tenの教えて気になるアレ!秋の健康SPでダイエット&お酒のお話

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

かんさい情報tenの番組コーナー『教えて!気になるアレどうなっten!?』の秋の健康スペシャルで、「ダイエット&お酒」が取り上げられました。

ビーマルワン(BMAL1)という脂肪をため込むタンパク質があり、それが「夜遅く食べると太る」の科学的根拠になっていました!

番組では質問形式ででてきましたが、ここでは正しい回答を示します。

kaisai-jyouhou-ten-oshiete-kininaru-kenkou-sp-diet-sake-bmal1

画像元:かんさい情報ネットten. より

スポンサーリンク



ダイエットを助けてくれるBGMは

(アメリカ・アーカンソー大学の研究)によるものです

一番いいのはクラシック

  • クラシックでもゆったり優しい曲調のものがベター(モーツアルト、ショパン・・
  • 副交感神経が優位になって、リラックスできる
  • 食事もゆっくりできて、太る原因の早食いを防ぐことができる
  • 気持ちと共に食欲も落ち着いてくる。咀嚼もゆっくりになる。

一番避けたいのはジャズ

  • 食欲を増進させるもの

座席には太る席と痩せる席がある

窓際や照明の明るい席はヘルシーな食事をたのむ傾向

  • 人に見られていることからヘルシーな食事

個室や照明の暗い席は重たい食事をたのむ傾向

  • テレビに近い席は揚げ物をたのむ傾向
  • 人に見られていないことからヘビーなものになる傾向

3時のおやつは太りにくい

おやつは太るのですが、食べるなら午後3時ぐらいが良い

私達のカラダにはビーマルワンという、脂肪をため込むタンパク質があります。その分泌が1日のうちに変動があり、起きてから6時間ぐらいが最も少なくなる。例えば朝7時に起きる人は午後1時から3時ぐらいが少なくなるので、おやつを食べても太りにくい時間になる。

夜中だとビーマルワンが約30倍になるとも言われている。

ビーマルワンとは

生物時計の機能を決定する時計遺伝子の一つで、脂肪細胞をつくる酵素をふやす機能をもっています。

kaisai-jyouhou-ten-oshiete-kininaru-kenkou-sp-diet-sake-bmal1

画像元:https://forbody.wordpress.com/ より

1日の時間帯によって変動し、午後3時ごろが最も少なく、午後10時から午前2時ごろに最も多くなる。

「夜遅く食べると太る」の科学的根拠にもなります。

寝ている方いるより、起きている方がお酒が抜けやすい

  • 起きている方が代謝が高まると言われている

まとめ

からだの中にビーマルワン(BMAL1)という脂肪をため込むタンパク質があるのですね。

その1日の増減表を見てみると、ビーマルワンが増えている時間帯は夜で、深夜2時頃にピークのようです。朝から昼の14時にかけて減り続けて15時頃が最も少ない。

つまり、ビーマルワンが少ない時間にメインの食事をとり、夕食はビーマルワンが急激に増え始める18時くらいまでにとるのがよいですね。

ある女優が朝から焼肉を毎日食べているとTV番組で見たことがありますが、このビーマルワンからすると、夜食べるよりも朝の方が確かに問題がないようですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする