中嶋隆行(整形外科)の病院!ひざ痛や関節の治療?アボガド効果は?

スポンサーリンク



こんにちは

ひざ痛の方や股関節で不具合を感じている方(変形性股関節症の疑い)へ

それらの関節治療のエキスパートである、中嶋隆行医師の病院とその治療法について、またアボガドの効果についての調査を行いましたので、報告します。

まずは中嶋隆行医師の経歴や実績の紹介をします。

takayuki-nakajima-hizatuu-avocado

画像元:http://www.jinko-kansetsu.com/ask/57/index.htmlより

スポンサーリンク



中嶋隆行の経歴・実績

  • 千葉大学大学院修了(医学博士)
  • 君津中央病院
  • 2014年4月東千葉メディカルセンター整形外科特任助教
  • 千葉大学大学院医学研究院総合医科学講座 特任講師
  • ひざや股関節の手術は年間100件以上

専門分野

膝関節外科学スポーツ医学、画像診断学、リハビリテーション医学

免許・資格

医学博士、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

学会活動など

日本整形外科学会、日本股関節学会、日本人工関節学会、日本骨折治療学会 、AO Trauma Table Instructor、JATEC (日本外傷診療研究機構)Pre-instructor

平成25年度JA共済交通事故医療研究助成受賞

中嶋隆行の病院(東千葉メディカルセンター

平成26年4月開院しています。

整形外科の人工関節手術

ここでは、 患者様の骨の形状を 3Dで構築 し、 最適な人工関節を選びその位置や角度の詳細な術前計画を行います。 筋肉を全く傷めない最小侵襲手術(MIS )を行なっています。

以上の3つの最先端医療と人工関節専門医の技術により、開院から2年間で200件以上の人工関節手術が行われているようです。

takayuki-nakajima-hizatuu-avocado

画像元:東メディカルセンターのHPより

外来案内

  • 診察日:月~金曜日(土・日・祝日、年末年始12月29日~1月3日は休診。)
  • 診察時間:受付時間:午前8時30分~11時30分
    診療開始時間:午前9時~
  • 整形外科(中嶋隆行)診察日:月曜、金曜

外来案内の詳細はココ(東メディカルセンターのHP

中嶋隆行の変形性股関節症の治療法

変形性股関節症とは

takayuki-nakajima-hizatuu-avocado

股関節は上の構造図にように、ポールとソケットのような形状で、大腿骨の丸い骨頭(ボール部分)が、骨盤側のお椀のような臼蓋(ソケット部分)といわれる部分の中にはまって、自由な動きができるようになっています。

臼蓋形成不全とは、この臼蓋の形が不完全であるために、大腿骨頭が臼蓋に収まらず、はみ出している状態のことをいいます。

臼蓋形成不全の症状

軟骨がどんどんすり減って進行期に差し掛かると、股関節が常に痛くなります。

この状態になってから、整形外科を受診する人が多くなります。

末期になると安静時にも痛くなり、左右の脚の長さに差が出て、歩き方のバランスが悪くなることもあります。

患者さんの中には、はじめは腰や背中、太ももの痛みを訴えて、股関節が悪いとは思っていない人もいます。

脚や腰に違和感を感じたら、できるだけ股関節を専門の整形外科医に相談するようにしてください。

変形性股関節治療法

初期段階では、減量を始めとする「体重コントロール」と股関節の周りの筋肉をつける「筋力トレーニング」が最も大切!

股関節は、軟骨や筋肉、腱などに囲まれていますが、こうした組織が股関節を支えて、スムーズな動きができるようにすることが、初期の治療の目的となります。

水中ウォーキング」が効果的です。水中なので身体の重さの負担がなく訓練することができます。早めに股関節の異常に気が付いて減量や適度な運動などの保存的治療を続ければ、手術を回避することが可能です

人工股関節置換術

人工股関節置換術は、痛みを取り除き正常な股関節の動きを取り戻すことができる治療法です。

傷んでいる関節の表面を薄く削り、大腿骨側の取り付け根から骨頭を切り取った後、深いお椀の形をした臼蓋側に代わりとなる金属とポリエチレンでできているカップを固定します。また大腿骨側には、金属製のステムを差し込んで固定します。

CTを撮影して、どこからどういう角度で、どんなインプラントを挿入すればいいか、PC上手術の設計図を事前に描きます。

この設計図をもとに、実際の手術の進め方を具体的にシミュレーションします。

手術前からのリハビリテーション

人工股関節置換術後は、関節の痛みがなくなり、スムーズに動けるようになったりするので、満足度の高い手術となります。

しかしながら、車イスの状態だった人や筋肉の緊張の大きい人は、元々筋力がないので回復するまでに少し時間がかかります。手術はあくまでも関節の治療であり、筋肉そのものを治療するものではありません。

手術の前から患者さんのリハビリ指導は始まり、より柔らかい関節を作るためにも、そのリハビリは非常に重要となります。

アボガド油の効果

変形性ひざ関節症の改善

アボガド油は変形性ひざ関節症の改善に効果があります。

その油は

ひざの軟骨を保護します。

軟骨を壊す酵素を作らせない

欧米ではアボガドの成分を薬として使用している。

アボガド油は悪玉コレステロール減らす

動植物の脂肪は、悪玉コレステロールを増やす

アボガドの不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らす

アボガド+大豆油 が効果

アボガドをで食べるよりも、大豆油で炒める揚げる調理をする方が効果がある。

サラダ油は菜種や大豆を原料としているので、サラダ油でも良い。

マヨネーズにも大豆が使われているので、マヨネーズを使ったサラダでも良い。

アボガドの必要な量/1週間

メキシコ人の普段のアボガド摂取量調査(「たけしの家庭の医学」)では

1週間で平均3個半の摂取を継続すると効果の可能性が高い。

・アボガドサラダ

・アボガド入りチキンスープ

・アボガドフライ(オリーブオイルで揚げ焼き)

・アボガドマグロ丼

などが紹介されました。

まとめ

中嶋隆行医師の人工股関節置換術で関節がうまく動くようになっても、それを動かす周りの筋肉が衰えていると実際に動かせないので、手術前からのリハビリは意味があります。またそのリハビリができることが手術の条件であることも大事ですね。

中嶋医師が年間100件以上手術されているので、3日に1度ですよね。すごい。

東千葉メディカルセンターの整形外科では人工関節手術が2年間で200件以上。

この人工関節手術にはリハビリがつきものですので、手術後のリハビリに時間がかかる・・・とすると、リハビリフォローが大事ですよね。

アボガドにこんなに効果があるということをもっと早くからわかっていれば・・・

(もうすでにすり減っているので)

「たけしの家庭の医学」で放映されたので、アボガド人気があがり、値段が上がるのかな?

中川匠(膝関節外科)の病院はどこ?ひざの痛みの治療方法を調査!

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする