ほんわか紹介の京都「オモカフェ」の限定釜飯!お得情報とクチコミ!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

ほんわか紹介の京都の河原町駅近くomo cafe「オモカフェ」の限定釜飯!4月13日までの1週間限定です。

この店のメニューとクチコミを調査しました。

omo-cafe-honwaka-gentei-kamameshi-kyoto-kawaramachi

画像元:食べログより

スポンサーリンク



オモカフェのお勧めメニュー

一週間限定 桜鯛とトマトの釜飯セット¥1,550(税込)終了

この釜飯は、ベーコン、オニオンソテー(炒めたタマネギ)、桜鯛の刺身をお米の上に載せて、さらにトマトを丸ごと1個を入れて、かつおと鶏がらの特製だしで炊いた釜飯!

鰆の幽庵焼き、菜の花とサーモンの和え物、みそ汁のセット

ただし、4月13日金曜日まで

ごはんプレート ¥1,550(税込)

野菜とお魚やお肉をバランスよく使ったおかずのプレートに、ごはんとお味噌汁が付いたおすすめです。
★+100円で大盛り

【内容一例】
・豚ばら肉の西京味噌煮込み
・湯どうふ自家製なめ茸添え
・ポテトサラダ
・ブロッコリーとベーコンのオムレツ
・蒸し鶏 きゅうりと玉葱ソース
・冬瓜と水茄子コンソメゼリー

omo-cafe-honwaka-gentei-kamameshi-kyoto-kawaramachi

画像元:食べログより

omo cafe公式HPはこちら

オモカフェの営業時間や場所

住所:京都府京都市中京区梅屋町499 

お問合せ:075-221-7500

営業時間:11時~22時(ラストオーダー21時)

定休日:不定休

omo-cafe-honwaka-gentei-kamameshi-kyoto-kawaramachi

阪急京都線「河原町駅」より徒歩6分(450m)

オモカフェのクチコミ評価

食べログ

★5つ評価:3.51(62件)(料理・味:3.52、サービス:3.42、雰囲気:3.55、コストパフォーマンス:3.30、酒・ドリンク:3.08

クチコミ抜粋:2016 年2月訪問 女性

総合:4.0(料理・味:ー、サービス:ー、雰囲気:ー、コストパフォーマンス:ー、酒・ドリンク:ー)

お店は京町家を改装したオシャレなカフェ

京都・四条通りから麩屋町通を上ル180m

和スイーツと創作ごはんのカフェ omocafe(オモカフェ)

店内からは中庭も見える雰囲気が最高のロケーション

父娘は奥行きのあるゆったりとしたカウンターへ座りました。

この日は寺社仏閣をかなり歩いたので喉を渇いており、まずは「ちょこっとひとくち生ビール」をオーダー

器は桂由美銅ビアグラス  これは渇いた喉に染み入ります。

ビールもこんなロケーションでこんな器で飲むと一段と美味しく感じますね。

そして、食事は本日の「ごはんプレート」

プレートが出て来る前に前菜が登場!

コーンとツナが効いていて感動!

でっ、ごはんプレート登場!

オービューティフル!

まずは右手前にあるローストポーク赤ワインポン酢から食べます。

このローストポークを食べてるとさらにお酒が欲しくなりましたが、この日は夜もあるので封印

次に「九条ネギと椎茸のキッシュ」

このキッシュとコーヒーだけでも十分行けそうなデキ

さらに「ふろふき大根の木ノ芽味噌」

日本酒が欲しくなります。

蒸し鶏と海老芋のサラダオリエンタルソース

ハマチのカルパッチョ

これはまいうー!

タコと野菜のマリネ

ごはんもふっくら炊けていて美味しかったですね。

雰囲気も料理も京都の雰囲気満載のカフェのランチに「はんなり気分」となった父娘でした。

omo-cafe-honwaka-gentei-kamameshi-kyoto-kawaramachi

まとめ

今回ほんわかで紹介された1週間限定の「桜鯛とトマトの釜飯」はホントに食べてみたいですね~

桜鯛に丸ごとトマトの洋風に仕上げる釜飯、だしにはかつおと鶏がら、ベーコンの脂とオニオンソテーの甘みも混じっているんですね。

家でも実践しなきゃいけないです。

さらに鰆の幽庵焼きと、旬の菜の花を使った、サーモンの和え物!

1週間限定ではなく、もっと続けて欲しいです。

ほんわか紹介の4月限定パエリア「ラ・ボデガ」お得情報とクチコミ!

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする