大原洋人(サーファ-)の実績!他の五輪候補は?正式種目ルールは?

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

2020年東京オリンピックの追加種目に「サーフィン」が決定しています。

サーフィンの世界トップレベルの大会で頂点に輝いた実績をもつ大原洋人!!

世界最高峰のCTを目指し挑戦し続ける大原洋人をサポートする会社が発表されました。

2017年10月にglassy株式会社(東京都)とスポンサー契約

ohhara-hiroto-surfing-tokyo2020

画像元:https://www.atpress.ne.jp/news/142168より

今回、大原洋人のこれまでの経歴(プロフィール)実績の調査!

そして他の五輪候補選手は誰なのか?

また東京オリンピックの正式種目のサーフィンのルールはどのようなものなのか?

について報告します。

スポンサーリンク



大原洋人の経歴(実績)

ohhara-hiroto-surfing-tokyo2020

画像元:https://www.atpress.ne.jp/news/142168より

大原洋人(おおたに ひろと)のプロフィール

  • 生年月日:1996年11月14日
  • 身長:162cm
  • 体重:62kg
  • 出身地:千葉県長生郡一宮町(予定競技会場と同じ

大原洋人の経歴(実績)

  • 2004年(8歳)サーフィンを始める
  • 2009年(13歳)一般社団法人日本サーフィン連盟(NSA)主催の日本選手権で優勝
  • 2009年 プロ資格を取得(国内外の大会で様々なタイトルを獲得)
  • 2015年 世界最高レベルの大会「USオープン」にて、日本人初の優勝
  • 2017年 QS6,000のオーストラリアンオープンでの3位入賞
  • 同年 QS1,000のコミュニティプロジェクト・セントラルコーストプロで優勝
  • 同年 QS3,000のプロ・サンタクルーズ2017で3位
  • 現在 世界最高峰のCT(Championship Tour)を目指し、Qualifying Series(QS)で世界を転戦
  • 現在 QSランキング18位(11月現在)

サーフィン日本代表候補 男性選手(東京オリンピック)

大原洋人(おおたに ひろと)

 前章にて紹介済み

五十嵐 カノア(いがらし かのあ)

  • 生年月日:1997年10月1日
  • 身長:180cm
  • 体重:75kg
  • 出身地:カリフォルニア(アメリカ合衆国)
  • 両親とも日本人の元プロサーファー
  • 2000年(3歳)サーフィン始める
  • 2003年(6歳サーフィン大会に初出場初優勝
  • それ以降、数々のアメリカ国内の大会や世界ジュニア大会などで優勝
  • 2015年(18歳)サーフィン世界最高峰ワールド・チャンピオンシップ・ツアー(WCT)に最年少で参戦(日本人選手初の快挙
  • 五十嵐選手はアメリカと日本の二重国籍で現在アメリカを中心に活動

新井 洋人(あらい ひろと)

  • 生年月日:1995年3月24日
  • 身長:164cm
  • 体重:54kg
  • 出身地:神奈川県
  • 両親はサーフショップを経営
  • 1999年(4歳)サーフィン始める
  • 2007年(12歳)オーストラリアに渡り、本格的に競技として取り組む
  • 2010年(15歳)世界ジュニア選手権U16の4位
  • 現在はWCTへの参戦を目指して、WQSの大会を中心に海外で活躍

サーフィン日本代表候補 女性選手(東京オリンピック)

大村 奈央(おおむら なお)

  • 生年月日:1992年11月27日
  • 身長:153cm
  • 体重:50kg
  • 出身地:神奈川県
  • 2003年(11歳)初めてサーフィンする
  • 独学でサーフィンを始める
  • 2005年(13歳)日本代表に選ばれる
  • 2007年以降、国内のアマチュア大会で多くの優勝
  • 2010年にはJPSA(日本国内プロリーグ)に参戦
  • 同年ルーキー・オブ・ザイヤーと年間グランドチャンピオン史上最年少で獲得

ohhara-hiroto-surfing-tokyo2020

画像元:https://twitter.com/naoomuraより

田代 凪沙(たしろ なぎさ)

  • 生年月日:1997年5月14日
  • 身長:160cm
  • 体重:55kg
  • 出身地:神奈川県
  • 幼い頃から父親にサーフィンを教えてもらう
  • 2010年(13歳)日本代表としてISAワールド・サーフィン・ゲームズに出場し17位
  • 2012年中学生で全日本選手権を初制覇
  • 2013年高校1年生でプロ資格を取得
  • 2014年JPSA参戦の1年目ルーキー・オブ・ザイヤー年間グランドチャンピオン史上最年少で獲得
  • 2015年も年間グランドチャンピオンになる

川合 美乃里(かわい みのり)

  • 生年月日:2000年12月14日
  • 身長:160cm
  • 体重:52kg
  • 出身地:徳島県
  • 父親(元サーファー)6歳の時に母親と一緒に始める
  • 2013年(13歳)プロ資格は取得
  • 2014年JPSAには参戦
  • 2015年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得
  • 2016年には年間グランドチャンピオン
  • 2016年東京オリンピックの競技会場の釣ヶ崎海岸がる一宮町(千葉県)に移住・拠点を移す

西元 萌 エミリ(にしもと もえ えみり)

  • 生年月日:1999年6月6日
  • 身長:162cm
  • 体重:57kg
  • 出身地:ハワイ
  • 妹の西元梨乃ジュリもプロサーファー
  • 幼い頃から大会に出場
  • 2015年に姉妹揃ってプロ資格を取得
  • 2015年JPSA参戦1年目は8位
  • 2016年は年間2位の成績

五輪種目サーフィン(ショートボード)ルール

サーフィンで使用されるボードの種類

  • ショートボード(170cm~190cm)

競技内容

  • サーフィン競技は波を乗りこなすライディングの点数によって勝敗が決まります。

採点方法

  • 3~5人のパネルジャッジが採点し、ヘッドジャッジがそれをまとめます。

採点基準

  • 難易度が高い技、創造的で斬新な技を組み合わせることによって高得点になる。
  • 波の上でボードの方向を変える(マニューバー)は重要な要素。
  • 自然によって作り出される波を選ぶ際に、いかに良い波を選ぶかがポイントになる。
  • パワーやスピードなどは重要

勝敗の決定

  • 競技時間内に獲得した得点の中から、2本の高得点の合計点により勝敗が決まる2ウェーブ制が採用されます。

まとめ

大原洋人氏はすごい活躍ですが、他の候補選手もレベルが高いですね。

波のある海外でないと練習が難しいかもしれないので、両親の協力援助が必要ですね。

日本での開催で波が大丈夫なのか、ちょっと心配になりました。

2020年東京オリンピックで正式種目となった、ショートボードは、ダイナミックな演技やスピード感が期待できそうですね。

候補に有力な選手は、男性では大原洋人選手、女性なら大村奈央選手とのことですが、皆さん頑張ってくださいね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする