フォトぶら!大和郡山の老舗100年以上 綿宗の絶品うなぎ!口コミ

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

雨上がり決死隊のフォトぶら 大和郡山市・二階堂駅近くにある、老舗100年以上の『綿宗(わたそう)』の絶品うなぎ「折まむし」が紹介されました。

折まむしは、うなぎタレで味付けしたご飯の中にうなぎが2段入っています!

折まむし(肝吸いセット)2,100円

watasou-unagi-orimamushi-yamatokouriyama-kuchikomi-photobura-nara-nikaidoueki-sogyo100

画像元:食べログより

そのうなぎのタレは、明治から続く、100年以上継ぎ足しています

綿宗の口コミ情報と営業アクセスを報告します。

watasou-unagi-orimamushi-yamatokouriyama-kuchikomi-photobura-nara-nikaidoueki-sogyo100

画像元:食べログより

スポンサーリンク



大和郡山 綿宗の折まむし クチコミ評価

以下、食べログより情報(画像含む)を抜粋し引用しています。

ランチの口コミは4年前なので、最近の夜の口コミです。

食べログ

★5つ評価:3.26(9件)(料理・味:3.70、サービス:3.60、雰囲気:3.75、コストパフォーマンス:3.63、酒・ドリンク:3.52)

口コミ:2019年1月 女性

評価:-(料理・味:-、サービス:-、雰囲気:-、コストパフォーマンス:-、酒・ドリンク:-)

店主の対応が温かい個性派うなぎ料理の名店♪
2019年新春なら旅の際に訪れました。

現在お昼も夜も、予約のみの営業のようです。
数日前に電話予約し、夜おじゃましました。

駐車場は店舗の横に3台程。
お店の入り口は道路に面しているところではなく、
駐車場側にあると事前に説明されましたので、そちらから。

旧伊勢街道沿いのお店、かつては旅籠。
歴史がありますね~。
玄関で女将が(まあまあのおばあちゃん)が迎えてくれ、個室を案内くださいました。

純和風の個室。昔から変わってないっぽいです。

予約しておいたのは、

まむし 肝吸い セット 2,100円

ほどなくして、女将の娘さん?らしき人が提供に。

はい、まあまあの大きさの丼とうなぎの肝のお吸い物。
丼のふたを取ると、つやつや茶褐色のごはんがこんもり!
うな丼なのにうなぎはのっていません。

watasou-unagi-orimamushi-yamatokouriyama-kuchikomi-photobura-nara-nikaidoueki-sogyo100

蒲焼きうなぎをごはんの間で蒸す。というのが「間蒸し→まむし」となったようです。
関西風のまむしはご飯にたれをたっぷりかけて蒸しあげるのでこんな濃い茶色になるそう。

まずはそのたれのかかったごはんをいただきました。
これがもうおいしすぎて~ ୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

実はうなぎが苦手なんです。でもタレのかかたごはんは大好き!
通常うなぎを食べに行くことはありませんが、やむを得ずお付き合いなどで行った場合は
のっているうなぎはほぼ人に食べてもらい、タレごはんを堪能してます♪

ほんと、ここのごはんは最高★
色ほど濃くは感じません。
タレとごはんが一体化していてもっちり感もある。
うなぎのタレのおこわ、みたい。

そしてごはんの間には大きなウナギの蒲焼きが3~4切れほど隠れていました。
いくつかはお連れ様に食べてもらいましたが、食べてみましたよ。
蒸されているからしっとり柔らかくて口どけがよく、うなぎの風味もクサミがなかったです。

watasou-unagi-orimamushi-yamatokouriyama-kuchikomi-photobura-nara-nikaidoueki-sogyo100

どんぶりにたっぷりと詰まっていましたのでお腹いっぱいなりました。
こんなにたくさんのタレごはんをいただくのはなかなか無いかも!
東海地方のうなぎのごはんはタレがまばらだからこれとは全く違います。
唯一こちらでいただけるお味ですね~

そうそう、肝吸いの肝はかなり大きいです。
もともとうなぎがダメだし、更にこのサイズのは抵抗がありましたが。。。
でも身体によいそうなのでいただきました。

個室はゆったりできてほっこりしました。

帰りは女将が外まで出ていらしてお見送り。
少しお話しましたが、越が低くてとっても良い方♪
車が出ていくまで見守ってくれてました。

味・雰囲気・対応など含めて
ぜひもう一度食べに来たいと思ううな丼でした♪

大和郡山 綿宗の折まむし 営業アクセス

住所:奈良県大和郡山市八条町45

電話:0743-56-0007

予約可否:予約可

営業時間:11:00-13:00/16:30-19:00

定休日:毎月1・10・20日(臨時休業有)

アクセス:二階堂駅から231m

まとめ

創業100年以上(明治始めから)引き継がれているおでんダレは魅力ですし、建屋も古民家!

口コミにも書いていましたが、蒲焼きうなぎをごはんの間で蒸す(間蒸し→まむし)というやり方は、明治始めからのやり方がちゃんと書いてあるとのことでした。作り方もちゃんと伝承されています。

まずは行って折まむしを味わってみないといけないです。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする