大阪泉南の田尻漁港の朝市は鮮度や安さ抜群!実際に買物し調査報告!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

報告が遅くなりましたが、先週日曜日(2018年4月15日)田尻漁港の朝市に行きました。

この田尻漁港については、過去にも報告しています。

「うまいもん祭2017」が田尻漁港で「たこ」や「あなご」あるし「BBQ」もできる

年末魚介類買出しは大阪泉南の田尻漁港!鮮度や安さ抜群!アクセス!

以上のブログと重なる部分はありますが、今回の買物を報告します。

スポンサーリンク



今回の買物

4月15日日曜日 雨が降っていたので、幾分買い物客は少なめ。その分、水産魚介物や農産物は表示よりも値段を下げてくれていた感じでした。

長さは約30㎝弱で、300円でした。ちょっと鮮度は落ちていますけど。

数日前に京都河原町の「オモカフェ」で限定釜飯「桜鯛とトマトの釜飯セット」を食べて、早速その釜飯の実践ということで購入しました。

ほんわか紹介の京都「オモカフェ」の限定釜飯!お得情報とクチコミ

購入した鯛の半分はアクアパッツァに使い、残りの半分は釜飯に使用しました。

刺し身用エビ

刺し身用エビ(約16~17㎝)10匹 1,000円でした。

tajirigyokou-sennan-freshfish-reasonable-prices

半分は刺し身にし、頭や殻はアクアパッツァのだしに使用。

翌日、アクアパッツァの汁でリゾットにし、それにグリルした海老を。

後日、残りの海老は、朝市で仕入れた椎茸、や竹の子他、天ぷらにして天丼にしました。

※田尻漁港の朝市では農産物も販売しています。結構安いです。

はまぐり

はまぐり(約7㎝)10個 1,000円

tajirigyokou-sennan-freshfish-reasonable-prices

これは酒蒸しにしました。

生わかめ

これは写真を撮り忘れましたが、1キロぐらいはあるかな。

100円でした。

量が多いので、水洗いをして、半分以上は冷凍。

まず使う分は太い茎の部分は別にして、佃煮。

1週間の味噌汁はこのわかめを使い、新玉ねぎスライスと生わかめサラダで使いました。

田尻町の朝市とは

毎週日曜日午前7時~正午まで)、田尻漁業協同組合の事務所前で、新鮮な魚介類だけではなく、野菜などの出品のある朝市です。

揚げタイヤキが美味しく、するめなどもあります。

田尻町の朝市

〒598-0093大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北1番
TEL 072-465-0099 FAX072-465-1944
受付時間7:00~17:00 火曜日定休日

田尻漁業協同組合・田尻海洋交流センター

アクセスは

車の場合

阪神高速道路4号湾岸線「泉佐野南」出口で降りて、田尻漁港へ

そこに、田尻海洋交流センターの駐車場があります。

まとめ

自分で調理する人にとっては、魚介類の掘り出し物があり、スーパーで買うよりは安いのでおススメですよ。

また朝市の一番奥ではうどんや魚などの揚げ物、焼き物などを食べるスペースがありますので、子連れファミリーなどが楽しんでいますよ。

野菜・果物が意外にも安いものがあります。

私の家はここで買物をした後に貝塚の愛彩ランドに野菜類を買いに行きます。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする