SANXTUSのメンバー紹介!ジョーキーボールはどんなスポーツ?

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

松岡康暢が寝屋川市出身がきっかけで興味を持ち、調査報告しました。

20数年前に大阪の二色浜でビーチフットボール(ビーチラクビー)大会があり、その試合に出させてもらったことがありました。タックルなどの接触がないものです。

今回、「ジョーキーボール」という2人制サッカーのスポーツを知り、同じように選手同士が接触のないプレーであり、4人で試合ができるという利点は面白いと思いました。

そのルールについて、整理しまとめてみようと思いました。また今回「SANXTUS」のメンバーで、松岡さん以外の2人の紹介ができていなかったので、再度調査報告します。

スポンサーリンク



ジョーキーボール

このスポーツのルールが書かれているものがほとんど見つからないので、「コウフ・フィールドスタッフBLOG」から引用して説明します。

ジョーキーボールはフェアプレイを前提としたフィットネス・サッカーです。

サッカーでは通常のプレイがルール違反になるケースが多いので、思わずやってしまいそうです。

チームと試合形式

  • チームは2名の競技者で交代要員は2名以内。
  • 選手交代はセット開始時、負傷したときにできる。
  • 1セットは7点先取り、1試合は3セットで2セット先取で勝者。
  • 試合に規定時間を設けた場合、その時点で勝ちセット数が多い方が勝者。(同じ場合は、得点の多い方が勝者)
  • 選手のポジションはフォワードとディフェンス。
  • ポジションはセットが変わるときに交代し、ゲーム途中での交代はできない。

sanxtus-jorkyball-rule

「コウフ・フィールドスタッフBLOG」より引用

選手の行動範囲

  • フォワードは相手のキックエリア以外のピッチ全体で動き回る。
  • ディフェンスはハーフラインを越えてはならない。
  • ディフェンスがボールをドリブルしているときは相手のコンタクトエリアに入ることができる。(相手ではエリアには入れない)

sanxtus-jorkyball-rule

「コウフ・フィールドスタッフBLOG」より引用

キックイン

  • コイントスにより先行を決める。
  • 得点したチームが再開のキックインを行う。
  • ディフェンスがキックインエリア内へ配置したボールをのキックを行う。
  • キックインの際は全ての選手はキックインエリア内にいること。
  • キックインはハーフラインを越えなければならない。

反則①

  • 相手のキックインエリアに侵入する。
  • ディフェンスがハーフラインまたは相手のコンタクトラインを越える。
  • 足を腰より上まであげてボールを止める
  • 後方に回り込んだりスライディングする。
  • 字面に膝や手をつく。
  • 自分側のディフェンスエリアで7秒以上キープする。

反則①によるキックイン

  • 反則の際、相手チームがハーフラインからのキックイン
  • キックインはフォワードが行う。
  • ディフェンス選手はかかと位置がキックインラインより後ろに行かない。
  • 他の選手はキックインを行う選手の後にいなければならない。

反則②とキックイン

  • 無意識に手または腕でボールを触る。
  • 意図的に危険な反則をする。
  • 上記2つの場合はコンタクトエリアラインからのキックインとなる。(反則①のキックインとその他は同じ)

反則③とキックイン

  • 意図的に手または腕でボールを触る
  • 無意識に手でボールに触れ得点にならなかった場合(手または腕に触れなければゴールの時)
  • 悪質な反則を犯す。
  • コンタクトエリアかゴールを決めるまでキックイン(但し3回まで)

警告と退場

  • 審判が悪質だと判断したとき、イエローカードとなり、相手側に1点追加する(警告)。
  • 審判が特に悪質な反則を繰り返していると判断したとき、レッドカードとなり、相手側に1セット獲得になり、選手は退場処分となる。補欠選手がいない場合は敗者となる。

メンバー紹介 @sanxtusjorkyballclubより

松﨑 智大 (Tomohiro Matsuzaki)

生年月日:1986年7月18日
出身地:大分県中津市
選手歴:柳ヶ浦高校→耶馬渓FC(大分県社会人1部リーグ)
チームSANXTUS:Player 『7』/ trainer
仕事:BestSupport 六本松店の店長《スポーツトレーナー》

松澤 憲伸 (Kenshin Matsuzawa)

生年月日:1989年11月13日
出身地:福岡県久留米市
選手歴:東海第五高校→大阪体育大学→Real CD Carabanchel(スペイン3部)→SC Schwaz(オーストリア3部)
チームSANXTUS:Player 『10』
仕事:『Amusement fut LLC』という会社設立。(
スペインのマドリードを中心にサッカー、フットサル留学のコーディネート)

松岡 康暢 (Yasunobu Matsuoka)

生年月日:1986年5月2日
出身地:大阪府寝屋川市
選手歴:ガンバ大阪ユース→ガンバ大阪→ロアッソ熊本→V・ファーレン長崎
チームSANXTUS:Player 『8』 / captain
仕事:『SANXTUS』サッカースクールを立ち上げ、代表。(福岡県久留米市)

まとめ

今回ジョーキーボールのルールについて理解してもらえましたか?

「コウフ・フィールドスタッフBLOG」から、そのルール説明を引用していますので、わかならない人は、そちらを検索して内容を確認してください。

私は理解でき、面白そうで、フットサルするよりも、少人数でも可能がメリット。

ただ慣れないとラインからはみ出したり、すぐに反則してしまいそう。

私たち素人がやるには、コートが小さいので逆に丁度良いですし、フィットネスになりそう。これをフィットネスのジムでもできるようになれば、面白いです。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする