柳澤寿男(交響楽団指揮者)の経歴や活動は?賞歴や書籍などを調査!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

12月2日に放映される「SWITCHインタビュー達人達(たち)」で米米クラブの石井竜也柳澤寿男がトークをします。

柳澤寿男は、激しい紛争が継続するコソボにて、対立していた民族を楽団員としてコンサートを開催し、民族間交流のキセキのハーモニーを実現した実績などが紹介されます。

その柳澤寿男はどのような人物なのか?

彼のプロフィール、経歴、活動内容(実績)を調査させてもらいました。

また賞歴や書籍もありますので、それらを含めて紹介します。

スポンサーリンク



柳澤寿男のプロフィール

生年月日:1971年8月23日(出生地:塩尻市)

身:長野県下諏訪町

高校:長野県諏訪青陵高校

大学:国立音楽大学 器楽科 トロンボーン専攻

専門学校:パリ・エコール・ノルマル音楽院 オーケストラ指揮科

柳澤寿男の経歴・活動内容

  • 1996年ウィーンフィルハーモニー管弦楽団指揮する小澤征爾に強く感動
  • 佐渡裕氏や大野和士氏に弟子入りし研鑽を積む
  • 1999年渡仏
  • 2000年東京国際音楽コンクール指揮部門で第2位を受賞
  • 2001年大阪フィルハーモニー交響楽団を指揮デビュー
  • 2003年スイス・ヴェルビエ音楽祭指揮マスタークラス・オーディションに合格
  • ジェームズ・レヴァイン、クルト・マズアに師事
  • デビュー以降、多くの客演。例)札幌交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー交響楽団など。
  • 2004年マケドニア旧ユーゴスラヴィア国立歌劇場で客演指揮した歌劇「トスカ」にて成功
  • 2005年~2007年、同歌劇場の首席指揮者に就任
  • 2007年バルカン室内管弦楽団を設立(バルカン半島、特に旧ユーゴスラヴィアの民族共栄の為
  • 2007年国連コソボ暫定行政ミッション下にあったコソボフィルハーモニー交響楽団に客演。ローマ条約50周年記念コンサートでベートーヴェン交響曲第7番を指揮し、そのまま同交響楽団常任指揮者に就任
  • 2009年5月(コソボ北部)セルビア人、アルバニア人、マケドニア人を楽団員にコンサートを開催。約20年ぶりとなる民族間交流の奇跡のハーモニーを実現。
  • 2012年セルビア国立放送交響楽団への客演
  • 2012年ベオグラード国立歌劇場での歌劇「ラ・ボエーム」への客演
  • 2012年ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者に就任
  • 2013年セルビア南部のニーシュ交響楽団首席客演指揮者に就任。
  • コソボフィルハーモニー交響楽団、バルカン室内管弦楽団と兼任している。

柳澤寿男の賞歴・書籍

賞歴

  • 2000年 東京国際音楽コンクール-指揮部門第2位
  • 2011年 信濃毎日新聞社-信毎選賞

書籍

  • 『戦場のタクト〜戦地で生まれた、奇跡の管弦楽団』 実業之日本社(2012年)

ギャラリー(指揮者柳澤寿男後援会)

指揮者柳澤寿男後援会のHPはココにあります。

そのHPより幾つか画像を引用させて頂きます。

toshio-yanagisawa-conductor-switch

toshio-yanagisawa-conductor-switch toshio-yanagisawa-conductor-switch toshio-yanagisawa-conductor-switch

まとめ

ウィーンの旅行中にウィーンフィルハーモニー管弦楽団指揮する小澤征爾に強く感動し、指揮官を志したようです。

確かに小澤征爾氏の指揮はかっこよいです。

憧れる気持ちはわかります。

が、その志をもってこれだけの実績を積むのは並外れた努力だけでは難しいですね。

旧ユーゴスラヴィアの崩壊後は紛争によりばらばらになった各民族間の交流の架け橋としての功績は非常に大きいですね。

柳澤寿男氏の熱意と情熱に加えて、指揮官としての技量があってこそ、「音楽」もつ魅力を引き出し、対立する民族間の交流になっていると思いました。

音楽って凄いですよね。

当然それを演出する方々も凄いです。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする