは賞味期限10分!

これは、葛粉がでんぷんであり、でんぷんは水に溶けません。

が、加熱すると、でんぷんが糊化(こか)して、透明になり急速に粘りがでてきます。約55℃で糊化が起こり始め、でんぷんは水を吸収しますので、透明に見えます。

葛もち・葛切りは、約10分で冷めてきて、白濁していくということです。(これはでんぷんの老化といいます。)

その現象を目の前で見ることができるのは面白いですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする