ライザップ料理教室「R-COOK」の料金や実体験レポートを調査!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

ライザップはCMでもパーソナルトレーニングよりダイエットにコミットすることで有名。新業態を展開しゴルフ、英語の次に料理?。2017年8月17日に料理スクールの大型店舗「RIZUP COOK池袋店」がオープンしました。

これまでの料理教室では、グループレッスンが多く、生徒の上達度がわかりにくく、また料理が苦手というコンプレックスの人が多いことに目をつけて、初心者でも短期間で料理の腕前をコミットできるとした。

1回3万円近い料金を払うレッスンとは、いったいどんなものなのか。本当に腕前があがるのかを調査してみました。

実際に主婦歴25年の体験レッスンがあったので、そこから抜粋して紹介します。

RIZUP-COOK-taiken-ryoukin

画像元:RIZUP COOKのHPより

スポンサーリンク



料金と3つのこだわり

料金は週2回各50分のレッスン、16回コース298,000円(税別)から。
(オンラインレッスン+管理栄養士のサポート付き)

1.プロの料理人による個別指導

RIZAP COOKは東京吉兆、帝国ホテル、椿山荘東京など、
有名のホテルや旅館・料亭で長年勤めてきたプロの料理人たちが講師です。

2.対面レッスン+オンラインレッスン

IZAP COOKは店舗のレッスン以外も日々、自宅の料理を
オンラインで指導し、料理上達に必要な反復練習を徹底します。

3.管理栄養士やカウンセラーのサポート

国家資格を持った「管理栄養士」が在籍する栄養相談窓口を設けています。
店舗にも栄養のアドバイスが可能なカウンセラーが在籍し、
お客様の栄養面でのお悩みにお答えしています。

主婦歴25年の体験レッスン

RIZAP COOK池袋店はビル6階にある。

調理台と厨房がセットになっている小さなブースに分かれていて、個人レッスンができるようになっている。

料理診断テスト(料理実力の数値化)

1回目のレッスンでは、25種類の食材と25種類の調味料を使って自由に料理を作るテストをする。

作ることができた品目数を5点満点で採点し、レベルや弱点を数値化し目標を設定するシステム。

コース終了後に同じテストをして、前と後の比較ができる。

以下の画像はRIZUP COOKのHPより

RIZUP-COOK-taiken-ryoukin

RIZUP-COOK-taiken-ryoukin

実際の対面レッスン

まず指摘されるのが「包丁を使う姿勢が自然ではない」こと。まな板の前に立つ姿勢やまな板との距離、ひじの角度、手の置き方まで「自然」になるよう、手取り足取り教えられた。

「サヤエンドウの筋を取る」「エビの背ワタを取る」といった簡単なプロセスでも、間違いだらけのやり方をトレーナーは絶句・・・

塩が入った容器と小皿を前に出され、「こちらに『ひとつまみ』、こちらに『少々』入れてください」さらに、「ひとつまみの塩は約何グラムだと思いますか?」。

それに対して、間違えたり、答えられず。

また盛り付けに多少自信があったが、プロの盛り付けとは全く違い・・・

結局、80分のレッスンが終わると、25年間ほぼ毎日料理を作り続けた自信は完全に崩壊したそうです。(体験レッスンはここで終わり。)

オンラインレッスン

専任トレーナーのオンラインレッスン

課題メニューを毎日自炊して、RIZUP COOKのラインで報告し、トレーナーからフィードバックを受けるシステム。

2カ月間で100のレパートリーを増やすという目標設定を達成した例もあるという。「毎日一流料理人のレッスンを受けているのと同じで、1日に換算するとレッスン料金は決して高くはない」(同社)という。

まとめ

ライザップのコミットを約束するところがすごいし、ブランディングもストーリーも作るのがうまいですね~

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする