ヘルニアで腹筋をつける為に体幹トレーニングをしたい!

スポンサーリンク



みなさま、こんにちは

私はヘルニア(椎間板4位、5位)になったときに整形外科の先生から手術の話がでました。ネットで色々調べ、腹筋を鍛えることなどが書かれていました。

すぐにAmazonで良い本がないかを調べ、ヘルニアに関する本、長友の体幹トレーニング20DVD)を購入しました。

長友拓都 体幹トレーニング20 YouTube

すぐにコナミ(スポーツジム)に入会し、私は黙々と3か月、紹介されている体幹トレを週に4回、1~2時間実施していました。

実はその3か月後ぐらいに、

長友選手の本に書いてある「自分の身体を知ること」を理解していたつもりが全くできていないことに気が付きました。

なぜ気が付いたかというと、一部の筋肉が緊張し伸びなくなっていました。元々関節・周りの筋肉が固いので、十分な動き・連動ができていないことと、十分なストレッチができていなかったことが挙げられます。

紹介されている「体幹トレ」は長友選手の為のトレーニングで、

①身体の下地が違うこと

②プロ選手の身体づくりをしていること(一般とは全く違うし、オリンピック選手とも違う)

③絶えずトレーナーがついていること

④身体の筋肉や部位、それらの連動を意識し、身体で感じながらできること

長友選手のこのDVD・本は以上のことを理解すれば、非常に参考になります。

私は筋肉・関節の動きの仕組みなどの本を購入したり、整骨院・鍼灸院の先生方には具体的に訊いて意識するようになりました。

みなさまの中で、

・ヘルニアになったので、腹筋含め体幹(インナー)を鍛える必要があるとか、

・ビール腹を凹ませるために体幹トレーニングがしたいなど

などを目標としている方は、整骨院・鍼灸院の先生の中でも、元スポーツ選手、スポーツ選手の元トレーナー、スポーツジムインストラクターなどを経験されている方が結構いますので、そのような先生のところで診察と目標を共有するのが良いと思います。また料金面や合う合わないがありますので、別の先生に変えてみることも必要です。

最後に、長友選手の言うように「自分の身体を知ること」が最も大事で、トレーニングやストレッチにしても、何の目的で身体のどの部位なのかを意識して継続できるのが良いです。

がんばりましょう。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする