ホワイトサポテってどんな果物?味や食感は?原産地や日本の産地は?

スポンサーリンク



みなさん、こんにちは

和歌山・海南市に珍しい果物「ホワイトサポテ」のジェラートがあると記載されてました。その珍しい果物・・?

その「ホワイトサポテ」はどんな果物どんな味や食感? もともとの原産地は?

日本ならどこで栽培? どこで売られいて、購入方法手に入れる方法は?

疑問が次々出てきて、調べたところ、家庭で栽培収穫可能

タキイ種苗のネット販売によると

家の中で観葉植物として比較的手軽に栽培・収穫できるようです

今回、ホワイトサポテの味や食感、原産地、日本での産地、購入方法や手に入れる方法、食べ方などを調査しました。

スポンサーリンク



ホワイトサポテはどんな味?食感は?

ミカン科の果実ですが、

味は、バナナ・モモ・洋ナシ、或いはバナナ・柿・梨・アボガドミックスしたような感じで、人によって感想が異なります。

バナナやアボガドのようにクリーミーな食感とても甘く

追熟させると、まるできめ細かいカスタードクリームになります。

whitesapote-shirosapote-aji-kounyuu-tabekata-wakayama-okinawa

画像元:タキイネット通販より

ホワイトサポテは栄養価が高いことも魅力のようです。

ビタミンA、C、ナイアシン、葉酸をはじめ、炭水化物、タンパク質、カリウム、カルシウムなどを多く含んでいます。

ホワイトサポテの原産地と日本の産地

ホワイトサポテ(和名:シロサポテ)はミカン科カシミロア属の常緑高木の亜熱帯性の果樹です。

アメリカ大陸原産の果樹でメキシコの高地から中央アメリカに掛けて分布。

現在の日本では、和歌山・鹿児島・沖縄などでわずかながら栽培されています。

沖縄には1993年頃に和歌山から一部の品種が導入されたようです。

果実などの販売先は、和歌山や沖縄になります。

ホワイトサポテは観葉植物として可能

タキイ種苗のネット販売によると

葉はアケビのように、3~5枚の楕円形の小葉が掌状につく複葉となり、色はモスグリーンで光沢のある葉です。また小さな白い花が咲きます。

whitesapote-shirosapote-aji-kounyuu-tabekata-wakayama-okinawa

画像元:タキイネット通販より

開花後7~8カ月でテニスボールほどの大きさに膨らみ、果実になります。その果皮の色が変わり、やわらかくなってきたときに収穫。

ホワイトサポテは、比較的手軽に栽培できることが魅力!

鉢やボックス栽培で室内で越冬させるのが良いみたいです。

タキイネット通販では、3種類のホワイトサポテの苗が販売されており、現時点では売り切れですが、価格は12,000円でした。

苗から果実がなるのは、2~3年が必要みたいです

これはちょっと時間がかかりますね。

ホワイトサポテの購入方法

琉球本舗

ホワイトサポテ 約2㎏(6玉~9玉)常温流通:価格未定

※入荷次第の発送の為、時間がかかる場合があります。

whitesapote-shirosapote-aji-kounyuu-tabekata-wakayama-okinawa

画像元:琉球本舗のホワイトサポテより

アボガドの橋爪農園

橋爪農園HPからOnline Shop のYAHOO! ショッピングには以下のような案内ページが残っていますが、現在はアクセスできませんでした。

販売時期は10月中旬~10月末ごろとなっていました。

トロピカルフルーツホワイトサポテ 価格3,200円

whitesapote-shirosapote-aji-kounyuu-tabekata-wakayama-okinawa

タキイ ネット通販(ホワイトサポテの苗)

実際に販売されている苗を幾つかアップします。

苗類の商品は タキイ ネット通販(ホワイトサポテの苗)より

  • ホワイトサポテ・セッパー® ルーク 1本 ¥12,000 品切 お届け:5月上旬~6月下旬
  • ホワイトサポテ・セッパー® ルーク 特大苗  1本 ¥15,000 品切  お届け:5月上旬~6月下旬

whitesapote-shirosapote-aji-kounyuu-tabekata-wakayama-okinawa

  • ホワイトサポテ・セッパー® テプナセレクション 1本 ¥12,000 品切 お届け:5月上旬~6月下旬
  • ホワイトサポテ・セッパー® テプナセレクション 特大苗 1本 ¥15,000 品切 お届け:5月上旬~6月下旬

whitesapote-shirosapote-aji-kounyuu-tabekata-wakayama-okinawa

まだ他の苗種もあります。

詳細は タキイ ネット通販(ホワイトサポテの苗)まで

ホワイトサポテの食べ方

そのまま生で食べても良いですが、果皮がしわしわになるまで室温で追熟する方がよく、熟すると濃厚な甘みになるようです。

※この追熟が大事なので、冷蔵(チルド)流通ではなく、常温流通になるようですね。

果実によっては渋み(えぐみ)がある場合も。レモンやライムなどの酸味を加えると甘みが引き立ちます。

またミルクとあわせてシェイクにしたり、生クリームを加えてアイスクリームにするのもおすすめのようですね~

まとめ

この果物は30数年前から和歌山の果樹試験場で研究栽培されていたようです。

しかし、なかなか商用栽培で増えない原因は、

  1. 完熟後の果実の日持ちがしないので、流通させにくい
  2. この植物は亜熱帯性なので、日本での栽培には保温・加湿が必要であり、更に実栽培では開花せずに品質が劣ることも!

以上のことから商用栽培が難しく、幻の果実入手困難な珍しい果実と言われているんですね。

家の中で鉢植えで育てることができ、果実の収穫もできるのは良いですけど、2~3年は待たないといけないことが待ち遠しいです。

ただ商用栽培で難しいのがホントに家で大丈夫なのかはちょっと心配しますが、是非購入して栽培してみたいです。

果実を追熟させて、カスタードクリームにして、味わいたいし、それでスィーツが作れますね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする