ten紹介!三代目カレー舎「NANDI」の黒カレーと口コミ調査!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

読売テレビのかんさい情報ネットten. おでかけコンシェルジュで取り上げられた、約30年継ぎ足し黒カレーの三代目カレー舎NANDI!

京都・一乗寺近辺にあります。

ここの名物の激辛黒カレーは、33種類のスパイスをブレンドし、平成元年からスパイスとスープを継ぎ足し煮込み続けたものです。欧風でもなくインド風でもない、NANDIのオリジナル黒カレーです。

元々尼崎からこの一乗寺界隈のラーメン激戦区へ移動。ここで仲良くなったラーメン屋のラーメンスープの食材(煮干し・豚骨など)を取り入れ、さらに味の進化したそうです。

ここのカレーメニュー(画像)とクチコミ調査をしました。

sandaime-curry-nandi-kurocurry-ichijyouji

画像元:食べログより

スポンサーリンク



三代目カレー舎NANDIのカレーメニュー

ここで提示するメニュー(画像)は、食べログより引用しています

シングルカレー(パパッド付)

ナンディの激辛黒カレー(33種類のスパイスをブレンドした平成元年から煮込み続けた欧風でもなくインド風でもない、NANDIのオリジナル黒カレー)

  • ポークまたはチキンまたは野菜 880円
  • ラム 980円
  • プレーン(具なし)780円

生卵50円、目玉焼き100円、チーズ100円、ピクルスおかわり50円

小盛りは100円引き、大盛りは+100円

激辛黒カレーチキン

sandaime-curry-nandi-kurocurry-ichijyouji

ダブルカレー(パパッド付) 880円

  • 激辛黒カレー(平成元年から煮込み続けた特別な味、具をチキン・ポーク・ラム・ミックスベジタブルから選べます)
  • キーマカレー(辛)
  • レンズ豆と野菜(辛)
  • ひよこ豆(甘)

以上のカレーから2種類を選んでください。

小盛りは100円引き、大盛りは+100円

黒カレーとキーマカレー

sandaime-curry-nandi-kurocurry-ichijyouji

ドピアザ(玉ねぎたっぷりのドライタイプの辛口カレー)

玉ねぎたっぷりのドライタイプ辛口カレー

  • ポークまたはチキン 880円
  • ラム 980円

激辛パラオ(NANDI名物目玉焼き付き激辛ドライカレー)

NANDI名物の目玉焼き付き激辛ドライカレー

大盛りは+100円

  • ポークまたはチキンまたは野菜 880円
  • ラム 980円

三代目カレー舎NANDIのクチコミ評価

食べログ

★5つ評価:3.31(154件)(料理・味:3.30、サービス:3.10、雰囲気:3.20、コストパフォーマンス:3.25、酒・ドリンク:3.00)

クチコミ抜粋:2017年11月訪問 男性

総合:3.9(料理・味:3.9、サービス:3.6、雰囲気:3.6、コストパフォーマンス:3.6、酒・ドリンク:-)

今回が二回目で予定通りのオーダー。
キャベツのピクルスは、大阪のあるところでも出るが、合いの手によろしい。
ランチのサービスサラダは、やっぱり私にはドレッシングが合わない。
(次回はドレッシングなしのコールをしてみるか?)

黒カリー、やっぱりうまいっす!(^^v
ごはんはかなり少なめだったが、その日の私にはそれで十分だった!
(二日酔いの身体で大文字山に登った直後だった)

具のポーク、これは前回のマトンよりもずっと良かった。
次回はチキンも食べて比べるべしだな!
でもおそらくポークが私の舌には一番合うような気がする。

一皿一皿、丁寧に作られているという印象が今回強かった
店主さんは気さくにおしゃべりするいう雰囲気ではなかったが、忙しいのであろう。
店内には、京都グルメの本が結構置いてあり、
見てみるとすべての本にこの店が乗っているというものでもない。
きっと店主さまはグルメなんだろう・・・。

エスニックが好きでない私でも、年に数回は行きたくなる、そういう店であると感じた

三代目カレー舎NANDIの営業時間・連絡先・場所

住所:京都府京都市左京区一乗寺築田町95 第2メゾン白川 1F

電話:075-712-4522

営業時間:11:30~14:30(LO)、18:00~22:00(LO)、日曜営業

定休日:水曜日、木曜日

sandaime-curry-nandi-kurocurry-ichijyouji

叡山電鉄茶山駅もしくは一乗寺駅(Google mapより)

  • 一乗寺駅から900mで徒歩11分
  • 茶山駅から750mで徒歩10分

まとめ

ここの店のマスターはインドでカレーの勉強を約2年したそうです。

欧風でもインド風でもなく、33種類のスパイスをブレンドし、約30年継ぎ足し、煮込んでいるのでコクがありそう。

また元々尼崎からこの一乗寺界隈のラーメン激戦区へ移動。ここで仲良くなったラーメン屋のラーメンスープの食材(煮干し・豚骨など)を取り入れ、さらに味の進化は期待できそうですね。

ten紹介!オリーブ食堂orukatのメニュー画像と口コミ調査!

ten紹介!「ワインと肉料理Umeno」のメニューと口コミ調査!

ten紹介!鶏系こってりスープ「麵屋極鶏」のラーメンと口コミ調査

ten紹介!鶏と魚介ラーメン「和soba天光」のメニューと口コミ

読売ten紹介の姫路肉汁ハンバーグ「グリル天平」メニューや口コミ

読売tenで紹介「上七軒ゆう」のメニュー画像や口コミ評価の調査!

読売ten紹介インドカレー「カンチャン」メニュー画像や口コミ調査

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする