坐骨神経痛・・足や腰が痛いときにどこに行けば?

スポンサーリンク



みなさま、こんにちは
前回、「お尻から足まで全体が痛み、しびれ、歩けない・・坐骨神経痛? 何だろう?」で経験を書きました。

整形外科って、どんなことしてくれる?

整形外科はレントゲンやMRIなどを撮影します。 病院は血液検査、尿検査、腹部エコー・・など現状を、機器を使って観察(映像)、分析し、そのデータに基づいて過去の症例や経験を合わせて判断します。

しかし、あくまでも私の経験ですが、

昔ながらの高齢の先生なので、経験で手術をしなければいけないとのこと

発症してから3か月で日常に問題がないときに、やっとMRI撮影にて椎間板の4位、5位のヘルニアを確認しました

ある指圧院の先生から、そもそもヘルニアの原因は何なのか

通っていた整形外科に聞いたところ、そんなことは人それぞれで分かるわけがないとの回答でした。

別の大きな病院の脊椎脊髄外科のところで診察してもらったところ、今痛くないなら、レントゲン関係は撮影できない。

もし椎間板の4位、5位がそうであるなら、自然と治ります。

原因は年齢的なもので、老化によるものだと思うとの回答でした。

整骨院や鍼灸院では、どのような診察、施術なの?

整骨院、鍼灸院などの中には

・レントゲン撮影で現状をまず確認し、原因を診てから施術

・先生の経験に基づいて姿勢観察や触検から骨の歪み、関節の動き、筋肉の動き・緊張、痛みなどから、診察判断するところから施術

・強制的に2人がかりで骨の歪みを矯正することを中心にした施術

など色々です。

じゃあ、どうしたらいい?

私の経験から言えることは、

まず病院に行き、レントゲン・MRIなどの映像や各種検査で現状の確認、その診察に従ってみること。

私と同じ坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)などのような症例の場合は、整骨院か鍼灸院(東洋医学)で、強制的に骨の歪みを矯正するところは避けた方がよいです。

どの整骨院、鍼灸院が良いかは、ホントに一概には言えない。

色んな症状があることと、整骨院・鍼灸院のそれぞれの先生の経験や色んな治療方法があります。

自分でも治す気持ちを持って、幾つかのところで診てもらい、施術費用、先生の人間性、自分に合う合わないで決めるしかないと思います。

PC作業が多いので、なるべく腰に負担がかからないように、時々立ち上がったり、また猫背・巻き肩になっているので、それを正しい姿勢に変えて、首への負担、腰への負担をなくすように努力をしています。

腰の負担を少なくするためにお腹のインナーマッスルをつけるようにしています。

皆さまも仕事に追われる毎日を過ごしていると、姿勢が崩れてきて、バランスも崩れ、身体の負担がどこかに集中し、私のようになってしまいますので、一度自分の身体のチェックをしてみてください。

今後はそれぞれの対処についても紹介していきます。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする