鳥取若桜町の小林挽物店の木工日用品(栃・桑・欅)画像と価格情報!

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

NHKのウィークエンド関西で鳥取県若桜町が取り上げられ、小林挽物店が紹介されました。

小林挽物店では小林義美(71歳)が地元若桜町の木材を利用した日用品で、木目やつやなど木の特徴を活かし高い評価を受けています。

挽物とは、回転させた木材の表面にカンナを当てて形を削り出していくもので、小林さんの作品にはサラダボール小鉢茶筒などがあります。

木を削りだしていくというシンプルな技法であるので、逆に職人の腕がそのまま形となります。

けやきは神社仏閣用や太鼓の胴体に使われるように、木目がはっきりし、光沢もありますね。

番組の中で小林さんは「使えば使うほど、艶も出てきたり、良くなっていくんですよ。この文化を残していきたい」とのことでした。

父親が残した木工技術の伝統を、小林さんはサラリーマンの定年後に修行しているというのもすごいですね。

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

画像元:小林挽物店/とりネット/鳥取県公式サイトより

今回、小林挽物店の作品や価格、店の場所などを報告します。

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

画像元:小林挽物店/とりネット/鳥取県公式サイトより

スポンサーリンク



小林挽物店の作品

「小林挽物店/とりネット/鳥取県公式サイト」より画像や情報を引用します。

番組では胡椒入れ??やおひつ?と見られる光沢のきれいなものが紹介されてましたが、その画像がありません。残念。

ネットで他のサイトと比べると、手頃な値段のですけど・・・

けやきサラダボール

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

寸法:直径15.5㎝、高さ4.8㎝

価格:3,800円(税込)

小鉢(桑)

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

寸法:直径13.5㎝、高さ5.5㎝

価格:2,000円(税込)

茶筒(桑)

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

寸法:直径8.6㎝、高さ12.6㎝

価格:12,500円(税込)

猪口(けやき)漆

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

寸法:(右)直径8.6㎝、高さ2.9㎝、(左)直径7㎝、高さ4㎝

価格:各1,550円(税込)

けやきトレー(8寸)

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

寸法:直径24㎝、高さ1.9㎝

価格:3,600円(税込)

丸盆(けやき)

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

寸法:直径24.5㎝、高さ2㎝

価格:7,500円(税込)

生活用品と器の店「ロク」でも小林挽物店の商品を扱うようですね。

生活用品と器の店「ロク」

そこでは、

・小林挽物店での挽物作業内容も紹介されていました。

・急須台にも使えるものの紹介がありました。(2016年3月)

※それぞれの画像は「ロク」HPより

外寸は3.5寸、価格は1,600円(税抜き)

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

左から桑、栃

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

欅(赤太)、欅

wakasacyou-tottori-kobayashi-hikimono-NHK-TV

まとめ

若桜町は昔から林業が盛んな地だったそうです。

「小林挽物店/とりネット/鳥取県公式サイト」から画像と商品PRを紹介します。

伝統的な木地挽きの技法により削り出される作品は、天然木の木目の美しさや温もりが感じられる逸品です。

使い込めば手になじんで一層美しさが増してきます。

とち、くわ、欅などの木の木製の茶筒やお盆を手にすると心がなごむようです。

今回、木工品の技法の1つ挽物を取り上げ、地方で残してほしい伝統の紹介になりました。

普段、ニトリ、イケヤ、東京インテリアなどで見かける木工品とは異なって、なんとなく製造者の気持ちや木のぬくもりが感じられそうです。

ニトリなどで購入し、使う目的が同じでも、使うときに感じる度合いや価値も違うと思います。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする