ココイロ放映の甲子園素盞嗚神社に岡田彰布寄付塚や星野仙一の揮毫!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

ココイロで放映された甲子園神社「素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)」は兵庫県西宮市甲子園町にあります。

ここには阪神タイガース選手やファン、高校野球関係の必勝祈願者が多く、「勝ちあがり守」を始めとして野球のボール型やベース型のユニークなお守りや、タイガース絵馬があります。

susanoo-jinjya-koushien-kokoiro-yakyuzuka-okadaakinobu-hoshinoseniti-tigers

画像元:「ようこそ甲子園へ」より

この神社には、元阪神タイガースの監督であった岡田彰布氏が寄付建立した野球塚や星野仙一が揮毫(きごう)したボール型モニュメントがあります。

それらの紹介と、この神社の場所アクセスを報告します。

susanoo-jinjya-koushien-kokoiro-yakyuzuka-okadaakinobu-hoshinoseniti-tigers

画像元:https://ja.wikipedia.org/wiki/素盞嗚神社_(西宮市) より

ココイロ放映の高校野球100回大会!なぜ甲子園で?いつから使用?

スポンサーリンク



岡田彰布氏が寄付建立した野球塚

2004年8月に岡田彰布氏が寄贈建立した野球塚です。

野球塚の文字は岡田彰布氏の字体で、最後に「謹書(きんしょ)」と書かれています。

susanoo-jinjya-koushien-kokoiro-yakyuzuka-okadaakinobu-hoshinoseniti-tigers

susanoo-jinjya-koushien-kokoiro-yakyuzuka-okadaakinobu-hoshinoseniti-tigers

画像元:https://ja.wikipedia.org/wiki/素盞嗚神社_(西宮市) より

その塚の前にはベース型の敷石がある。この野球塚は供養するところではなく、ものや人に感謝する場。「神様が降臨するところ」…その前で願い事をするそうです。

ベース型にしたのは、ここが出発点であり、帰着点という意味なんです。少年が願をかけて高校球児になり、プロ選手になって帰ってきて欲しい。

ようこそ甲子園へ」より

星野仙一の揮毫(きごう)ボール型モニュメント

2008年8月1日建立の大きな野球のボール型。

揮毫(きごう)というのは「毫(ふで)を揮(ふる)う」ことです。このボール型の御影石モニュメントに星野仙一氏の筆文字があります。

susanoo-jinjya-koushien-kokoiro-yakyuzuka-okadaakinobu-hoshinoseniti-tigers

画像元:http://www.twgram.me/media/1818987516779346091_5490672468より

susanoo-jinjya-koushien-kokoiro-yakyuzuka-okadaakinobu-hoshinoseniti-tigers

画像元:「ようこそ甲子園へ」より

甲子園神社「素盞嗚神社」の場所アクセス

所在地:兵庫県西宮市甲子園町2-40

●阪神電鉄「甲子園駅」からは徒歩で約7分(560m)

まとめ

甲子園神社やタイガース神社とは聞いていましたが、甲子園にこんなに隣接しているのは知りませんでした。

この神社は元々は戎さんが祀られていたそうです。wikiによると「地元の漁師が網に掛かったえびす像を西宮神社に祀る前に、当地に祀ったと言われる。」

岡田彰布氏は大阪の北陽高校出身で現役時代は阪神タイガース一筋でしたが、阪神を自由契約後に仰木監督率いるオリックスへ。それでも「阪神ファン・・・」と言ってましたね。

2003年星野監督の後任として阪神に監督として復帰し、2008年シーズン後に辞任です。そのときにこの野球塚を寄付したのでしょうか。

岡田彰布氏は阪神タイガースを愛する人ですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする