おはよう朝日!台湾ルーローハン専門の天王寺ルーローハン!口コミ!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

おはよう朝日です!台湾料理定番ルーローハン専門店の天王寺ルーローハンが紹介されました。

豚バラ肉、玉ねぎ、豚の皮を醤油ベースの甘辛い味付けでトロトロになるまで煮込んでいます。その煮込みをごはんの上にかけた、ルーローハン!

スープ、キャベツのピクルス付き!

ru-ro-han-tennouji-taiwan-kuchikomi-ohayo-asahi

メニューは、ルーローハン(並550円・大700円)をベースに、ねぎマヨ+50円、ねぎたま+50円の他、トッピングに生卵50円、煮玉子100円。またルーローチャーハン(並600円・大750円)があります。

ru-ro-han-tennouji-taiwan-kuchikomi-ohayo-asahi

画像元:食べログより

天王寺ルーローハンの口コミ情報と営業アクセスを報告します。

ru-ro-han-tennouji-taiwan-kuchikomi-ohayo-asahi

画像元:食べログより

スポンサーリンク



台湾料理の天王寺ルーローハン クチコミ評価

以下、食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

食べログ

★5つ評価:3.05(2件)(料理・味:4.00、サービス:3.50、雰囲気:3.90、コストパフォーマンス:3.60、酒・ドリンク:-)

口コミ:2019年4月 男性

評価:3.2(料理・味:3.5、サービス:3.0、雰囲気:2.8、コストパフォーマンス:3.5、酒・ドリンク:-)

エスニックな香りの美味しい魯肉飯@天王寺
JR天王寺駅の北口から玉造筋を東方向に進み、ホテルバリタワーの横の路地を入ってすぐのところに、今年(2019年)の4月1日に新しくオープンした魯肉飯(ルーローハン)のお店です。

ru-ro-han-tennouji-taiwan-kuchikomi-ohayo-asahi

天王寺にある魯肉飯のお店なので「天王寺ルーローハン」という工夫もひねりもないド直球な店名だが、分かりやすくていいですね。

店内は両サイドに3席づつのカウンター席があり、正面に厨房と注文カウンターがあるシンプルな造り。男性お一人で営業されています。

メニューはルーローハン(並550円・大700円)とカレーライス(並600円・大750円)の2種のみ。あとはトッピング用のチーズ・卵、ドリンクのコーラ・ウーロン茶・缶ビール。これですべてです。

ここは注文カウンターで料理を注文して料金を先払いするセルフサービス。ルーローハンの並を注文してしばらく待つとお料理が差し出されました。

トレイの上に魯肉飯の丼とスープ、キャベツのピクルスが並んでいます。魯肉飯にはたっぷりのお肉が乗っていて、煮卵がまるごと1個、添えられています。

ru-ro-han-tennouji-taiwan-kuchikomi-ohayo-asahi

さっそく魯肉飯を一口…八角の独特の香りがエスニックな風合いを醸しています。お肉は柔らかく甘辛に炊きあがっています。煮卵もやさしい味わいでいいですね。

お肉の出汁がご飯に移ってそのご飯もエスニックな香りになる。ワタシには好きな風味だが、苦手な人もいるやろうなぁ…

ピクルスはインデアンカレーのそれに似てていい感じ。これはカレーに合うやろな。早々にカレーを試してみなければなりません。

それにしても天王寺の駅近ながら魯肉飯・550円、カレーライス・600円という値段は魅力です。ただあまりにもシンプルすぎるメニューなので、早々にヴァリエーションを広げていく必要がありそうですね。

台湾料理 天王寺ルーローハン 営業・アクセス

住所:大阪府大阪市天王寺区南河堀町10-16 

電話:050-5360-3446

予約可否:予約不可

営業時間:11:30~14:00 /17:30~20:00

定休日:不定休

アクセス:天王寺駅北口から徒歩3分、天王寺駅から247m

まとめ

豚バラ肉の角切りをとろとろに煮込んでいるので、手間がかかっています。それにスープとキャベツのピクルス、そして煮玉子がついていて、550円ではお得感があります。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする