メリケンパーク のクリスマスツリーの木の後始末は?継続?世界一?

スポンサーリンク



この巨大クリスマスツリーは2017年にプロジェクトされたものです。

その後(2017年度中)に撤去されました。

みなさん、こんにちは

今回の巨大クリスマスツリーは、

そら植物園㈱が提案した「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」に、神戸市の賛同もあって、神戸開港150年記念事業の関連事業としてプロジェクトが開始されたものです。

sora-christmastree-kaikou150

画像元:http://www.soratree.jp/より

スポンサーリンク



疑問に思ったことは、

使用したあすならの木は樹齢150年で、

富山県の日本海から瀬戸内海を経て神戸まで1000km以上の距離を移動して植樹するという手間をかけているんだけど。

★そのクリスマスツリーの木はそのまま置いておくのか?

クリスマス後に壊すならそれをどのように後始末するんだろうと疑問に思いました。

★30メートル超で世界一ですが、但し書きがあるのはなぜ?

★そら植物園㈱って?

以上のことを調査し、自分なりに謎解きはできたので報告します。

クリスマスツリーのその後は?

イベント開催日は2017年12月2日(土) ~ 2017年12月26日(火)です。

どこを調べてもその後どうするか?については記載されていない(公表されていない)です。

神戸といえば、震災復興のモニュメントである鉄人28号(長田町)があります。

今回も「復興と再生のシンボル」なので、実際の反響と維持運営を見てから、今後どうするかを公表するのかもしれません。

じゃあ、有名なニューヨーク・ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリーは毎年どうしているのか。

ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリー

ロックフェラーの庭園部門のマネージャーや主任造園家がふさわしい木の探索を行い、社会奉仕・慈善事業などを熱心に実行・支援する人たちによって毎年寄付されています。

ロックフェラーの場合はキリスト教の記念祝日(1月6日)まで飾りと明かりが付けられたまま設置された後は、建築木材などにリサイクルされます。

ロックフェラーのクリスマスツリーや長田町の鉄人28号の前例をみますと、

今回の「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」は「復興と再生のシンボル」ですので、イベント開催後も設置される可能性は非常に高く

その後はどこかに移動植樹するか、他へのリサイクルされると推測されます。

高さ30メートル超で世界一?

まずはロックフェラーのクリスマスツリーの長さを見てみましょう。

sora-christmastree-kaikou150

データはロックフェラーセンター・クリスマスツリーwikiより引用

1999年の100フィート(30.48m)がロックフェラーで最も高いものとされています。30メートル超ですね~

今回のプロジェクトは、世界一ですが、但し書きがあります。

※世界一のクリスマスツリーとは、人工ではなく、人が届けた生木のクリスマスツリーとして根鉢を含めた鉢底から葉頂点までの植物体の全長が史上最大です。

ロックフェラーの場合は、ふさわしい木が見つかると、クレーンでその木を支えながら根元を切り離し、ロックフェラーセンターまで運ばれます。

根元でカットされているので、設置するときは4本の支線が木の中央で結びつけられ、それぞれの支線の反対側で四方の地面に鉄のスパイクで打ち込まれ、倒れないようにしています。

それに対して、

sora-christmastree-kaikou150 sora-christmastree-kaikou150

画像元:東京新聞より

根ごと掘り起こされて、植樹されます。

「根鉢を含めた鉢底から葉頂点までの植物体の全長が史上最大です」

つまり、ロックフェラーは木の根元からの高さで示していますが、今回は木の根元ではなく、鉢の底からの長さでロックフェラーの100フィート(30.38m)を越えるということですね。

そら植物園株式会社って?

150年続く花と植木の卸問屋「花宇」の五代目の西畠清順氏が、そら植物園株式会社を設立し、代表取締役社長をされています。

そのHPでは

“そら植物園”とは、
ひとの心に植物を植える”活動名”です

国内外含め、多数の企業、団体、行政機関、プロの植物業者等からの依頼に応え、さまざまなプロジェクトを各地で展開、反響を呼んでいるようです。

HPでこれまでのプロジェクトの紹介があります。

(下の画像はそら植物園HPより引用)

実績1)京都ポルタ「そらつなぎの庭」の空間プロデュース

sora-christmastree-kaikou150

実績2)NHK大河ドラマのタイトルバックとオープニング映像の監修など

sora-christmastree-kaikou150

その他にも多くありますので、そら植物園HPのprojects

まとめ

今回、最初にあげた疑問に思ったことは自分の中では解釈できました。

実際には、今回のプロジェクトの反響によって、今後の対処の仕方が変わると思います。

復興した都市として、神戸から東日本大震災や熊本地震などの被災地への鎮魂、そして復興と再生の象徴として、日本中のみならず世界中へ、未来に向けた希望メッセージを送ります。」

このメッセージからは、今回の1回だけの開催:12月2日(土)~12月26日(火)だけではなく、継続していく意味もあるかと感じました。意味というよりは私の期待でのこじつけもありますけどね。

ロックフェラーの場合は、社会奉仕・慈善事業などを熱心に実行・支援する人たちによって毎年の寄付があります。国民性の違いですので、日本国内で求めるには難しいことですね。

神戸ルミナリエの継続と同様にして、継続資金はどうするかが課題になります。

神戸ルミナリエで300万人です。

今回のクリスマスツリープロジェクトが同時開催されますので、更なる集客があって盛り上がれば、

このようなプロジェクトが来年も引き続き開催されることを信じて、一人でも多く参加して頂ければと思いました。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする